「王になった男」か「ベルリン」か最後まで迷ったのね。

◆第2回自主上映会のお知らせ「純中」です!


おはようございます。
最近の雑誌の翻訳で、王様に出ることを決めるまでに最終的に3つに絞られていて、王様以外は暗いイメージの映画・・・ってことで記事にもしたのですが、そうでした。王様以外の映画の一つ「ベルリン」でしたね。
前に読んでたんだけど、すっかり忘れてた。
「ベルリン」このタイトルがなんだか暗くてものさびしくてめっちゃそそる~。
すでに「ハ・ジョンウ、ハン・ソッキュ」で来年旧正月に公開されることが決まってるそうですが、ちょっとそのベルリン話を。

まず、2011/10/28(去年)の記事でこんな記事が。


米国で『G.I. ジョー 2』を撮影中のイ・ビョンホンは『朝鮮の王』の他にリュ・スンワン監督『ベルリン』を最終検討中であり、米国活動と韓国国内カムバックを秤にかけ、近い将来方向を決めるものとみられる。このためにイ・ビョンホン所属事務所ソン・ソクウ代表が28日午前、米国へ向かった。

CJ E&M映画事業部門のある関係者は「イ・ビョンホン氏と長い間協議し、最近肯定的な反応を感じている」として「具体的な契約書が行き来していて、来週イ・ビョンホン氏に会うために制作スタッフが米国に出国する」と話した。

『朝鮮の王』は、一時カン・ウソク監督が準備していた野心作だったが、投資とキャスティングの問題でCJと産みの苦しみを味わい、6月にカン・ウソク監督の降板が決まった作品だ。その後、共同制作会社が変わり、『マパド』、『Lost In Love』『あなたを愛しています』のチュ・チャンミン監督が新しい指令塔に決まった。

これと関連して、イ・ビョンホン所属事務所BHエンターテインメントのユ・ヒョンソク室長は「『G.I. ジョー 2』の撮影が11月に終わるが、イ・ビョンホン氏が来年米国活動に力を注ぐのか、国内カムバックするのか検討中」としながら「『朝鮮の王』は『ベルリン』とともに最終検討中の作品ということは確かだが、まだ決定されたものではない」と話した。

最近イ・ジェギュPDの新ドラマ『The King』出演を断ったイ・ビョンホンが『朝鮮の王』を前向きに検討した理由は、光海君の波瀾万丈な一代記をドラマチックに描いたシナリオのためだと伝えられた。

この映画は、CJ E&M映画事業部門コンテンツ開発チームが精魂を込めているプロジェクトで『オールドボーイ』のファン・ジョユン作家が脚色に参加した。朝鮮時代悲運の15代王の光海君と、王とそっくりな外見の賎民との交錯した運命を描いたファクション史劇だ。

キム・ポムソク記者 kbs@tvreport.co.kr
2011-10-28 14:32
TVリポート


なるほど~。
ビョンホンは、ベルリンにしようか、王様にしようか、ってことで迷ってたところに、CJのPDとソグさんのアメリカ訪問で強力プッシュで「王様」になったんでしょうかね?
ちなみに「ベルリン」がどんな映画かと言うと・・・

f0073639_5597.jpg


100億ウォン規模のプロジェクトである<ベルリン>は、ベルリンを背景に予期せぬ陰謀に巻き込まれ、お互いを追うことになった三人の男と1人の女性の諜報アクションドラマだ。 ベルリンを主な拠点として、北朝鮮側秘密口座を追跡していた韓国国家情報院要員チョン・ジンス(ハン・ソッキュ)は、不法武器取り引き現場を監視している間に、ピョ・ジョンソン(ハ・ジョンウ)の存在を知るようになる。 身分が露出しない別名‘ゴースト’と呼ばれるピョ・ジョンソンは、北朝鮮最高要員の一人だ。 だが、ピョ・ジョンソンを監視するためにスパイ探索専門の冷酷なドン・ミョンス(リュ・スンボム)がベルリンに派遣される。 確実な情報に基づき、ピョ・ジョンソンを亡命計画中である二重スパイと疑うことになった。 そう、彼は南と北の両方から追われる運命になる。 一方、ピョ・ジョンソンにはベルリン駐在北朝鮮大使館で通訳官として仕事をする妻リョン・ジョンヒ(チョン・ジヒョン)がいるが、彼女は夫にさえ全てを見せない秘密の女だ。


