引き続きビョンホン、ファイティン!

こんばんは。

f0073639_0353683.jpg


Instyle最新号の彼ですって!
素敵だわ!!

ビョンホンの恋愛に関して、ず~っとあれこれ心配し続けてましたが、この週末、様々ネットを見て、あれこれ情報を得たり、ぶろ友から話を聴いたりしているうちになんとなく、少しずつ心が落ち着いてきました。
落ち着いた、というには根拠も何もないのですが、二人の縁が強いんなら、この逆境も乗り越えてくれるんじゃないか?って思う様になりました。
また、そう思わなければいられないっていうこともありますけど、結局はなるようにしかならないこと。
ビョンホンバッシングについては読んでると辛いものがありますが、二人とも乗り越えてくれると信じてます!

ネットの情報を翻訳機にかけて読んでいると、まぁまぁビョンホンって「スキャンダラスな俳優」ですって(あぁ・・・(笑))
スキャンダラス・・・例の小娘の件が尾をひいていると思いますが、それをずっと引きずっているカン!
彼のtweetはどうしたって名誉棄損ですよね。
ああいう輩がなぜ、この業界でまだ生きていられるのかわかりませんが、法的措置を取ったようなことも聴いてますので、きっとビョンホン側の納得の行く結果になるはず。
ぜひ、業界から抹殺してほしいと思います。
びっくりすることに、ネチズンたちのカンに対しての同情論さえ展開されているらしく(ミンジョンとつきあっていることを表明したビョンホンへの嫉妬からね)、読んでいてむかつくわ、心配になるわでイヤな気分になったりもしましたが、マトモな考えをしている意見もあるわけですよ。いや、なきゃおかしいわ。
お時間ある方は下へ。

前半はいや~な気分に。大事なのはラスト数行!


それとイ・ミンジョンさん。
この二人の恋はアンチからしたら、「中年のスキャンダラスな俳優が女神的女優をたぶらかした」みたいな構図なのよね。
一般人はどう思っているのか、在韓の知り合いがいないのでわかりませんけど、イ・ミンジョンはデビューしたての、うら若き乙女とは違います。
30才。大人の女よね。本人の恋愛経験だって一つや二つ、三つや四つ(笑)あるはず。
しかも性格もさばさばしていて、しっかりものらしい。

しっかりもの~!

そんな彼女ですし、あの、ビョンホンのメッセージをそのまま受け取るのであれば、ある意味とっても長いつきあいの二人です。
彼をずっと見て来ているはず。
芸能界である程度生きて来て、それ相応の年令。ビョンホン、本当にいい年齢のお嬢様を見つけたわ!と今更ながら安心しました。
身近にいて彼を気遣ったりすることが今年のはじめからだったとしても、大人の彼女なら、芸能界の中で何が真実かはけして表立った部分だけではわからないってことをわかっているはず。
もちろん自分たち二人の関係についても。

それに、長いつきあいの中で「元気?どうしてた?」ってお互いの近況をどこかでいつも意識してきた仲から「単なる先輩後輩」以上の仲になった事実を考えると、やっぱりイ・ミンジョンも彼をずっと好意的に思っていたってことなんでしょう。

女神様と言われるような美人で性格もいい彼女ですが、二人の付き合いを公表することで、自分の今のステイタスがどうなるかもちゃんとわかったうえで(覚悟して)決断したと思うのです。
逆に中途半端に流されて・・・実はまだ覚悟ができてなくて・・・のような状態なら、申し訳ないけどこの恋の成就は絶対無理よね。
ミンジョンさん、結構動じないタイプ、だと思うことにするわ(笑)
いくら女性は自分が守りたいタイプのビョンホンでも、今 矢面に立っているのはビョンホンさん。ミンジョンさんの「ケンチャナケンチャナ♪」が彼を救うと思うわ。

二人は今や時の人。
マスコミにべったりと貼りつかれてるでしょうからデートもままならないでしょう。
でも、電話もできるし、メールもできるし、あ、skypeもあるじゃん♪♪
どうか今しばらく凌いでくださいませ~m(__)m
日本から応援しております~♪♪



最後に・・・王様スチールから





f0073639_1453149.jpg

この画像、ダブルクリックするとドーンと大きくなるんですが、後ろ姿の王様の靴底!!
いや~現代的長靴の靴底みたいに????(笑)
この時代から、王様のブーツの底はすべらないようにカットされていた?(笑)

これ、静止画だからおっ♪って思ったんだけど、動画だったらまったく気にならないと思うんですけどね。
どーでもいいことなんですけど、笑ってしまいました。
[PR]
by juno0712 | 2012-08-27 02:07

I started as an actor,I am still an actor,I shall finish my career as an actor. This is how I define myself. By Lee ByungHun


by juno0712