田舎の温泉にて

f0073639_22405417.jpg

f0073639_22415554.jpg

お久しぶりです。
ビョンホン界はどよ~んとした空気が立ち込めておりますが、個人の日常もあれこれありますね。いいことも悪いことも。
旅日記はお暇な方のみお読みくださいませ。

母との一泊二日の温泉旅行は10月五日のことでした。

関東に台風が来るのを避けるように新潟へ。
久々の新幹線に乗って一人で新潟に向かいました。

前日に母に電話をしましたら、修学旅行の前のように楽しみでウキウキしてるって話してたので、こちらも楽しい旅にしなくては!と気合いが入りました。
母と二人で旅行するのも生まれてはじめて。
母と一緒に温泉に入るのも初めてなのです。
幼い頃はおばあちゃん子だった私はいつも祖母に連れられて旅行に行ってました。
実家の仕事がすごく忙しく、母はのんびり娘と旅行に行く暇もなく仕事をしてましたから。

大きくなって私が東京で生活を始めると、母は私のところや兄のところに泊まるか、父と母が一緒に上京するときはホテルに泊まって私たちが子供連れで合流する、というどちらかというと温泉ではなくホテルで過ごした記憶しかありません。
その上、恥ずかしながら私のポケットマネーでご招待するなんて生まれて初めて(笑)!
ほんとはもっともっと母や両親を連れていろんなところに行けばよかったのに、ついつい小金持ちの母にお財布はお任せのこれまででした。
もう87の母だし、ある日、ふと、新潟の母にただ会いに行くだけではなく隣り町のあの馴染みのある温泉で母と過ごそう!と思いつき初めて実行した次第です。
親孝行も元気なうちにしておかないとね。
幹事として、母を楽しませなくては!と張り切った私でした。

マメに写真を撮ったりしなかったので全然画像がないのですが、数枚の写真を頼りになんとか記事を書いてみます。

繰り返しますがお暇な方だけよろしくね。

まず、兄の家に行って久々に母に会ったら、なんと、母は痩せてきれいになってました(笑)。
我が家では食べたいものを少しずつ食べさせてましたが、兄の家では我が家に比べてもっともっと野菜中心で量をたべないのよね。
お茶碗半分くらいの量かな?
母と電話で今まで話しているといつもお腹がすいてると言ってたのですが、体重が落ちて、体の負担が無くなり、腰は曲がっているものの足取りは我が家にいるときとそう、変わっていませんでした。
数キロ体重が落ちたらしいけど、姉、さすがだわ。
それに兄の家ってもともと、ほとんど間食しないのよね。

それも大きいね。
果物好きな母は果物に飢えていたようですが、我が家の時と比べて自由に食べさせるのではなく、食事の時にほんの少しだけ。
管理しないとだめなんだねー。
体だけではなく話しても生き生きしていてとても元気でした。
一時間ほどみんなでしゃべってホテルへ。
兄のところからは車で20-30分くらいの場所です。
小高い丘に向かって走ると奥の方に大きなホテルが見えてきました。


泊まったのはホテル小柳。HPはこちら
昔ながらの大旅館です。
日曜日に泊まり、月曜日にチエックアウトしましたが、まあ、混んでること!
中居さんに聞いてみましたら、お盆明け以外はずーーーっと忙しいらしい。
それでもまだ、今は忘年会前なので余裕があるとのこと。
新潟は紅葉も始まっていましたから、温泉に入りながら紅葉を愛でて…の予定でしたが台風のせいで強い雨が降っていて、窓を開けることもできず、でしたが夕食の時間まで母と話したり、持ち込んだカンジファンのDVDを見たり。
前もって旅館には、DVDプレイヤーを貸して下さいと伝えてありましたから。

f0073639_7142349.jpg


旅館って、窓際に応接セットのようなもの、置いてますよね?
もちろんこの旅館もそうでした。
割りと広めのこの応接スペースでしたが、母がここに座ることもなく夕食まではカンジファンタイム!
画像は応接スペースから母を撮ったもの。
何度も見てるのか、「恋の花火」の台詞をブツブツ呟きながら、私に人物の相関図を一生懸命説明してくれる母。
はっきりいって全く興味なく生返事してました(笑)

夕食の時間までお茶を飲みながらあれこれ話したりもしました。
兄や兄嫁に対してのぼやきを適当に聞きながら、なんだかんだ言っても母が健康でいることはありがたいことだ、と思ったり。

実は今、母は週に四日、デイサービスに通ってるらしい。
要介護1らしいのですが、記憶が一部あいまい?なのか?
手紙でも電話でも会って話しても以前に増してしっかりしていてどこが要介護?と思えるほどなのですが、会社の同僚に聞いたら、都会と田舎では施設の余裕度が違うので、なかなか都会だと要支援とか要介護の判定は出してもらえないのよということらしい。

