マスター@びょんほん舞台挨拶

f0073639_02231239.jpg

☆画像はすべてKスタイルより。

こんばんは。
マスター見てきました。
びょんほんさんにも会えました♪
微妙なコーデイネイト?(笑)
でもスッキリして素敵でした。
なんと今回は撮影オーケー!
SNSで拡散してくれと!!
やったね!
しかし、私のスマホ、ぜんぜん撮れなかった、ピンぼけばかりで。
友人からもらった画像は↓↓↓

f0073639_02261514.jpg
ありがとー♪

以下、びょんほんさんのコメントをざっくりと。

どのスクリーンに行っても満席で胸が一杯です。
韓国では 今 一本の作品がその映画館で全部かけられてるというのは独占してしまうことになるのであまりよくない現象とされているが、今日は試写ということで、一日に限られていますので大勢の皆さんが理解してくださると思います。
先程、海外の俳優としてはスクリーンジャックをするというのは私が初めてだとうかがいましたが、今日は試写上映をしていただける、私の作品を上映していただけるわけですので俳優としてはホントに光栄でありがたく思ってます。
詐欺師というのは、誰が見ても詐欺師と思われないのが本物の詐欺師。
この映画のなかでチン会長が何万にんもの会員の前で会員たちを説得する、非常に真実味を持って説得するシーンがあるが、それによって会員たちの財布のひもを緩めさせるシーン、そのシーンは劇中の人はもちろん、見てくださる観客の皆さんの心を掴まなければいけないと思ってました。
ですのでこのシーンはとても大事なシーンで、私も監督も精魂込めて作ったシーンです。
フィリピンのシーンで、セネターと呼ばれている議員ご出てくるが彼は実際にも市長でもあり、今は国会議員になっている。
その方は若い頃俳優もしていたので政治をする傍ら、時々演技をするのがお好きだそうです。彼と演技できてよかったです。
実際に韓国であったこと、史上まれに見る詐欺師の話なので、こんなこと実際にあったんだ、こんな悪い人がいたんだ、と考えながら見ればより映画に集中できると思う。
楽しんでください。


私のスマホではクリアに写真が撮れなかったので、ずっとピンぼけ動画を録りまして、それをざっくりと書き起こしてみました。
いやー、びょんほんさん、この役、ほんとによかったわ。
相当なゲス野郎なんだけど(笑)安っぽさも姑息さも大胆さも残酷さも持ち合わせているキャラ、しかもとても見てくれがよくて、色気もある、実年齢より10才くらい上の役、本当にはまってましたね。
映画見ながら、びょんほん、50代もかっこいいだろうな~♪って確信しましたね。
映画のストーリーも濃いです。
面白いです。
実は、お昼前にコンユ主演の新感染という映画を観ていて、さすがに2本めは疲れたのかマスターの途中で何度か寝てた(爆)
マスターって500万人くらい行きましたっけ?韓国で。
コンユの新感染は2016年韓国での観客動員第一位なのよね。
1150万人とか。
新感染はおびただしいゾンビたちとの戦い、どんどん主要キャラも殺されるんです。
でもシンプルなストーリーなのよ。
マスターはチン会長を取り巻くキャラたちが、誰が裏切るの?寝返るの?味方なの?みたいなシーンがあるから真剣に見てないといけないんです。
そんなわけで新感染はうわー!!とかキャッ!!とかギョエー!!とかドキドキしながら画面の迫力に、身を任せてればいい感じ。
そんなシンプルさが大ヒットに繋がったのかな。
コンユ、超スタイルいいし、マドンソクは最高に男らしいし、これも面白かった。

マスターが終わって…エンドクレジットも終わって…そのあとが必見!!これは笑ったなー
なので最後まで席から立たないようにね。
ダルスさんも出てましたね。
私、チン会長演じるびょんほん、好きだわー♪
特筆すべきは、チン会長がフィリピンで土地の議員と折衝するんだけど、その時の英語が!!!
思いっきり中国系の英語というか、あのネイティブばりに話せるびょんほんの英語がめっちゃ癖のある英語なんですよね。
キャラ作り、リアルだわー♪
カンドンウォン、キムウビンもよかったよ~♪
キムウビン君、闘病中なのよね!
がんばれー♪

11月…密偵と同じ日に見に行こうかしら…(笑)


[PR]
Commented by ringomikanpapaiya at 2017-09-06 15:42
ジュノさん、お久しぶりです。

舞台挨拶参加されたのですね! 生ビョンホン、うらやましいなぁ~
ファッションはチン会長っぽいですネ^^

『マスター』は三人が主役ですが、ビョンホンさん一人で早々と来日してくれたことが嬉しいです。韓国では700万人いきましたよ。

向こうでは字幕なしで観たので、話の内容がイマイチわからなくて…。
出演シーンは多くはなかったけれど、出るたびにインパクトが強くてバクバクしながら観ていました。今度はちゃんと内容をつかみながら冷静に観ます^^

フィリピンでの英語のシーンは私も可笑しかったです。わざと癖のある英語を話すビョンホンさんの役作り、最高ですよね。

『釜山行き』が『新感染 ファイナル・エクスプレス』と名を変えて日本公開なんですね。この邦題、いいですね。韓国で大ヒットして映画館も若者でいっぱいでした。去年の夏観たとき、あまりのゾンビの多さに気持ち悪くなりました。列車内で起こる事件にハラハラしました。この映画で若いカップルが出てきますが、女の子が『シングルライダー』で共演したアン・ソヒなんです。この人はこっち(新感染)のほうが役に似合っていました。

11月に「マスター」と「密偵」、私も同じ日に観ます。




Commented by juno0712 at 2017-09-06 18:41
☆お久しぶりです~♪

生びょんほんさんに会えました!
特に笑いをとるようなコメントではなく真面目なコメント言ってましたけど、ちょっと七三分けの髪型が残念でしたがいいお顔でした!
10スクリーンをジャックするなんていい企画ですよね~
あ、びょんほんの出番が少なかったんだっけ!
わたし、あんまりそういう風には感じられなかったわ。
なんせ、最初からびょんほんのキャラはものすごくimpactがありましたもんね!
カンドンウォンやキムウビン、三人主役というより、やはりびょんほんのイメージが強い映画だと思いました。
昔から、びょんほんには、超大物で、ものすごくワルで性格も最悪なゲスな役をやってほしい!ぴったりなのに!と思ってたので、まさにぴったりだと思いました。
しかも、フィリピンでのチン会長のいやらしげな感じがなんとも言えなくて(笑)
インサイダーよりもはまってると私は思いましたわ♪
そう、新感染、アンソヒ、出てましたね!
以外とちょこちょこでてるわね。彼女も。
新感染の方が最後までシンプルに楽しめるのかもね。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by juno0712 | 2017-09-05 02:22 | マスター | Comments(2)

日々の徒然にも脱力目線であれこれと。そしてびょんほん♪


by juno0712