「倒錯した役でこそ、オレはいけるんじゃないか」by LBH・・・???

※この記事のレス終了しました。1/12 2:04
※ひとつ前の記事のレス終了しました。
一言レスでご挨拶させていただいてます。1/12 2:05
f0073639_1059972.jpg


おひさしぶりです。

先週のWEEK DAYはパソコンにあまり触れなかったので久々の更新になってしまいました。
レスは明日までにやる予定です。お待ちくださいね。

本日の記事・・・なんて刺激的なタイトルでしょうか。
彼が本当に言った・・・のではなくて、これはレビューを書いてる人がそう決め込んでるんですが
昨日買った上の一冊。

私がいつも思っているもやもやとしたものをくっきりはっきりと明確にさせてくれた
面白い切り口で彼を語っていて、あまり客観的なレビューよりもこういったクセのあるものが
本当にツボにはまってニヤニヤしながら読みました。

内容は↓へ・・・



この記事のタイトルは「映画に見るイビョンホンの魅力」っていう記事の副題なんですが

「倒錯した役でこそ、オレはいけるんじゃないか」と覚醒させた二本の映画について

面白いでしょう?

☆甘い人生とGBW・・・

この記事を書いた皆川さんて言う方は「この2本の前に、美しい夜、残酷な朝からそれははじまっている」
って評論してますが、甘い人生の批評の一部になんと!

「この映画が深層心理的に同性愛を描いていることには
多くの観客が・・・明確にそれと気付かなくとも感づいただろう」


ええええ???同性愛とは思ってなかった。あの映画では!
そりゃ、ヒスはエロティックな象徴ではなかったですよ。
でも、カン社長については「父」的な存在としてソヌは見てたんだろうけど、「同性愛」って
感じたことはなかったわ。でも、こじつけ!って言えない。これ読んでなんとなく腑に落ちたものがあるから。

「ヒスは中性的に描かれ、
対照的にソヌとボスの関係は非常に濃厚。特にクライマックス、ソヌが目に涙を浮かべて
ボスに銃を突きつける場面はほとんど『恋人同士の修羅場』であり、この作品が本質的には
男たちだけの物語であることを明快に語っている」


男たちだけの物語ってのはよくわかります。
いや~私は父親の愛がほしくてほしくて頑張って野良犬の様に働いたんだけど、
愛する父に裏切られたから銃を向けたかと思ってましたよ。
でも、それってビョンホンがそんなふうに宣伝してたから思い込んでたのかもね。
面白いわ。とってもおもしろい。自由な発想って面白い。
レビューは個性がなくっちゃね。
ジウンさんの映画はだいたい見ているけれど、確かに男女のどろどろ、男女の愛、男女のえろす・・・
ってのはないよね。

そして「GBW」

この映画にゲイの要素を感じた人はとても多かったわけで、韓国サイトでも
それで相当もりあがってましたよね。
この私も、まさしくこの映画の最高のキャラ、チャンイってのはゲイキャラに置き換えてみても
しっくりくるな~とは思ってました。

またまた皆川さんたら・・・

「チャンイは過去にテグとの勝負に負けて、身体のある部分うぃ損なわれたと言う秘密がある。
これは・・・おそらくレイプの暗喩。  中略   チャンイの情熱に反してテグが
彼との勝負にまったくやる気を見せないのがまた、この映画に奇妙なゲイテイストを与えている」


おっしゃるとおり。レイプされたも同じこと。
指を切られた=陵辱された=犯された=ヤラレタ(どんだけ並べれば気がすむんでしょうね。私ったら(笑))
そんなふうに思ったほうが、チャンイがテグの記憶から抜け出せないのはよくわかる。
プライドが人一倍高い男、チャンイ。
孤高のキャラとして最高にかっこいい男でしたが、テグへの執着を倒錯チックな愛と読み替えれば
この映画、またまた興味深いわ。

ジウンさん・・・あなたが意図的にゲイテイストを映画に吹き込んでいるのかどうか別として、
ビョンホンの中に「倒錯チックな役」をやらせたら彼が一番!って 
ビョンホンの最大の魅力を発見してしまったんですね(笑)

面白かったんですよ。この雑誌。
画像は特に・・・あ!あのホームレスみたいな頭したヒョンジュンの大UPもありました(笑)

それと、「ドラマに見るイビョンホンの魅力」って記事の中には

「肉食動物の本能を気品と知性でラッピングしている」
ですって!!

