2011年 03月 31日 ( 1 )

雑感

寒いですね~

もうすぐ櫻の季節には違いないけどまだまだ夜は寒いわ。
節電中ですが、もう少し我慢ね。

娘の結婚式まであと二か月を切りました。
様々な細かい打ち合わせがあるらしく、本人たちは何かと忙しいらしい。

実は今日から娘は新居での生活です。
明日、二人で入籍するとのこと。

(異動の多い時期のために)新居を早めに決め、家電から細かなものまでほとんどの搬入を済ませ、彼氏は先週から新居に住み始めています。

そして娘は昨日、今日、明日と会社の休みをもらい、
転出届、転入届、入籍、結婚式の打ち合わせをするとのこと。

そんなわけで昨日は家族そろって独身最後の娘を囲んでお寿司屋さんに行きました。
(娘のおごりだった(笑))
特に感傷に浸るわけでもなくいつもの家族の外食風景でした。
おなかいっぱいになって最後に娘は父親(夫)、母親(私)、弟(息子)としっかり握手。
「まぁ無理しないでがんばりなさい」などと声を掛けつつ家に戻りました。

とにかく、今回の結婚では、嫁ぐ娘の母としての出番は何もなく、
二人でなんでも決めてました。
それは平日は仕事、週末は悪魔を見に行ってる忙しい私への配慮・・・ではなく、
すべて二人で決める・・・そんなスタンスを感じました。
結婚前の母と娘といろんなもの、あれこれ決めたりするんじゃないの~?なんて
思っていた甘い妄想も、ほんと妄想だけで終わってしまいまして
私たち親がやったことと言えば多少の経済的援助のみ。

今朝、お赤飯を炊き、彼と二人で式の打ち合わせに行ってから新居に行くという娘に持たせました。
夫は毎週のように、娘につきあって娘の荷物を車で運んでたし(私も二回ほど行きましたが)
本人たちがそうしたかったとはいえ、あまりにも母として何もやってあげなかったことが
なんとなく申し訳ないような・・・

そんなことを思いつつ、いつものように帰宅して、バイトの終わった息子は居間でテレビ見てて、私はいつものように夕飯を作りながら洗濯をはじめたんだけど・・・

その時、乾いた洗濯物をたたむのはいつも娘で 干すのは私で、
だらだらしてる娘を叱ったり、たわいない話をしたり、仕事のうっ憤を晴らしたり・・・
娘と話をしながら忙しくうろうろしてた日常だったのですが
無言で事を運んでる私ったら、その時はじめて「あ~今日からいないんだ~」って実感したんですよね。

娘も帰宅の遅い日もあったので、私ひとりでこの時間に家で家事してることも当たり前だったんだけど、確実に今日の家の空気、違うのよね~

めっちゃ寂しいんですけど~(T_T)

そしたら息子がプレステ3の手も止めずに言った。

「あ!M(娘)からみんなにそれぞれ手紙あるよ」だって。

出たー(T_T)




東北地方太平洋沖地震 募金・ボランティア募集の活動 一覧表


今の状況・・・これから結婚式をあげようとしている本人たちも、私たちも「幸せであること」実感しますね。本当に。
[PR]
by juno0712 | 2011-03-31 22:18 | じゅの家ネタ♪ | Comments(33)

日々の徒然にも脱力目線であれこれと。そしてびょんほん♪


by juno0712