その10 GI Joe2 ジャパンプレミア!

こんばんは!

レッドカーペット、プレミア試写会を終えて、今日は寝不足と体力不足で披露困憊でした。
そりゃ当たり前だわ。活動時間がハンパなかったからね。
ぐったり疲れて寝てしまい、真夜中起きて、今スマホで記事書いてます。

今回のレッドカーペットイベントは、私にしたら初めてのイベント。
もちろん参加できるチケットはなかったけど遠くからでも見れてよかった!
本当にそう思いました。
現地についてから、現場を見たときにあまりにレカペ会場が狭くてショボくてびっくりしましたが、逆にレカペに参加できた皆様にとってはとってもよかったんじゃない?
いわゆる一列で作られたレッドカーペットよりは、ずっと彼は間近にいるわけだから。

あの場にいるってことは早朝から頑張ったわけで、本当にお疲れ様。
でも報われたよね~(*^^*)

私と友人はレカペには参加できないけど、どこにいればビョンホンをみれるのか周辺をウロウロ…そうこうしてるうちに階下からキャー!って歓声が!

なんといきなりビョンホン登場だったのよね!

四階のエスカレーターから三階に降りる時に会場が見れる状況だったので上下真っ白の彼がまた見つけるのに容易くて助かった!
スマホのカメラて拡大しながら必死で撮りました(笑)
スマホが優秀でほんとにストレスフリーでした。

あの狭い会場をビョンホンは、ものすごくゆっくりゆっくり進んでます。
f0073639_3115538.jpg

ビョンホンが小さくてごめん。雰囲気だけ感じて下されば幸いです。
サインに応じてる姿が見えました。
韓国では舞台挨拶でも撮影フリーですが、日本は、入待ち出待ちも、舞台挨拶も撮影は絶対厳禁。
でもレカペは撮影OK!サインもしてもらえる!あわよくば一緒にカメラに納まることができるなんて素晴らしすぎる~
あー羨ましい、などと言ってる暇があったら少しでも近くで見たいね!ってエスカレーター何度も登って降りました。

レカペの外周はマスコミがぎっしり。
ビョンホンも根本さんを帯同してインタビューを受けてました。

f0073639_322131.jpg


何社もあるからほんとにゆっくりゆっくりなのよね。
近くにビョンホンがずっといるなんて幸せすぎるっ!

f0073639_324260.jpg


こんなふうに、ビョンホン、監督、ナナオさんとの3ショットも。
パリッキ孃は結局来なかったんだね。
上から見てると、ナナオさんも背が高くてビョンホンに合わせて白のドレスでとっても華やかでよかったです。
(ほぼ、ビョンホンしか見てないけど(笑))

1830からシアターでもリアルタイム映像が流れるから、座って見ることもできたんだけど、生々しく動く彼(笑)を置いて映像見るのはもったいなすぎて(笑)。

すぐそこにリアルな彼がいるんですからね。
f0073639_3321557.jpg


こんな風に、ビョンホンと一緒に写真に収まった方、おめでとう♪

一時間弱かな?本当にゆっくりと彼はレカペを一周し、私と友人は、そろそろスクリーンで見ることにして、下に移動したのですが、スクリーンに移動する経路がなんと、レッドカーペット会場の真横を通るわけです。
ここでもビョンホンや監督がちらちら見える!
f0073639_3425660.jpg

チュー監督なんてこんなにばっちり撮れました(笑)
しかし、ビョンホンはなかなか撮れず、スマホで上から撮ったのがいくつか。
f0073639_3461679.jpg

f0073639_3461272.jpg

f0073639_347759.jpg


この通路は、映画を見るときに飲み物やスナックを買う場所だったからほんとはさっさと移動しなきゃいけなかったんだけど、とりあえず、とりあえず、そこに彼がいる~!ってことで移動しながら必死で彼を追う自分に、今から考えると呆れるくらい(笑)

スクリーンに移動してp席に座った時はまだほとんど座席は埋まってなかったから皆さん、レッドカーペットイベントを見てたのね。

リアルタイムな映像もよかったです。

f0073639_3523912.jpg

f0073639_3532236.jpg

f0073639_3531122.jpg

f0073639_3532175.jpg

f0073639_3541521.jpg

f0073639_356596.jpg


などなど。

イベント会場で登場した彼はすべてスクリーンで見ましたが上下真っ白な彼、本当に素敵でした。
チュー監督もアジアンだけどスタイルがいい?ビョンホンとは対象の、ブラックスーツが似合ってました。
でも、間違いなく日本での人気が想像以上に凄まじいことを監督は実感したはず。


舞台挨拶は、私は8時の回だったんだけど、なんとラッキーなことにこの8時の回がマスコミが入っていてフォトセッションがあったので他の回よりは長くリアルな彼を見れたのよね。
こういうことに幸せ感じれる私は単純でおめでたい(笑)

舞台挨拶の彼は…
真っ白な上下なんだけど、王子様、というにはあまりに風格や、貫禄も十分で、どちらかと言えばKING、の方が合ってるかな。
なんだろね。彼のオーラのすごさは(笑)
他を威圧するっていったら語弊があるけど、広報のために出演してテレビでも、他の出演陣もきっとそれをかんじてるはず。
どんなに彼がフレンドリーに接したとしてもね。

ステージ上では、いつもながらの笑いも交えた、抑揚ありまくりの彼の語りをぽあんって聞いてました。
彼は映画の主役ではないから、しきりにメインキャストを連れて来れなくてすみません、って謝ってました。
ビョンホンファンの私たちは、ビョンホンさえいてくれればいいし、むしろ登壇者が多いと彼の時間が少なくなるからビョンホン一人でも無問題なんだけど、彼からしたらそうは思えないんでしようね。
アジアの広報は全部ビョンホン一人に負わせられてることに、主役でもないのに申し訳ない、的に感じてる部分があるんでしょうね。
そんな想いがあろうがなかろうが、粛々とテレビや雑誌で広報に努める彼。
そういう彼を見てるから、この映画が大ヒットして欲しい!って思いますわ。彼の頑張りに報いるためにもね。

映画は…もう公開間近だし、ここでは特に触れません。
スクリーンで楽しみましょう♪
嵐影は、前作より意味のあるセリフ、重要なセリフが多いことだけは言っておきます。
かっこいいよ~(*^^*)


今回はレッドカーペットには参加できなかったけれど、すぐそこで動いてる彼を見れてほんとに幸せだったな~

やっぱり生彼至上主義はまだまだ続きそうだわ。
リアルな彼に遭遇することはめったにないからこそ会えた時の高揚感ハンパなし!
ファンミで自席で見るときよりもある意味高揚感強いかも。
入待ちや出待ちで会えた時も感じれるように。

彼を追ってはいるけれど、韓国にはそうそう行けないし、レッドカーペットイベントがあっても早朝から並ぶこともできないし、ある意味限定された諸事情がそれぞれの方にあるわけだけど、今回も許容範囲の中でやるだけやって大満足。
仕事ではなかなか達成感を感じれない最近の私をすべて払拭してくれて、達成感、満足度100%のイベントでした。

ビョンホン、名古屋、大阪、福岡頑張ってね!
大阪の天気が心配だけど、ぜひ大阪の皆さんもレッドカーペットイベントで彼に会えますように。

全部スマホから投稿してるからどんな風に見れてるんだろ?
どこか不都合あったらごめんなさい。
[PR]
by juno0712 | 2013-05-29 02:57 | イベント

日々の徒然にも脱力目線であれこれと。そしてびょんほん♪


by juno0712