これはミンチョルについて語ってるんですが、そうそうそのとおり!
ロマンチックなメロドラマに欠かすことのできない、表向きは超冷たいけれど、
本当は孤独を抱えてる御曹司・・・これだけ読めば有り触れたベタベタな路線なのに、
なんで、あれにはまりあれだけリピートしたのか!!
見た目はスマートなのに、実は肉食動物系キャラ。
彼の武器は視線と濃厚なキスでしょうか???
品もあって頭もよくて冷たくて・・・でも惹かれずにはいられない。
いつフェロモンを出せばいいのか本能的によく分かってるキャラでしたよね~
あ~懐かしい(笑)


さて、先ほどの倒錯キャラの話ですが・・・ドンポはどうでしょう?
こんなふうに考えれば、あのドンポも凶暴性をよろいにして、リリなしではいられない、
リリに対しては子供みたいなところもあり、ある意味 シンプルとは真逆な 
コンプレックス(複雑)なキャラになってる。
私はドンポにさえも倒錯チックなものを感じてましたが、あながち、この映画も同じカテゴリーに入るかも。
じゅの的に「倒錯きゃら」のカテゴリーを作るとすれば入れとくことにします(笑)
ドンポの愛は近親相姦的な愛に思えたんですよね・・・う~ん 倒錯ちっくだ~~~(笑)

今更ですがこういった切り口、待ってました!って感じでした。


で、亜熱帯・・・彼はジウンさんのオファーを受けるのかな?
受けてほしいわ。
チェミンシクとがっぷり四つ!!
ぜひ見て見たい。
チェミンシクの存在そのものが倒錯チックですが、それに絡むビョンホン、
犯人を追いつづける・・・この行動自体 アブノーマルな状況です。
ジウンさんがビョンホンにどんなキャラを与えてくれて、
彼がどんなふうに理解してアウトプットしてくれるのか
本当に楽しみです。
ぴったりな役だわ。ビョンホンさんには!!

ジウンさんってビョンホンとの関係において、ティムバートンとジョニデみたいな関係 
をめざしているんだと思う。
ジウンさんのインタで確か、ビョンホンという名前は出さなかったけど、そんな話してました。
大歓迎だわ~拍手だわ~♪♪
(カテゴリーを早く整理しないと!)
[PR]
Commented by leejewel at 2010-01-10 15:36
じゅのさん こんにちは

あ~ビックリした。
とうとう、彼がいったのかと思ったわ。とうとう。(爆)

倒錯大歓迎!(爆)
彼の中に眠る狂気が見たいわ。

ソヌとカン社長ね~
私も、さすがにゲイテイストは、感じなかったけど、ソヌがヒスを愛
したようには、どうしても思えなかったの。
女って、こんなもんかって、ちょっと気になった…くらい。
じゃ、カン社長が、許さなかったのは、ソヌへの愛ゆえ?(笑)
最後のなぜ?って涙ぐむソヌは、もしかしたら、カン社長の愛をわかって、撃ったの?
あ~見なおさなきゃ。(笑)

チャンイは、そりゃ、倒錯キャラでしょう~(爆)

ティムとジョニデの作品大好きだわ。
ジョニデみたいに、他の作品やりながら、ジウンちゃんと組む作品は、彼も続けてほしい。

俳優にとって、監督に惚れられるって大切なことだよね。

ジウンちゃんの美学を表現できるのは、びょんしかいないって思うわ。(笑)
Commented at 2010-01-10 19:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-01-10 19:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-01-11 00:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by juno0712 at 2010-01-11 00:19
あ~ そうよね

すぐ上の非公開さま
純中があったね!
あれもまさに!
あれこそ ストレートな倒錯愛でしたね(笑)
Commented by ももりゅう at 2010-01-11 01:32 x
junoさん、こんばんは~!

