後宮の秘密 面白かった~!

f0073639_03043748.jpg
この映画、以前、「日韓映画文化交流会」で上映した映画ですね。
キムデスン監督を招聘した回でしたね。

CSでやっとこの映画見れました。
いや~面白かった~!
以下ネタバレあり。
時代劇は好きですが、やっぱりこれも権力争い。後継者争い。陰謀うずまくドロドロした世界でした。
すごく印象に残ったのは 衣装、照明、舞台装置(?)が渋いの。
薄暗い感じで、小道具は色を使ってたりするんだけど、玉座や重鎮たちが並ぶ空間、または王様の居室、後宮の居室、などなど、
地味でそれほど色も使ってなくて、すごくリアルに見えました。
「王になった男」のインテリアが嘘っぽく見えてしまう感じというか。
もちろん「王になった男」も史実に基づいて作品を作ってると思うし、見ていてまったく違和感は感じませんでした。
でも、この映画の見た目の渋さ、よかったわ~

で、内容なんですがかなりサディスティックでエロティックです。
R15だと思いますが、16歳以上でもちょっと大丈夫?っていうくらいにハードな部分あり。
しかも床入れの儀式の仕方、初めて「お~こんなふうにするのかも~」って思いました。
寝室のまわりにたくさんの人がいて、「王様、まずは王妃様の下唇を舐めてお吸いください」とか「へその下を撫でながら玉茎をつかんで挿入してください」とか指示する家来がいると言う…!!!

王宮の中で、いつ暗殺されてもいいくらいの一番不確かな存在であった主人公の後宮。
大妃様の権力、王様の葛藤と後宮への激しい恋慕。
そして今は宦官になって使えている元恋人さえも利用する後宮。
大妃、王様、元恋人が自分とはまるで関わりのないところで仕組まれたような陰謀に嵌って
死んでいく。
ラスト…自分よりも背の高い玉座によいしょ、と登って座ると満足げに母親を見る幼子。
それを見る母親(後宮)…

おもしろかった~

[PR]
by juno0712 | 2015-11-10 03:29 | 日韓映画文化交流研究会

日々の徒然にも脱力目線であれこれと。そしてびょんほん♪


by juno0712