母が一部記憶があいまいということで今のデイサービスを使えるようになったのですが、日常ほとんど不都合を感じないならケアマネさんに判定してもらうということは、私と一緒ならすることはなかっただろうな。
あくまでも申し出ベースですからね。
兄の家で、とてもいいケアマネさんで、今の場所はショートステイもできて、母も満足してると。
なるほどねー
兄たちは少しずつ少しずつそういう施設に母を慣れさせてショートステイもさせて、ゆくゆくは施設暮らしを想定してるのでしょうか?
私が面倒をみてるわけではないので口を挟みませんがなんだか微妙な想いが沸々と沸いてきます。
そういう想いとは、つまり、私の中に「介護施設に預けられるのは気の毒に」っていう先入観があるんでしょうね。
しかし母の話を聞いてると、週に四日のデイサービス、最初は本当に嫌で嫌でしょうがなかったらしいけれど今は楽しいんだって。
自分よりなにもできないお仲間に針仕事を教えてあげたり、漢字やことわざを教えてあげたり、それで感謝されたり、施設の方に誉められたり。
張り合いがあるらしい。
しかも、ピアノ弾いたり歌を歌ったりすることも好きなのでよく、歌って~って頼まれるらしい。
演歌や民謡が嫌いな母ですが、直近で歌った曲は、カンジファンが、日本のファンミで日本語で歌ったラブバラード!(笑)
誰も知らないよね!
まわりのお年寄り、ポカーンとしてただろうね(笑)

デイサービスで、施設の仲間や職員さんとも楽しくやってることはすごくいいことですよね。
母は自分からは知らない老人たちの輪に入るのは、ものすごくいやがっていたので、すごくいい変化だと思います。
人と会って刺激のある生活がてきていて、それが楽しいんだからよかったね!って言ってあげないとね。

どういう環境であれ、私の想いは置いといて、母が楽しく幸せでいればいいんですよね。

f0073639_218099.jpg

f0073639_2183640.jpg

f0073639_2185217.jpg

f0073639_219749.jpg

f0073639_218099.jpg


部屋での食事は今、別料金がかかるの、知らなかった(笑)。
いわゆる旅館に泊まったことさえ〇年ぶり!
このメニューは豪華なようでランクで言えばスタンダードクラス。
魚の煮つけは「ノド黒の煮つけ」
新潟ではおいしい魚ですわね。
私はなんと言っても「かきのもとのお浸し」が美味しかった!
新潟では食用菊のお浸しをよく食べるんです。
シャキシャキとした歯触りとほのかな菊の香りが最高です。

鮪の刺身は大トロ。
3切れで充分なくらいまったり。
母も久々の豪華な食事(笑)で嬉しそうでした。
もちろん全部は食べることができず、最後のマツタケの釜めしはお互い、一口食べるのがやっとでした。

いや~久々の旅館での部屋食、堪能いたしました。
どれも大変おいしかったです。

とにかく大旅館なのでロビーから部屋への移動、部屋から大浴場への移動、部屋から朝食バイキング会場への移動、どこに行くのもかなり歩くのです。
私にとっては大したことのない距離ですが、母には大変な距離。
それで旅館には車いすを用意してもらって、異動はすべて母を車いすに乗せて私が押して異動しました。
母は初めて車いすに乗って照れてました(笑)
抵抗はなかったみたい。
大浴場に行くのも考えてみれば母とは初めて。
デイサービスで、お風呂にも入っているせいで母も抵抗もなく、のんびりできました。
よくあるガラス張りの大きなお風呂でしたが、10時近くに行ったせいか、がらーんとしていて、人に気を使うこともなく入れました。

部屋に戻ってから並んだ布団に入って何だかんだと話しているうちに私は寝てしまったのですが、母は私の寝顔を見て、亡き父にそっくりだわ~って思っていたんだとか。
「また幸子のところに行きたいけどもう無理かな~」とも考えたりしてたらしい。
いえいえ、お母さんさえ元気なら、また我が家に来て気ままにすごしてほしい。
でも、移動が遠すぎるのが問題かな~

翌朝はビュッフェ形式の朝食を食べにまた、車イスで移動。
母はパンとスープ、果物を少し、私は和食の朝御飯。とろろが食べたくて(笑)

チエックアウトの頃は雨が強かったのですが、車寄せも広くて濡れずに兄の迎えの車に乗ることができました。

台風の様子をみるために昼頃まで兄の家で待機していましたが、台風の影響もなく帰ってこれてよかったです。

戻ってきて二日後には母から手紙が届いていて、すごく楽しかったから、毎年計画してほしいって書いてありました。
予算組んでおかなきゃ!(笑)
[PR]
Commented by きく at 2014-10-19 22:56 x
のど黒~~~~
西日本では、浜田に時々のど黒買い出しドライブします。
おいしいですよね。
お母様との旅行うらやましいです。
私は実家が車で20分くらいのとこなので、
日帰り温泉行かない?と誘っても、めんどくさがります。
着ていくものを悩むらしい・・・・・・
そして、帰りがけには必ず、
あんたが体に気をつけて頑張らんと!とプレッシャー!
はいはい!
83の母に叱咤激励されてる娘って~~

