マディソン郡の橋

◎大変遅くなりましたが、レス終了しておりますm(__)m
f0073639_10451623.jpg


連休のさなか、更新です。・・・と書いて置きながら、半分書いて放置してました。

連休前の金曜日、ツタ○でやってる100円コーナーで何本か借りてきました。
その中のひとつ。

このお話し、小説が大ヒットしたんですよね。
私ももちろん買いました。
むさぼるように何度も読んで、恥ずかしながらじわ~って涙が。
私、映画見たっけ??・・・ってことで連休中の映画三昧決行。
あ~ホンを買ってあれだけ読んだのに、やっぱり探したけどなかった。
きっと数年前に本棚大掃除したとき・・・ブックオフにでも持ち込んだのかな?

いや~やっぱり好きだわ。これ。
この愛の形に惚れた。

まず、写真家のロバートキンケイドすばらしくいいんです。
これ、クリントイーストウッドが65歳のときに演じたらしいんですが一般的にはもうおじいちゃんなのに
まったくそれを感じさせない。
静かでセクシーな男です。
彼はいつもちょっと遠慮がちで、でも、彼の今までの世界中での仕事の中で培ってきた自由な感覚がある。
彼と話しをするうちにフランチェスカ(メリルストリーブ)の心の中に沸き起こってくるもの。

彼はとても孤独。でもそれを受け入れている。むしろ、前向きに。
いろいろシステム化され、進歩した世の中からは置き去りにされている人種。
自然で純粋。ただ粗野ではなくて静かで深い優しさと憂いをもっている。太古の人間そのままでありながら知的な要素がちゃんと彼を理性的に行動させてる。

被写体のローズマンブリッジがどうしても探すことができなくて、はじめてフランチェスカと言葉を交わす。
そこで、彼女は 彼に「何か」を感じて、彼に道案内をし、「アイスティを飲まないか?」と誘い
彼の撮影を見守りながら彼に「夕食を一緒に」と口にする。
イタリアで今の夫と知り合い、結婚してアメリカに来て、子供が二人。
封建的なふるい町、アイオワの片田舎の農業主の妻である彼女は、閉鎖的でうわさ好きの近所の人々に見られるかも知れない・・・そんな恐れが脳裏に浮かんでもその写真家と話をした瞬間、彼女はもっと彼と長く話しをしたい、と思い、行動する。

はっきり言って不倫です。
夫から見たら、彼女の愛は「不貞」「裏切り」かもしれない。
でも、私はこの愛の形を「だめじゃん!不倫は不倫でしょう?」って言えなかったわ。

結婚後に「運命の人」に出会う可能性はあるか?
十分ありうると思います。
ただ、その可能性が少しでも感じられたとき、多くの人は「義務・責任」つまり理性がしっかり働いて
手を引くのです。
自分には手に負えない事態になるのを避けたいからね。

この映画に共感できるのは、フランチェスカがすごくノーマルな考えの持ち主だから。

「これは一生に一度の確かな愛なんだ」
そういうロバートに同じ思いを抱きながらも彼女はこの町に残るのよね。
そしてロバートも彼女の置かれている状況を理解し、尊重する。
そうです。夫や子供を捨てて愛を貫く・・・実際にそれで本当の幸せを見つける人もいるかもしれませんが
捨ててきた彼女の大切なものに罪悪感を感じない女は・・・受け入れられません。
彼女は彼との運命的な愛を確信するんだけど、別れの日(4日目)、身を切られるような思いを抱きながら
彼の車が町から出て行くのを見送り、元の生活に戻る。
雨のシーンが泣けちゃう・・・

でもね。
フランチェスカは彼と別れたけれど、自分の心の奥底の感情をはっきり自覚したのですよ。
それまではとりわけ不幸とも思わず、でも「この生活は思い描いたものと違う」と漠然と思っていたけれど
彼に会って、「自分」をはじめて発見できたんだと思う。