へぇ~~、そんな風にレビューを書いてる方もいらっしゃるんですね。

私も「甘い人生」が深層心理に同性愛を描いていたとは気付かなかったけど
そんな風に観ても面白いかもしれませんね。

チャンイもドンポも、確かに倒錯キャラですよね。
面白いわ~!

ジウン監督の「亜熱帯」に出演するのか・・・益々楽しみに
なって来ました。ぜひぜひ!出演して欲しいな。

もう、ジウン監督にはなくてはならない俳優なんでしょうね、
ビョンホンは。



Commented at 2010-01-11 19:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cinema_61 at 2010-01-11 23:38 x
こんばんはjunoさん。
すごくおもしろい評論ですね~
私も何となく感じていたことがズバッと表現されていて・・・・・。
ジウン監督が描きたい人物を演じてくれる貴重な俳優がビョンホンなのでしょうか?
それにしても「肉食動物の本能を知性と気品でラッピング」という表現は言えてるぅ~
韓国メディアでもビョンホンのことを「中年女性を夢中にさせる動物的魔力の持ち主」と言っていますから・・・・・
このような俳優はなかなかいないことを知ってほしい~
Commented by juno0712 at 2010-01-12 00:00
☆じゅえるさん~

彼が言ったらすごいんだけどね(笑)
この話題は2年前の夏でしょうか?あなたとはこれ系の話しかしなかったよね。チャンイに関してですがね(笑)

倒錯愛ってのはその淫靡な響きがなんともいえなくて、私は超超興味のある分野です。もちろんあなたもね。
考えてみたら、男女の愛と、親子の愛、友情、すべて別々にカテゴライズしてしまうけれど、結局は同じかもしれない・・・と思うね。
嫉妬もあれば独占欲もある。究極のところ、男女の愛以外は性的なものがないようで実は深層心理には必ずあるのかもしれない。
近親相姦なんかはあっちゃいけないし、おぞましい、と思うことも多いけれど、あれを究極の愛とした小説 「私の男」とか、読んでみると全然違和感なかったわ。
とても面白いけど、一般ピーポーは倫理や常識を自動的に遵守しますから、平穏が保たれてるわけで。

レス長くなるかも(笑)

続く~
Commented by juno0712 at 2010-01-12 00:10
じゅえるさん、続く~

カン社長は、このレビューを読んだ上で再考察してみると
ソヌのことを「自分の懐の中の絶対裏切らない存在」として、それは単に優秀な部下の一人だけではなく、特別な視線があったのかもしれない。もちろんカン社長とソヌは対等な関係ではないから、カン社長が女を作ろうが何しようが自由な身分。でも、カン社長とヒスは肉体関係なかったよね。しかもカン社長、ヒスの前ではウブな少年みたいに遠慮がちだったのがなんとも違和感あった。
裏の世界のボスなんて、女をそれこそ自由に扱う感じがしたから。

カンはソヌにヒスの監視を命令したけど、これを「ソヌの絶対愛を試した」のか「単にまだ肉体関係のない情夫が自分以外とつきあってるのが許せなかったから監視」させたのか、わからないけど、どちらにしても、まさかソヌがヒスに関心持つなんて思わなかったんだろうね。
続く~
Commented by juno0712 at 2010-01-12 00:15
さらに続く~

ソヌはカン社長を父親のように(ジウンさんからは本当のコンセプト?をビョンは聞いていたかもだけど)、絶対的に尊敬?だけど
一瞬 ヒスのことを思って殺さなかったことがまったく理解できない。カン社長がそんなことくらいでファミリーの重鎮あつめて会議して、とうとうと述べていたけど「俺の愛から一瞬でも目をそらしたソヌを許すことができない」って説明してくれたほうがどんなにわかりやすかったか(笑)

だからカン社長はソヌを特異な愛でしばりつけていたってことよね。
ソヌももちろんそれを享受してたけど、ヒスにちょっと関心うつしたとしても、カン社長がそこまでソヌに執着してるとは思わず、「マレバヨ!」って泣き叫ぶわけか・・・(勝手に解釈)

ソヌはソヌでその分野で成熟してないもんだから、「なぜオレを??」から抜け出せないわけで、「ずっとオレはあんたを愛してた。あんたにしか愛を感じてなかった。丸く治めようとしたことが
あんたの愛を裏切ることになぜなる???」みたいな。