ビョンホンは、多分ハ・ジョンウの役だったと思うんだけど、チョン・ジヒョンと夫婦役だったんだね。
リュ・スンワン監督にも惹かれるし、内容もすごく面白そう~!
これ、いつか日本に来たら見たい!
100億ウォン規模のプロジェクトということでビョンホンもシナリオ読んで面白い!って思ってたんでしょうね。
王様かベルリンか・・・ビョンホンクラスになると、こんなふうに「あれも捨てがたい!」っていうシナリオをバンバン切らなくちゃ決められないんだね。
監督が誰、とか共演者がその時点で決まっているのか、とか様々な決定要因があると思うけど、RED2のあとにこのお話があればよかったのに(笑)。
あ、もう実はその次は決まってるのかな?
でも、今考えれば、「ほんとは王様じゃなくてベルリンに心が動いていた」としても「決め手はCJのPDの強力プッシュ」だったとしても、「王様」選んたビョンホンでよかった~
よくぞ史劇をやってくれた!と思います。
史劇の中のビョンホンは本当に鮮烈でしたよ。
内容もとってもよかったしね!
結果メガヒットになったんだから、尚更これ選んでくれてよかった。

本当にすべて縁ですね。

あ、気付いたことひとつ。

王様もベルリンもCJ じゃん!!
すごい・・・確か今大ヒット中のオオカミ少年もCJだよね。
CJの一人勝ち!


◆第2回自主上映会のお知らせ「純中」です!
[PR]
Commented at 2012-11-17 23:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kohana at 2012-11-19 21:28 x
はんちゃんこんばんは~
久しぶり~~
こはな、生きてました!(笑)
ちょっと毎日疲れていますがね。

そんな間もはんちゃんが真面目に記事をアップしてくれているおかげで、この私もどうにか付いていけてますのよ。(おほほ)

でも、いつもスマホからの覗き見なんで、前に言ったみたいにコメントが難しいのよーーーー
だからコメなしですみません。

そうそう、<ベルリン>ね、私もここに出てるビョンホンを想像してしまいました。
欲張りなファンとしたら、どっちも出てほしかったな~~~
時間的に無理だったでしょうから、仕方ないけど、彼も自分で「悔しい」って思ったと思うな。

まぁとにかく、今回の映画の大ヒットは無条件で嬉しいね。
なんたって交際宣言でボロクソだったのに、それをいい方向にひっくり返した映画でもありますから。
Commented by juno0712 at 2012-11-19 23:41
★2012-11-17 23:41 の非公開様~

私も読んだ覚えがあったんだけど、あのベルリンが具体的になってたのに、ちょっと驚いていろんな記事を見入ってしまったのよね。

タイトルも監督もたしかに魅力的だったよね。

光海も、なんだか最初グズグズしてたよね。監督交代とか。
大丈夫かな~って思ったし、この時点では「どちらにせよ、少しはヒットしてくれればいいな」って程度の欲のなかったこと・・・・(笑)

そうそう、読んでみたら、北と南のスパイの話。
これ、ビョンホンがやったら新鮮味の点ではちょっとね。
もちろん チョンジヒョンとの夫婦役もすごく興味あるんだけど、見たことある顏・・・だったと思う。

PD的にはやっぱり一度も史劇をやったことのない彼が、特に王様のあの威厳とカリスマをビョンホンに見たのかもしれないし。

>作品ってきっと巡り会わせなんでしょうね。
そう。まさに。そのとおり。

>「RED2」の次はどんな作品でしょうか?
ファンも強欲だわ~(笑)。私も、次は韓国?アメリカ?韓国がいいな~、でもドラマはやだな~とか考えちゃうもんね(笑)
Commented by juno0712 at 2012-11-19 23:57
★こはなっち~♪

元気だったのね~よかったよ~
私もすっごく仕事がきつくて最近会社行くのがいやになってきた・・・

仕事を忘れるべく(笑)王様の記事、頑張ってます!!!(爆)
っていうか、夏休みあたりから、のんびりしようかと思ってたのに、ミンジョンのこともあったし、目が離せない展開だったし、王様ったら最初からめずらしく、はじめての?メガヒットだからね。
こりゃ、書かずにはいられない、みたいな感じだったわ。

ベルリン・・・
すべてはめぐりあわせだから、王様は自分に課せられた仕事なんだ、って思いつつ頑張ったと思うよ。運命論者だよ。彼は。

王様がここまでメガヒットするとはファンは誰でも思わなんだ(笑)

>なんたって交際宣言でボロクソだったのに、

爆笑!!!ほんと今では笑い話だよね。
確かに超ぼろくそだった。めちゃくちゃこき下ろされて、「ほんとはビョンホンって韓国内でアンチが多いんだな~」って実感したよね。
でも王様のおかげでおっぱ~ってまた言われてるし、ほんと観客になじんだよ。彼も(爆)

大ヒットするとここまでロングランするんだ~ってファンもはじめて知ったりして(笑)。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by juno0712 | 2012-11-17 04:58 | 王様 | Comments(4)

日々の徒然にも脱力目線であれこれと。そしてびょんほん♪


by juno0712