夫に言われて高校の教師をやめた。
夫がいやがったからたばこもやめた。
夫は優しく子供達はかわいく、近所の人も皆 いい人。
何か困ったことがあればみんなが助けてくれた。友達もいる。
でも、彼女は大好きなイエーツの詩のことを語ることもなくなった。
みな 周りの人はそういったことに興味がなかったから。
たまにエロティシズムを考えたりもする、けれどもこの町の男たちは
女がそういうことを望んだりすることにはとても閉鎖的。
彼女は知性や情熱や繊細さを併せ持っていたけれど、そういった魅力のほとんどは無用のものだったわけで、はじめてロバートと話して彼がそれを彼女の中に認めるんですよね。

「女」としての部分に気付きながら、妻、母としてもとの生活に戻る彼女は
むしろ生きる張りをみつけたのではないかと思います。
同時に彼と離れ離れに暮らす絶望的な切なさも。

これが単なる「夫への裏切り・不貞」と言わせないその後の彼女の真摯な生活があったからこそ、子供たちに彼女は許されたんだと思う。
子供たちが母の遺品を整理していて見つけた手紙の中の母親の願い。
彼女の希望通りに、自分達の父親の眠る墓に埋葬するのではなく、亡骸を火葬し、灰をローズマンブリッジにまいて、ロバートの元に旅立つことを許してほしいということ。

母の遺品の中にあったもの。
弁護士から母親に送られてきたロバートの遺品(カメラ)と彼女への変わらぬ愛を誓った長い手紙。
母親自身がスクラップしていたNG(ナショナルジオグラフィック)に載っていたロバートの記事の数々。
出会って二日目にローズマンブリッジに貼り付けた彼女の手紙。
そして子供たちに向けた母親の長い手紙。

初めて母親のもうひとつの愛を子供たちは驚きながらも理解しようとしてくれた。
この映画は当事者のフランチェスカとロバートの二人だけではなく、この愛の成就が
彼女の子供たちにかかっているわけで、そこがとても面白いと思いました。
本当言えば、きっと息子はとても複雑よね。
性的なニオイを母親に感じるなんてたえられないかもしれない。
でも母親が自分達に注いでくれた愛情、穏やかな生活を保障してくれたこと、
それらを思ったとき、母親を自由にしてあげることが一番、母親孝行だ、と理解してくれて。
どうもありがとう・・・って思わずTVに向かってうなづきました。

いい映画だった・・・

ロバートキンケイドがほんといいのよね~
彼があくまでも寡黙でありながら、彼女の話す言葉を静かにやさしく聞いているのがなんともいいんですよ。
「本当は私が描いていた夢はこんな生活じゃなかった」って思わずつぶやく彼女。
彼は彼女を見て自分が恋に堕ちるかもしれないってわかっているわけで、そんなふうにスキを見せ始めた彼女にぐいぐいプッシュするようなことが一切ないのがなんともいいんです。
、「昔の夢はいい夢だった。叶わない夢だけど その夢を見られてシアワセだった・・・そう考えたらどうかな」・・・そんなふうに彼女に言うのです。
こんな彼だから彼女も惹かれたわけですが。


私、この映画見て、HOMEの写真家LBHを思ったのですが、
きっと潜在意識の中でこのロバートキンケイドがあったんだろうな~
やっとわかったわ。
HOMEの彼は家族を持つことに拘った人だし、このロバートは反対に定住は好まないタイプ。
そんな違いはあるのですが、寡黙なところ、動物的なしなやかさ、など共通点ありあり。
ビョンホンもこんな愛、いつかは演じてほしいものです。

考えてみれば私たちビョンホンファンも「夫への愛」とはまた別のめっちゃリアルな愛を抱いているわけで
それは将来、彼と個人的にどうなりようもないからこそ
堂々とファン活動させてもらえる理由なのですが


「私の死後、灰は漢江に撒いてください」
「遺産は1億はBHエンタに寄付を」
「もう1億はユニセフに寄付してください。ただし、『イ・ビョンホンさんの活動に感銘を受け、遺産を寄付させていただきます』とメッセージを残してください」
「残りの1億は子供たちへ・・・」

・・・な~んて遺書に書く人がいたら・・・すごいね。


前の記事のレスは、本日休みでございますので一眠りしてからしますね・・・
いや、学校行くので今日中に。
[PR]
Commented at 2009-07-23 14:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by juno0712 at 2009-07-24 00:42
☆2009-07-23 14:44 の非公開様~

そうそう、100円はどこのツタヤでもやってるのかな??
ちなみにうちの近所は8月末までやってたような???