さらに続く~

Commented by juno0712 at 2010-01-12 00:17
それを考えると

カン社長の方がソヌに強く執着してたのかも。

なんて思いました。

そうそう、ビョンホンの最大の魅力を引き出したのはジウンさん。

ジウンさんこれからもよろしく。

長々とすまん。

Commented by juno0712 at 2010-01-12 00:28
☆2010-01-10 19:41 の2コメの非公開様~

ははは・・・この副題見て「買わなきゃ」と思いましたが、帰りの電車で中身読んでますます「買ってよかった~」って思ったわ。

じゅえるさんのレスに書いたとおり、父性って私達は思い込んでいたけど、愛にしたほうがすごくわかりやすいのよね。今更ながら。

これ、ジウンさんがビョンホンにどう説明していたかが興味あるよね。「父性ではなく、この二人にはゲイ的な要素が・・・」なんて言ったら「カンベンしてくださいよ~」みたいに断ったかもね(笑)

でも、非公開様が「山崎さんがビョンホンを中性的な魅力って書いてたけど・・・」って話してたでしょう??
私、この本読んで、それを思い出したんだけど、きっと山崎さんの中でも「ゲイテイスト」ってのを彼の中に感じていたんじゃないかな。
でも、あのブログ、ビョンホンファンのお嬢様方がたくさん読んでるわけで、ずばりとは書けなかったんじゃないかな?なんて思いましたよ。
そうよね。ヒスはファムファタールではないよね。
カン社長とソヌの関係を試す踏み絵みたいな存在??

続く~
Commented by juno0712 at 2010-01-12 00:36
非公開様続く~

チャンイの指解釈・・・まさに!って感じでしょう??
そうそう、彼はどっち?って言ったらおっしゃるとおりよ(笑)

なぜかジウンさんはビョンには女絡ませないよね。どうしてだろうね。っていうか、倒錯的な愛 憎悪が愛に変わるっていう路線でこそ、ビョンホンが輝くってのをよくわかってるからそうしたんでしょうね。
おととしだったか、その考えに行き着いたときはあまりにもいろんなことが符号して 妄想妄想 激しく妄想!!!
その結果 私の創作「告白」ができたのでした(笑)

中性的な魅力があるからこそ、男らしい演技に刺し色みたいに
効果的にドキっとする表情があるわけで、知らず知らずのうちにファンはぞくぞくするんだよね。
本当に彼は複雑な、微妙な表情がうまいからね~
ただ、本人が完全にノンケだったら爆笑もんでしょうね。

「ええ?オレが???やめてくれよ~」なんてげらげら笑うかも。
私はどっちだろうがいいんですけどね。

続く~
Commented by juno0712 at 2010-01-12 00:41
非公開様続く~

ドンポ・・・うん、やっぱりあれミンチョル入ってたよね。
あの映画見て、懐かしさ覚えてどうすんだ?!なんて思ったんだけど、私は個人的にはジョーよりすきなんですよ。

そうなのよ。あの二人には近親相姦的な愛を感じてしまったわ。
そんな倒錯的な愛がドンポにはむんむんしてたからね。

ジョーにだけは女の影もなく、倒錯チックなところも感じられない。
お師匠様に???いや~あの太った師匠は対象外だよね(笑)
続編が楽しみだわ。

>CUTと特集された・・・

読んでないわ・・・
でも、ジウンさんもぜったいビョンホンに対してはそう思ってると思うわ。
どこのインタだったか忘れたけど、ジウンさん言ってたのよね。

「ハリウッドでよくあるようなこの監督にはこの俳優・・・そんな関係があってもいいんじゃないか・・・」的に答えてた。それ読んだとき、
あ、ビョンホンのことだなって思ったわ。
ガンホだったらどうしよう・・・(笑)

ジョーは契約したからけして蹴ることはできないよね。
わかってるけど、亜熱帯受けてほしいわ。
Commented by juno0712 at 2010-01-12 00:45
☆2010-01-11 00:10 の非公開様~

オヒサシブリデス。

私、純中忘れてた。

これだって禁忌を超えた愛だよね。
愛情の向け方はとてもノーマルなんだけど、対象がアブノーマル?

