「自信がありました」@ORICON STYLE

f0073639_2272521.jpg

画像はORICON STYLEから




こんばんは。
連日記事をばんばんあげてる私自身、アゲアゲモード?(笑)
誰もいない居間にいると、こういう風になります(笑)。
すでに皆様、情報ブログ様でご覧になっていますね?
私も先ほど読みました。
彼のインタをレビューする!だなんてどんだけイビョンホンLOVEなんだ?
LOVEってより、ほんと、この人、どうしてこうもうまい説明ができるんだろう?
素朴な感嘆。
インタ慣れしてるのは知ってるよ。
でも、慣れてるからって使い古されたフレーズなんて使わない。
特に難しい言葉つかってないけど、うん、なるほど~って心に響くのよね。
遅ればせながら「HIS INTERVIEW」っていうカテゴリ作っているのでこのインタもリンクしとこ。

ORICON STYLE

>俳優は、そんな潜在意識の中にあるたくさんの性質の中から、役にあった性質を見つけてきてデフォルメするのが仕事だと思います。また、そういう作業を楽しむのも俳優の仕事なんじゃないかな。

それを自然にできるのはやっぱり彼がキャリアを積んだ俳優だからだよね。
なんつうか、役を作ろう!っていうガツガツ感がない。いい感じで肩の力が抜けて自然体。
ビョンホンの演技が「うまいね~」って言われるようになったのはこんな脱力具合のせいかしら?
自分の中のあるキャラを自然に探して、それをデフォルメする・・・うまいこと言うわ。

>本当に信じていい人か知りたいならば、その人たちが他の人にどういう態度をとっているかを見ればいいんじゃないでしょうか。

冷静~(笑)
それほどすぐに心を開かないタイプって確かずいぶん昔にワンモさんが言ってましたね。
心許せる仲になるまで何年もかかったと。
多分饒舌な男を警戒するタイプだわね(笑)
ビョンホンもこういう仕事だからこそ、いやってほど煮え湯飲まされたのかもしれない。
ほんとは、すぐに人のこと、信じそうな感じがする。
でも慎重になって当然だわ。
格言になりそうなお言葉ありがとう(笑)

>監督から、「その辺は得意だから信じてくれ。僕がちゃんと調節するから、加減は気にしなくていいよ」と言われました。

チャンミン監督~♪頼りになる~♪当たり前?
でも、「好きなようにやっていいよ。僕がちゃんと加減するから」だなんて、俳優はやりやすいんじゃないのかな?
あの寡黙な監督、すごい~・・・って今更感嘆してごめんね。監督。

>共演のリュ・スンリョンさんが試写が終わると、すぐ僕のところにやってきて、「煙草を吸いに行こう」って言ってきたんです。そして、喫煙所に着くと、スンリョンさんが僕の手を握ってきて、「すばらしい作品!興奮して言葉も出ないほどだ」って言ってくれて。自分の出演している映画なのに、顔を上気させているスンリョンさんの姿を見て、すごくいい映画だったんだなって確信が持てて、私自身も安心しました。

いい光景じゃありませんか!
目にうかびますよ。スンリョンさんの高揚した表情が!
でも、ビョン、試写見て、「大丈夫かな?これで」って思ったのぉ???
「これ、最高ジャン!」って思わなかったのぉ??
ってことは常に彼は試写見て「最高ジャン!」ってまずは思わないタイプなのかな?

>「すごくいい映画でしたが、なんでビョンホンさんは少ししか映画に出てこないんですか?」って言ってきたんです。どうやら彼は、私が光海君だけを演じていて、ハソンの方は別の俳優さんが演じていると思ったらしいんですね。でも、それって、俳優冥利に尽きるというか、良い褒め言葉だなと思いました。


ありえん(笑)。
その俳優さん、大事な部分理解してないんじゃないの?
誰が見たってビョンホン二役じゃん(笑)
え?真面目に言ったんじゃなくて、「そう思う程、王様とハソンはまったくの別人でしたよ」って言いたかったのかな?
褒め言葉と受け取るより、「お前、あのハソンの顏見て、だれだと思ったんだよ!俺だよ俺!」って突っ込み入れたいとこですね。

>男のセクシーさは、何かひとつのことに没頭している姿に宿るんじゃないでしょうか。女性にしてもそうだと思います。それから、余裕と責任感も大切だと思います。
やっぱり自分のやるべきことに向かってのめりこむことではないでしょうか。


これもいいこと言ってるよね~
でも、不思議なことに、何かに(仕事などに)のめり込むほど没頭している男は山ほどいるだろうけど、そこにセクシーさを見出せるかどうか、ってまた別問題なのよね。
敢えて言うなら、プロフェッショナル度を見せつけてくれた時、どんな人でもかっこいいと思う。
そこにセクシーさを感じるかどうかは特定な人に対しての個人的感情(笑)。

いや~素敵なインタだった~!!
ビョンホンインタはタマリマセンね!!
ありがとう~♪♪ORICON STYLE!


明日、2月15日は TOKYO MX「韓流フォンデュ」 12時25分~録画忘れずにね~♪

[PR]
Commented at 2013-02-15 12:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-02-15 12:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-02-15 12:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by juno0712 at 2013-02-24 23:52
★2013-02-15 12:23 の3連非公開様~

そうだよね~
ほんと、彼ってずいぶん昔からこのスタンスは変わらないよね。
彼の答はとても誠実だし、わかりやすい言葉だからすごく読んでてストンと納得できるんだよね。うまいよね~

そうだよね。いつも観客がどんなふうに見てくれるのか楽しんでるのか、ってのが一番気になるポイントみたいだから客観的なのかもしれない。
自分じゃ最高っておもっても、それを見て判断するのは観客だからね。

いつもいつも全身全霊かけて映画に取り組んでる彼ですが、見れば見るほど、経験重ねれば重ねるほどほんとに彼はうまい俳優だと思う。
私は素人だし、評論家ではないんだけど、単純にそう思うわ。

スンリョンさんも、なかなか同僚俳優にそんなふうな言い方はしないと思う。
できあがったのを見てスンリョンさん、本当にいい映画になった!って思ったんだろうね~

ナム友様、がんばってるのね~(笑)
他の俳優を知らないけれど、人によって差があるってことよね。
ビョンホンは本当にファンに感謝していて、それを率直に口にするし、態度にもあらわしてくれてるから離れないんだよね。(離れる人は離れるだろうけど)

続き~
Commented by juno0712 at 2013-02-24 23:53
続きます~

そうそう、ナム様、ビョンホンに嫉妬を感じるってインタで言ってたわ。
うますぎて嫉妬しちゃうんだね。
でも、嫉妬だなんて10年早いわ!(笑)

そうだよね。ヨン様に感謝しなくちゃいけないわね。
冬ソナがなければ韓流の波はなかったわけだから。
彼に出会うこともなかったね。

韓流ってのはブームだからそれは永遠に続くものではない、って彼よく言ってたけど、ほんとに現状に甘んじないで頑張ってるわ。
それが彼のマイペースなんだろうけどね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by juno0712 | 2013-02-14 22:45 | His interview | Comments(5)

日々の徒然にも脱力目線であれこれと。そしてびょんほん♪


by juno0712