あ~「一夜限り」ね。
厳密に言えば4夜限り。
ビョンも一夜限りの相手をず~~っと思ってたりして?(笑)
多分それはないと思うけど(笑)

>現実には、情熱的な愛のままの夫婦ってなかなか・・・
どうしても妥協とかあきらめとかいう単語も身の回りに増えていく・・・

うん。ずっと情熱的な夫婦は理想的ですが、少なくとも私は情熱はすでにありません(爆)
でもね。妥協もあきらめも、とても必要だしむしろそれは前向きだよ。夫婦の関係を続けるためを思えば。

心の奥底から湧き上がってくるもの、それをどうにかするってことはできないと思うんだよね。

夫や子供が不幸だったかと言えば、そうではなくて確かにシアワセ
だったんだと思う。彼女のおかげで。
二人・・・別れてから一度も会わなかったけどずっと変わらない愛・・・貫き通したね。それに感動!!

Commented by haru at 2009-07-24 04:36 x
じゅのさんおは?です。
そうだ…私これ観ようと思ってたんでした~思い出した(笑)うちの近くのT○UTAYAも百作100円でした。私…どんな感想を持つのか実はちょっと怖いんですよね。
Commented at 2009-07-24 14:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-07-24 14:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by leejewel at 2009-07-24 16:39
じゅのさん こんにちは

この映画の話、したかったの~
トピUP、ありがとう。

これが流行ったときは、そんなに感動しなかったんだけど、ちょっと前にスカパーで観て大泣きしました。
泣かない女なのに。(爆)

ロバートのセリフが泣かせるんだよね。

彼が、今まで放浪しながら、ずっと写真を撮り続けていたのは、キミに出会うためだったんだ…という風なことをいうんだけど、もう、ここで泣く。
こんなこと言われたら…もう、もう、もう…イヤン(*ノ∇)ゝ

で、すっごくセクシーなのよね。
もともとクリントイーストウッドの生え際に萌え~(爆)なんだけど、年齢を感じさせない男の色気がある。

バスタブに二人で浸かるシーン、熟年同士のいやらしさを感じさせないエロさっていうのかな。
ベッドシーンも、動物的で、すごく素敵なんだよね。
愛し合うってことの意味を教えてくれるような映画なのよ。
Commented by leejewel at 2009-07-24 16:44
つづきです。

雨のシーン…
フランチェスカ、ロバートの両方の気持ちが流れ込んできて、胸にくるわ。

たとえ、時間的にはわずかでも、真実の愛に巡り合えた二人は幸せなんだろうね。
なんにせよ、生まれてきて出会った意味を知ることができたんだから。

もしも、ロバートに出会わなかったら、ずっとこの田舎の農場にとどまっていたかわからないって、原作で、フランチェスカは、語っているけど、その彼女の気持ち、女としてわかるわ。
本当に大事なものを見つけた彼女だからこその言葉なんだよね。

私はまだ、本当に大事なものってなんだろうって、試行錯誤?暗中模索?してる最中だけど…

ビョンホンっていう存在に出会ってしまった自分は、たとえ彼が遠くの存在であろうとも、彼への愛を日々叫びながら、リアルな世界と往来してるわけで…ウフフ


HOMEの写真家LBH、うんうん、イメージ浮かぶ。
彼にもこんな風に愛を表現する役を演じてほしいよね。


私も「死んだら、私を自由にして…」って、言うと思うな…。あはは。

…また観よう。
Commented by juno0712 at 2009-07-25 01:18
☆haruさん~

あ~haruさん、この手のものはどうかな?
だめかもね~(笑)(笑)

まず、家族がいない4日間で男と女が出会って
お互いの片割れだと確信する・・・
このへん、リアリティがないかな?

