200万人突破おめでとう~♪

こんばんは。

いまだに続くビョンホン・インタビュー!!
カナダに行くまでの数日間、彼は寝る間も惜しんで広報活動に励んでくれたのね~
本当にお疲れ様でした。
しかも200万人突破は最速ですか???(調べてませんが)、すごいね。
まだまだ勢い止まらず。
企画段階で、万人受けするストーリーの商業映画っていうのは決まっていたんでしょうが、それにしても、そんなコンセプトで多くの映画が作られている中で大ヒットになるのはごくわずかだと思うんだけど、あまりにもはまりましたね。今回の王様は。

今日のインタビューも面白い。
ではまだ読んでない方は読んでみてくださいね!

本日のインタビューです!!↓↓


[スポーツソウルドットコム|オヨウンギョン記者]イ·ビョンホン(42)は、本当に不思議な俳優だ。 いつのまにか四十を超えたが、まだ彼は全くセクシーである。 これはシックスパックの有無とはまた別の問題だ。 イ·ビョンホンには血気盛んな若い男俳優たちが昼夜ないウエイトで作った筋肉質の体つきでは絶対真似できない彼だけの "セクシーな雰囲気"がある。
今更だよね~。ほんと。韓国俳優の中でも彼のセクシーさはぴか一じゃないかな。不思議なことに男にそう言わしめることが多いと思う。ファンなら、それが最大の魅力だってことはとっくの昔にわかってるんだけどね。
リュさんもセクシーには違いないけど、多分にセクシーなオヤジ、って感じなのよね(笑)。
ビョンホンはまだ全然おやじくさくない。(たま~に・・・(笑))
むしろ、未婚のせいか、強引さや厚かましさは感じられない、と思う。
表向きかな(笑)


笑うときに口元がシュート上がる笑顔と、いつ聴いても安定感のある音声は放送で見て聞いたままだった。 この致命的な魅力の要素は彼の初めての史劇挑戦作である映画 "光害、王になった男(監督追加チャンミン)"を通じてもそのまま​​伝えられた。 暴君光害と漫才師下船の1人2役をお目見えしたイ·ビョンホンはシックスパックな史劇キャラクターにもセクシーできるということを見せた。 さらに、コミカルな演技まで忘れていないセンス。 やはり老練味があふれる。
致命的な魅力だって!すごい訳(笑)。ま、とりかえしのつかないほど魅了する、と言う意味ではあるとも言える(笑)。

映画は光海君在位時代に消えた15日間の記録を抜本的想像力で再構成した。 極と極の二人の人物を演技するのが決して容易ではなかったはず。 独断的で鋭敏なカリスマを持った光海は彼が既存の持っているイメージとよく符合するようにしたが、漫才師特有の才覚と余裕を持った下船は一見にイ·ビョンホンに "体に合わない服"に見えた。 しかし、これは杞憂だった。 彼は二つのキャラクターを自由自在に行き来して、実際の自分の姿がどんな人物で、より近いか予測することさえ大変に作った。

"実際には、光害よりも下船に近いです。コミカルな演技に大きく負担を感じなかったのは、私の中にそのような面が多いことを知っているからでした。全然ぎこちないじゃなかった、むしろ下船が演技するのに便ました。周辺では下船はいつも俺から見ていた姿だとみんな鉱害が素晴らしいと言うんですよ。なんと冗談も上手に面白いかどうかだ分かるから。ハハ。 "
最近のインタで「僕って実は三枚目なんですよ~」ってしきりに宣言してますね(苦笑)。わかってますよ。ずっと前から。

この日は実際に向き合ったイ·ビョンホンは顔を隠したり寡黙するそうだという予想とは違い、愉快で豪快で、遊び心もあふれた。 しかし、いくら彼の実際の姿が下船と近いなら劇中室内で数十人の宮女たちが見守る中、下半身を出して朝鮮時代便器のメファトゥルにうずくまって座ったまま用を足し見る場面では本当に私たちが知っていたその "ビョン様"が当たると思った。