いや・・・ノーマルとか言いながら、テジン ほとんどストーカーだったよね。あれわかったらウンス気味悪いと思うよね~
そういう意味では倒錯愛とも言えるよね。

皆川さん、「純愛とも変態ともとれる微妙な愛」って書いてる。
受けるね~~~(笑)

Commented by juno0712 at 2010-01-12 01:03
☆ももちゃん~

誰しも「深層心理にゲイテイストがある」だなんてぜったい思ってないよね。
私もこれ読んではじめてしっくり来たのよね。
どんなふうに解釈してもOkだけど、このレビューが一番納得できるレビューだったわ。

それを考えると日本での「究極の愛」っていう宣伝方法はまちがってるんだよね。

男社会の中の破滅的な関係・・・そんなふうなコンセプトで売り出せばよかったのに、女性客対称にするしかなかったんでしょうね。
残念だわ。

いつかスクリーンで甘人見るときは別の視線で見れそうでうれしいわ。

>チャンイもドンポも、確かに倒錯キャラですよね。
面白いわ~!

でしょう?ノーマル好きなももちゃんでもそう思うし、それが面白いでしょう??
ビョンって演技の巾が広いってことよね。いいことだわ。

亜熱帯!!!亜熱帯!!!切望なんだけど、
やっぱり受けないのかな・・・ジョーがあるから。

私 泣くよ。亜熱帯は絶対ビョンで見たいもん。え~~~ん・・・

ジウンさんの愛・・・ずっと受け続けてほしいわ。
Commented by juno0712 at 2010-01-12 01:24
☆2010-01-11 19:22 の非公開様~


>ビョンホンシ 男運の方ははかねがね いいと思っています(笑)

これ、大事よね~誰と一生のうちに会うか、特にビョンホンにはであった人すべていろんな影響与えてるわけで、いい人ばかりと出会ってほしいわ。女運はどうなんだろうね(笑)

>ジウンさん 同じ匂い?をビョンホンシに感じてるんでしょうか じゅのさん 自分の好きな男をビョンホンシに映画で、反映させてるように思うんだけれど ソヌもチャンイもきっと
ジウンさん、大好きなタイプ??(爆)

やっぱりそう思います?そうよね。
私もそう思う。監督は描きたい世界が明確にあるわけで、それを具現化する俳優、監督としては譲れないよね。ビョンホンが最高にタイプでしょう。
記念DVDでもヒップコリアでも言ってたとおり、一瞬の破滅・・・そんな絶妙な演技はビョンホンにしかできないと思う。
ジウンさんの場合は美しさも大事な要素だしね(笑)

続く~
Commented by juno0712 at 2010-01-12 01:24
非公開様続く~

ええええ??非公開様六本木行ってた?

私も二回目で、前から三列目どまんなかにいたのよ~~
もしかしたらニアミス????

いつか会ってくださいね~♪♪
はい。私もジウンさん、結婚しないかもって思います(笑)

亜熱帯・・・ビョンホンじゃなかったら見ないかも・・・
Commented by juno0712 at 2010-01-12 01:35
☆cinema_61さん~

面白かったんですよね。この雑誌。
画像はよく見受ける画像ばかりでしたが解釈がすべて面白くて。

そうそう、ジウンさんが描きたい世界を表現する俳優の一人がビョンホンなんでしょうね。
ジウンさんってすごく美的なこだわりも強いでしょう?
美的な要素がないものはビョンホンは不要だと思うけど、それに拘る場合はビョンは必須でしょうね。

>それにしても「肉食動物の本能を知性と気品でラッピング」という表現は言えてるぅ~

めっちゃビンゴでしょう??

「ドラマで要求される以上に肉食系が前面に出されがちで濃厚なフェロモンにむせ返るほどだ」ですって!!笑える!!

これ書いた高橋さん、きっとビョンホンファンなんだろうな~って思いましたよ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by juno0712 | 2010-01-10 10:58 | 映画・ドラマレビュー | Comments(20)

日々の徒然にも脱力目線であれこれと。そしてびょんほん♪


by juno0712