「ほっ」と。キャンペーン

スティーブンス・ジョーンズ症候群って知ってる?

*レス終了致しました。遅れてごめんね~ありがとうございます♪m(__)m



◆第2回自主上映会のお知らせ「純中」です!


こんばんは。

今日、NHKの「クローズアップ現代」見てたら、すごく驚いて怖くなりました。
市販の風邪薬の副作用で重篤なアレルギー反応が出て、失明してしまった若い女性の一例を紹介していました。

もちろんどの薬を飲んだか?などとは特定していません。
また、「これは危険」っていう薬ははっきりはしていないみたい。
怖いことに、以前はその薬は平気だったのに、今回 風邪薬として飲んだら反応する、ってことがあるらしい。
要するに、突然、その薬に抗体が反応してしまうこともあるってこと。

怖いよね~すごく怖い。
その症例の若い女性は、風邪気味だったから、市販の薬を飲んだ。
翌日もまったくよくならず、熱が下がらず、目がまっかに充血し、眼科に行った。
眼科では「急性結膜炎」と言われた。
早く仕事に復帰したくてまた薬を飲んだら、皮膚に湿疹が出始めた。
排尿痛もあった。検査は特に問題なし。
熱も下がらない。
翌朝、唇をめくったら無数の水疱!!
おかしいと思って4日目に救急に行った。
その病院の医師が「何か薬を飲みましたか?」と聞き、スティーブンス・ジョーンズ症候群と診断され入院。
その後間質性肺炎になり、死ぬ間際まで行ってやっと生還。
でも彼女は左目を失明してしまったのです。

怖い!

私は何年も風邪薬を飲んでいないけれど、この前頭痛のために鎮痛剤はたくさん飲んだ。
ロキソニンも飲んだ。

私は特に何も症状がなかったけれど、

注意すべきことは、自分が飲んだり、子供、家族に薬を飲ませたら、毎日注意深く様子を見ること。
症状が改善されてたら問題なし。

でも、次の症状がいくつか重なってたらすぐに病院へ!

「高熱(38℃以上)」、
「目の充血」、
「めやに(眼分泌物)」、
「まぶたのはれ」、
「目が開けづらい」、
「くちびるのただれ」
「陰部のただれ」、
「排尿排便時の痛み」、
「のどの痛み」、
「皮ふの広い範囲が赤くなる」

上の症状って「風邪」の症状みたいなものよね。だから「なかなか治らないね・・・」って放置されてしまうかもしれない。
でも、薬を飲んでも、症状が改善されず、上の症状のあれ、これ、が出てきたら、すぐに病院に行かなきゃね。
特に薬疹が出たら、その薬は飲み続けちゃだめだわ。粘膜系に炎症が強くでたらすぐに病院へ!
それがこの病気の特徴。
体の抗体が過剰反応してるんだからね。

だから病院に行って「この薬を〇日に〇錠のんだけど、症状がよくならず、かえって悪くなっている。粘膜系の炎症が特にひどくなっている。スティーブンス・ジョーンズ症候群じゃないですよね?」って確認するのもいいかもしれない。

素人だから、びくびくして、なんでもすぐに決めつけるのは怖いですが、早期治療がすごく有効なのも確かですって。
市販薬はよく説明書を読んだり、調剤薬局でも心配な部分は聞いておくのがいいかもね。

こういうふうに書くと市販薬が怖くなりますが、こういう症例がある以上は、簡単に市販薬を安心して飲むのはもはや、怖いと思う。
私は風邪を何年もひいてないので風邪薬を飲んでいませんが、我が家は息子が扁桃腺が腫れやすくてしょっちゅう高熱出すし、薬も飲むから、気を付けないと。

詳細はこのサイトへ~

市販薬はもう飲めない!ってわけではないけど、どんな薬でも、病院でもらった薬でも、のみっぱなしじゃなくて、その後、注意しなくちゃいけないってことですね。
ほとんどが薬で改善されますけど、万が一、ってことがあるからね。
自分はもちろん、家族の様子にも注意しなくちゃ。
これ、実は基本かもね。


◆第2回自主上映会のお知らせ「純中」です!
[PR]
by juno0712 | 2012-11-19 22:28

I started as an actor,I am still an actor,I shall finish my career as an actor. This is how I define myself. By Lee ByungHun


by juno0712