見てきたジョー!(笑)

*レス終了致しました!ありがとう~m(__)m


f0073639_2191741.jpg


見てきたジョー!
新宿ピカデリーで二度目の鑑賞(プレミア試写が一度目だから)。
しかし・・・ガラガラだったジョー(>_<)
王様だけじゃなく、これも家族で見れるのに~。
高校生男子、来~い!!


*プレミア試写会でもらった3Dメガネですが、新宿ピカデリーでは非対応とのことでした(私がメガネを配っているお嬢様をスルーしようとしたら、呼び止められたので「もってますから」って言ったら「ここでは対応しておりません」って言われたのでした)。なので劇場で配ってるのを借りて、見たあと返しました。
上映中に、自分の持っていったメガネがほんとに使えないのか?って確かめることをしなかったから、それ本当なの?って疑問が残ってるんだけど・・・。












しかし、かっこよかったジョー!
嵐影様、クローズUPが多くてね。
ビョンホンファンじゃない人に「その映画、だれが出てた?」って質問したらば、まず「い・びょんほん」って答えるんじゃない?
確かにブルース様も要所は占めてるんだけど、それほど「ぶる~~~す~~~」ってほどの活躍はしてないし、ましてREDみたいに「引退した彼の仲間」とブルースはロック達に協力するはずなのに、お仲間軍団、いるのかどうかわからない扱いだったしね(笑)。
ビョンホンは分量は多くないけど、印象に残る演出でしたよね。
あの、ファンならだれでも覚えているマスクつけてからの振り向きざま、スネークアイズとの鉢合わせシーン、スローですから!
この扱いは重要ですよね。
プレミアの時は、その前のレカベの余韻があるのでちょっと疲れがでてしまったのですが、今日はじっくり見れました。
前作の嵐影様のセリフには心の葛藤も、彼の心情を現すようなセリフもほとんどなくて、ただ、スネークアイズとの裸の決闘の時の見せ場見たさに映画見たようなもんです。
結果、さされて落ちて行く彼がどんなふうに再生されるのか、見ものでした。
JOE2はビョンホンに「しっかり演技する機会が与えられた」ところがファン的には嬉しい!

前作の「TEAM AMERICA」から今回は真逆の復讐路線。
ドウェインジョンソンのあの肉体を採用したんだから、今回のようなアナクロ路線、肉体重視の演出は当たり前なのかもしれない。
最新兵器同士の戦いだったらあの肉体、無用になってしまうからね。
近代兵器は「核」発射関連のみ。
それ以外の戦い方は、肉弾戦とでもいいますか?
前作の20年くらい前の時代設定みたいな感じがしたのよね~
でも、私は、どちらかといえばそういうのが好きです。
最新兵器だらけで、なんでもできる、なんでもござれ、の設定になるとある意味つまらない、というか食傷気味というか、嵐影が忍者として戦いの場に存在する部分さえも脅かしそうで。

爆破、爆破の連続の中で、刀、手裏剣を使う戦い方が並行して描かれる。
そこがこのコミックの面白いところなんでしょうね。
外連味(けれんみ)って大事ですから!
そんなストーリー展開だっただけに嵐影様の扱いも比重が大きくなったと思われます。
私たちファンにとってはとても喜ばしい展開でした。
忍者軍団、日本の修行の場、なぜか精神修行の場として描かれることが多いヒマラヤ(?)での治療、などなどもしかしたら今作はアメリカ人が憧れるという忍者の世界へのオマージュ?
そんなわけでラストのBGMが「新日本紀行」を彷彿とさせるような曲に聞こえてしまった。

他ブログで読んでいて本日確認!彼の「眉ピク」シーン!ありましたね~!(嬉)
これから見る皆様も、ぜひ、そこ確認してね!

前売りはあと一枚。
楽しみにしてます。
次見たら、また「お!」っていう発見があると思う。

しかし・・・嵐影様・・・三作目はどういう立ち位置なんだろう・・・???


さて!レスしますね~♪
[PR]
Commented at 2013-06-10 17:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-06-13 01:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-06-13 01:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-06-13 01:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-06-13 01:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by juno0712 at 2013-06-17 01:24
★2013-06-10 17:53 の非公開様~

こちらこそ、どうもありがとう~♪

やっぱり前作よりビョンホンの部分は重要なシーンが多かったし、見て楽しかったよね。
さすがハリウッド映画。
このジョーに関しては上映館も600以上、
2位のトムクルーズのは300超の上映館だった。
どれだけこの映画に力はいってるんだか!