私は大いにありなんですよ。
一夜限りは私にはありませんが
自分の心がどう感じてどう動いて自分を突き動かすのか?
それは誰にもわかりませんからね~
ビョンをみつけて夢中になり、それが覚めやらないこと自体
私には予測不能でしたからね。 

ビョンとこのお話しを一緒にしちゃいけないかな?
いや~けっこう似てるとこあるのよ。私の感覚では(笑)

本があればぜひ、お貸ししたのですが、みつからず。
多分ブックオフに売ってしまったかも。
何度も読んだのでけっこう覚えてます。
本がとてもスキだわ
ばっさり「だめだわ。これ」って思うかもしれないけど
100円ですから。ぜひどうぞ。
Commented by juno0712 at 2009-07-25 01:34
☆2009-07-24 14:49 の非公開様~

え?ママが大好きなの???
そうですか~やっぱりね。
こんな恋にあこがれるってのもあるよね。

え?不倫要素が強くてだめだったの??
20代前半だとそうなのかも。
これは中年どうしの愛で、お互いに人生おりかえし地点で
いろんなことを経てきている人間として経験豊富な二人だからね。
私はそこがとても好きなんですけどね。
非公開様はけっこうまっとうな生き方、考え方だよね。
イマドキよりずっと固いっていうか。
でも、その考えは自分をとても大切にしていることだから
いいことだと思う。

>映画だからいいのかも

うん。そうとも言える。めったにないことだよ。

あの雨の中の表情・・・彼の表情・・・
少しうなづいたような気がした。
「わかってるよ。フランチェスカ」ってね。
ぜったい無理強いしない彼だったからね。

続く
Commented by juno0712 at 2009-07-25 01:37
子供を育て夫を看取り、彼女は責任も義務も果たした。
もちろんその中には愛もあったでしょう。
でも、彼への愛とは別物だわ

でも、別れてから連絡もとりあわず、ナショジオのスクラップを見ながらひっそりと愛を育ててきた母。
彼も亡くなり、一緒に生きることも叶わない。
だから彼女が亡くなるときは、彼女の希望をかなえてあげて
よかったよ。

彼にもずっと将来演じてほしいよね。ぜひぜひ!

結婚生活・・・もちろん楽しいことばかりじゃない。
でも、子供がいて夫がいて、喧嘩したり仲直りしたり・・・
子供の成長過程はほんと面白い!
これはやれるならやっとくのがいいわ。絶対。

今のあなたには彼以外の男が入り込めない?(笑)

それ、ほんと危険だよ。
でも。だからといって誰かに目を向ける?ってこと
できないよね。
映画の二人がずっと愛を心に抱いていたように
気持ちってのは無理やりってのが不可能だもの。

だから非公開様にも別の次元で彼を愛す・・・
そんな状況が早く作れるといいな~~
切望するよ。私も。



Commented by juno0712 at 2009-07-25 02:23
☆じゅえるさん~

私達、以前、この映画の話、したよね??
HOMEの頃だったか?もっと前だったか??
そのときはまた見て見ようって思わなかったんだけど
ツタヤの100円が私を呼んでたわ(笑)
私はまず本で撃沈だったんだよね。

そうそう!!ロバートのセリフ、ずっとずっと昔から
君に向かって歩いてた・・・
だからいろんな今までのことは君に会うまでの必然だったんだ。
いや~恋愛映画やほとんど泣けない私なのに
こんなセリフくさいのに、あまりにロバートキンケイドには
どんぴしゃなセリフだったね!!

だからビョンに出会うのも、彼に向かってず~~~っと
歩いてきたのかな~なんてね(笑)
彼が私の方に向かって歩いてきてるとは思わないんだけどさ(笑)

続く
Commented by juno0712 at 2009-07-25 02:24
クリントイーストウッド、ほんとにセクシーだった。
サバンナの黒豹だよ。
しなやかで強靭で孤高で。
彼にだってそれまでベッドをともにする女性はいたんだよね。(小説では書いてあったと思う)
とても気が合う彼女だったけれど、「一緒に生きていきたい」女性じゃなかったんだよね。


でも、フランチェスカにであった彼。
キャラとしては50代で出会ったっていう設定だと思うけどそれまでの年月が必要だったんだなって素直に思うわ。
真実の愛・・・これだ!って思う愛に出会えた人は幸せだ!!