いつか、ひきずってでも、連れて行きたいです。
600円ですけど・・・海のそばで食事もおいしいです。
Commented at 2014-10-20 09:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by momoryu0712 at 2014-10-20 21:38
junoさん、こちらにも♫

お母様、喜んで下さったようで良かったですねー!
毎年連れて行って、だなんて嬉しいですね (*´▽`*)
junoさんが色々とお母様のことを考えて差し上げていらっしゃたのが
よく伝わって来ました。
凄く良い旅になったようで、私まで嬉しくなりました。

ノドグロ!
私は一度も食べたことないんですけど、今年の東方神起のツアーで
新潟公演の前に、東方神起を気に入って下さっている
新潟のラジオのパーソナリティの方が、新潟に来るファンに
ぜひ食べて欲しい物として上げていました。
いつか機会があったら食べてみたいなーって思ってました^ ^

デイサービスの件…娘としては色々考えてしまいますね。
でもずっとお家に居るだけよりも、沢山の方達と接する事は
とっても刺激になって良い事ですよね^ ^
お母様がいつまでもお元気でいらっしゃいますように!

Commented by juno0712 at 2014-10-26 21:25
※きくさま~

のどぐろ知ってる???
浜田とはどちら地方でしょう?
すごくまったりしたお魚で、仲居さんが「ノド黒は塩焼きにしますか?煮つけにしますか?」って聞いてくれた時に私は断然塩焼き派なんだけど、母は煮つけが好きなもので煮魚にしたのです。
他のメニューがたくさんあるのでノド黒は一人分しか頼まなかったのよね。
老人も、年を取ると外出をすごく面倒に思うんでしょうね。
母だってそうでしたよ。
でも、無理やりでも連れていくとそれはそれで楽しいはず!
ぜひ温泉に連れて行ってさしあげてくださいね。
Commented at 2014-10-26 21:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by juno0712 at 2014-10-26 22:02
※2014-10-20 09:38 の非公開様~

昔ながらの旅館でした。
カードキーじゃなくて鍵でした(笑)
窓辺には応接セットもあったよ。定番。

ところどころは古いけれどきれいな旅館でした。
もちろん卓球台もありましたよ(笑)

ノド黒は塩焼きが美味しいよね。
煮つけもおいしいけど、けっこうまったりしすぎて私は塩焼き派だわ。

ほんとよね。
差し入れ、こういう時こそやってあげたいよね。
どなたかしてあげなかったのかな・・・
全国紙!そうだよね!

韓国ってほんと、なんなんでしょうね・・・
同感です。
まったくです。
どうなってるんだろうね。あの国は。

Commented by juno0712 at 2014-10-26 22:10
※ももちゃん~

そうなのよ。すごく喜んでました。
16時ごろにチェックインして10時にはチェックアウトしたからそう長く一緒にいたわけではないけど、二人きりだったから充分だったわ。
いろいろ話もできたし。

ノド黒をすすめてた?!
へ~!!
おもしろい~
そういえば、こちらでノド黒っていう魚は売ってないよね。
多分買ったらそう安くはないんだと思う。
食感はムツに似てるように思う。
私はノド黒より、村上あたりのシャケが好きだけどね。

デイサービスはいまのところ、母が喜んで行ってるのは確かなのでそれでいいんだと思う。
でも、ショートステイとか、それがロングステイみたいになったらどうなんだろう?などと思うけど。
それでも母は家にいるよりいい!って言うんだろうか?などなど複雑だわ。

とりあえず、刺激のある生活なのでそれはとてもいいと思うんだよね。
来年も・・・行けるかな~
Commented by juno0712 at 2014-10-26 22:16
※2014-10-26 21:44 の非公開様~

そうですよね!
ファンも元気づけられたと思います。
もちろん私も。

お~そうでしたか~
そうだったわ。あそこだわね。

ノド黒、1300円で20センチくらい?
なるほどね。
私、〇十年もノド黒を買ったことがないので多少高い、とは思っていたけど知らなかった。
そう!塩焼きがおいしいよね!!
あ~塩焼きで食べたかった~!!
今度は塩焼きにするわ!

お母様、いちおう行きたい場所はあるんですね(笑)
そういう情報、積極的に言ってくれればいいのにね。
でも、行ければいいけど、行けなくてもいい。って思ってらっしゃるのかもしれませんね。
こっちは連れて行きたくてしょうがないのにね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by juno0712 | 2014-10-19 22:16 | じゅの家ネタ♪ | Comments(8)

日々の徒然にも脱力目線であれこれと。そしてびょんほん♪


by juno0712