チュー監督もよかったね。
こういう大作をモノにして、彼もステップアップしたはず!!

3作目・・・いったい?コブラコマンダー側につくの?なんだかそしたら変な感じだよね。
それに、ビョンホン、どうやって生還したんだろうね。
そこ、書いてなかったよね。

いろいろと不思議は残るんだけど、もう一回か二回は見る予定なので
楽しんで来ようと思います。
非公開様もそちらの方、全力投球してね~!
Commented by juno0712 at 2013-06-17 02:21
★2013-06-13 01:18 の連続非公開様~

お~IMAXですか!!
そんなによかった?音響ね?
私も一度は行ってみたい!

>映画観た帰りにちょこっと仕事でもして帰ろうか・・・みたいな(笑)

受ける~、いいね!その余裕の感じが(笑)

>ラズベリー賞は貰えないかも(爆)
さらにうける~!(笑)
そうだよね。前作はもらったけど、今回はもらえないと思う(笑)

そうそうジョン・チュウ監督、3作目も引き受けたのよね。
大出世じゃん。
ハリウッドブロックバスターを2作続けて監督できるなんて。
ビョンホンも、3作目、気心のしれた?監督だからやりやすいかもね。

ビョンホンも、まぁまぁ演技らしいこと、セリフもけっこうあるし、だから見る気になってるんだけど、ほんとは彼はこんなもんじゃないからね。
でも、多分、彼が自分からはけして選ぶことのないシナリオをこんなに長くやってハリウッドシステムの洗礼を受けたんだから、記念すべき作品には違いない。
これで、世界的にも名前が知られたわけだしね。

Commented by juno0712 at 2013-06-17 02:22
続き~

東京の嵐影一族ね!(笑)
東京にあったんだね~
なんか不思議な空間だったね。
外国人がいかにも考えそうなフュージョンな日本。
忍者の一族なんだろうね。
あの赤い忍者、やっぱり嵐影の従妹だったよね?
私もそう思ってみてたんだけど、どこかで違うこと書かれてると、あれ?そうかも?ってこのあたりの相関図、よくわからん。

ほんと、嵐影はどこに去って行ったのでしょう?

それにしても、非公開様のこのあたり・・・
全然知らなかった。
なるほど~
ものすごく緊張したんだろうな・・・
読んでてこちらがドキドキしてしまうわ。
彼は最初は、英語だって今ほどは流暢ではなかっただろうからね。
いや~緊張の一瞬!
それから、頑張ったんだね~
しみじみ、そう思うわ。

非公開様が言うように、「この映画に出る意味あるのか?」って彼は最初は考えたでしょうね。
でも、どんな映画にも「出る意味なし」ってのはないと思う。
ハリウッドに選ばれた時点で彼は「乗っかろう」と思ったと思うんだよね。
まず自分ではありえない選択が挑戦そのものだから。

Commented by juno0712 at 2013-06-17 02:24
続き~

本当に、あの3番目の名前・・・
すごいよね。
三番目だもの。
世界的に有名か?で計れば、ドウエィン・ジョンソンの方が知名度があるのかもしれない。
でも、キャリアが違うよね。
彼は「ハリウッドでは新人ですから」って言っていたけど、新人扱いなら3番目には来ないわね。
そこはハリウッドが彼にちゃんと敬意を払ってるんだと思った。
何番目に名前が刻まれてようが、彼としたら、REDでお父さんの名前が刻まれる方が嬉しいと思いそうだけどね。

韓国人もけっこうハリウッド映画に出始めてるのよね。
でも、多分、他の人は次が続くかどうか微妙?
頑張って出てくれたJOEがJOE2になって更に認知されて、自分の出演部分を自分の実力で勝ち取った唯一の韓国人俳優!
すごく厳しい路を自分の手で切り開いてるのを目の当たりにしてるから、それも私たちファンは表面しか記事で読めないから、彼がどれほど苦労したのか計り知れないよね。
彼がいうように「どこが頂上かはわからないけれどそれを目指して頑張る」んでしょうね。
ずっと。
私もずっと下の方から登って行ってる彼の背中を見てるって感じかな?

続き~
Commented by juno0712 at 2013-06-17 02:25
ラスト~

ミンジョナ・・・
夫は凄い俳優であることは確かだけれど、それをまったく離れて素でバブバブさせてあげてほしいわね(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by juno0712 | 2013-06-09 23:19 | 映画・ドラマレビュー | Comments(10)

日々の徒然にも脱力目線であれこれと。そしてびょんほん♪


by juno0712