バスタブのシーン、原作にはなかったと思う。
エロチックだったけど、ちょっとびっくりしたわ。正直言って。
でも、彼女もおばさん体系だし、全然若くないのに
きれいに見えちゃうのよね~(実際メリルストリーブはきれいだけど)
彼との食事のために、サマードレスを買いに行ったりする彼女がかわいいよ~~~

たった4日間・・・
でも二人には十分だったのかも。
愛する人とは一緒に暮らすことが一番幸せなのかもしれないけど
お互いが確信してたら離れても大丈夫なんだね・・・
私にはできないわ


続く
Commented by juno0712 at 2009-07-25 02:25
ラスト~

>私も「死んだら、私を自由にして…」って、言うと思うな…。あはは。

いや、そうはさせない。
神様に、「業が深くて性悪な女です。彼女の魂、さらにきつい修行をお願いします。「拘束、呪縛」でお願いいたします」って私が神様に頼んでおくわ(笑)


Commented by ぶら at 2009-07-25 06:17 x
じゅのさん、おはです。

原作本 今でも大事に手元にあります・笑
この愛の形 とっても好きなんですよ。
不倫でなくてね。
究極の愛なのかな・・・
共に生きるのではなく
お互いに一番愛し合った瞬間を胸に秘めて生きていく。
映画良かったですね。
号泣しましたよ。
雨の中 お互いの車がすれ違う
女は夫一緒
彼女を見つめるロバートの瞳
彼女が去った後の彼の横顔
胸がひりひりしました。
あの感覚は忘れられないわ~

いつか彼にロバートの役はどう?
観たいわ~
あと20年後かな。・苦笑
Commented by juno0712 at 2009-07-27 00:16
☆ぶらちゃん~

そうでしたか!!原作持ってる?
それもharuさんの手にわたりましたでしょうか?
haruさんも満足満足だったそうで嬉しい限り!!

やっぱり、これ、生きてる間に一緒になれなかったってのが
最高にお話としてPUREにしてるんだよね。
映画見てる側は、夫がなくなってから、彼女が連絡とって
そのときに余生を一緒に・・・っていうお話だってよかったけど
そうじゃなくて、彼女が亡くなってからやっと一緒にだったのよね。
あ~泣ける・・・

それと原作何度も読んだけど、ロバートの遺品の中の彼の手紙
胸をうつよ。ほんと。
ナショジオの仕事もやめ、一人でひっそり生きてる。
ハイウエイって犬と一緒に。
生活は苦しいがなんとかやれてて、幸せ。
フランチェスカという女と出会ってから、どの女を見ても
心が動かない。
あなたのことを愛しています・・・
そんな手紙だったよね。

これ読んだらフランチェスカ・・・ぼろぼろでしょう。
私も泣けたわ。

続く
Commented by juno0712 at 2009-07-27 00:16
続き

彼が町を出るとき、自分達の前の車が彼の車で、
バックミラーに彼女のペンダントを下げるんだよね。
それを見る彼女・・・いや~~~思い出すとじわ~~~

そうです。ビョンホンにもロバートの役やってほしいです。
こんな静かな愛を。
あと20年後???
いや~45歳くらいでいいんじゃない??(笑)
Commented at 2009-07-27 13:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by juno0712 at 2009-08-02 20:09
☆2009-07-27 13:40 の非公開様~

おそくなりました。
愛と悲しみの果て・・・ってロバートレッドフォードが出てる?
先日ケーブルテレビでやってました。
でも、ロバートレッドフォードがあまりスキじゃなくて
途中でやめちゃった。

非公開様おすすめってことはいい映画なんですね。

それにしても・・・
>誰にでも扉一枚閉めてしめてしまえば、そこに無限の(性)愛の世界が広がっていて
それは誰にも犯されない、二人だけで完結する、素晴らしい物語になるってこと。

↑いいこと言うわね~
大人のそんなシーン、私の場合はオトコは必ず、彼なんですが
静かで熱いシーン、妄想しちゃうと止まんないんですよね~

完結・・・たったあの4日間でのできごとが一生の支えになる。
ああいう愛も確かにあるのかもしれない。
でも、あれにみんな共感したのは、やっと一緒になれたのが
この世ではなかったってことですよね。
永遠の愛ってこういうものかな。
リアルな生活でそういう気分になったことないもんで
妄想レベルでそのキになることにします(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by juno0712 | 2009-07-23 05:13 | 映画・ドラマレビュー | Comments(18)

日々の徒然にも脱力目線であれこれと。そしてびょんほん♪


by juno0712