"序盤一度や二度撮影するときは恥ずかしいこともありました。ところが、後には恥ずかしいこともないんですよ。とも脱いだのはなかったしパンツは着ていた(笑)。シナリオ読みながら、この神はよく作成される名場面になりたいと思いました。むしろ、その神がこの映画をすることにしたいくつかの契機の一つにした "

それでもハリウッドに拇印まで撮ったトップ俳優が用を足す演技なんて。 慎重に彼に撮影当時の胸の内を尋ねると、 "映画の中でキャラクターが悲惨になったり、壊れたりいやらしいことになるのが恥ずかしいことではない。話に必ず必要な場面で、他のキャラクターが開か助けてくれるから"と言いながら "作品の中でされる状況が実際に恥ずかしかったり拒否感ドゥルジンない "と話す。

その後、初めての史劇挑戦でイ·ビョンホンを最も苦しめたのは何だったのか。 メファトゥルでもないひげだった。 彼は "とてもガンジロウォソ痛みを伴うほどだった"とし、まだ当時の苦しみが思い出されるように頭を左右に振った。

"衣装、サントメなども我慢したひげは本当に最後まで大変でした。とても気の利いた悲しかったよ。感情を持っている必要が遅ガンジロウォソ集中できないんですよ。触ると落ちますので、完全に手を釘たそうです。人体に無害なボンドで貼るんだけどあまりにも長時間使用してクリアする方向すごくドクヘソ肌に発疹もたくさん出て、後にアレルギーまでましたよ。 "
アレルギー???!!!ビョンホンって肌が弱いって聞いたことあるけど、けっこう大UPの画像とか、肌が荒れてたような気がする・・・(>_<) 問題性皮膚専門イ・グンミ皮膚管理研究所に行ったかしら??? 

このように苦労しながら撮った映画けれど、いざ彼は封切りも見ないで、カナダで早目に出発した。 ブルース·ウィリス、ジョン·マルコヴィッチなどと一緒に "レッド2"を撮るために出国したもの。 また一人孤独な戦いを開始する必要が彼に乗ら生活の寂しさについて聞いてみた。

"友達を見失い家族に会えない寂しさもあるでしょう。しかし、仕事に行った時に感じる寂しさは、他の言語で、他の文化をカメラの前で表現するべきなのに私抜き全部アメリカの人々であり、その中に混じって働いているときに、ある瞬間だけ本当に寂しいという考えが聞いてください。言語もよく通じない集団で英語を使いながら数ヶ月間の作業をするのに '私よくやっているのだろうか。正しい選択をしているのだろうか "こんな悩みもしたりしましょう​​。"

ガンインヘ見える容貌の後に隠されたイ·ビョンホンの弱い姿。 しかし、今は彼の孤独をなだめてくれる "彼女"ができた。 去る8月19日、公式ホームページに自筆手紙にイ·ミンジョンとの熱愛説を認めており、現在国内で最もホット(hot)なカップルの主人公になったイ·ビョンホンに仕事と愛のうちより重要なこと一つをご残酷な質問をした。 彼はしばらく悩んたら "分からない。両方重要である。選ぶことができない"と困り果てた。
ず~っと若い頃の質問にも同じように答えてましたね。(ノーコメントって答えてたと思う) いや、悩まなくていいよ。どっちかなんて考えないでどっちもゲットして!

どん欲が俳優に最後に "愛するその分"に一番言いたいことが何なのか尋ねてみると真剣な声でこう言う。
"いつも幸せな気持ちを感じるようにしたい。してあげたいのはあまりにも多いのですが、それが最も最終的なようです。"
何しろ韓国にいない彼ですから。いわゆる遠恋・・・。こんな時も彼女が仕事持っててよかったわ。お互い忙しいから。でもね。ミンジョナからのメールは即レスすること!ジウンさんみたいにね(笑) 間違っても「了解!」で終わっちゃだめよ!!(爆) 


◆元記事
[PR]
by juno0712 | 2012-09-21 20:20 | 王様

I started as an actor,I am still an actor,I shall finish my career as an actor. This is how I define myself. By Lee ByungHun


by juno0712