カテゴリ:ビョン×ジウン( 15 )

密偵も11月公開!

f0073639_17525714.jpg

密偵も11月に公開だそうで、マスターと同時期だといいな♪
ビョンホンはほんとにカメオ出演というかほんの少ししか出ないみたいだけど、衣装着てメイクしただけで雰囲気抜群!
さすがびょんほん♪
ちょっと昔のエピソードですが↓↓↓↓↓WowKoreaより

映画「密偵」で8年ぶりに共演したイ・ビョンホン&ソン・ガンホ!アドリブ演技に爆笑!

現在、韓国で大ヒット中の映画「密偵」で、8年ぶりの共演を果たした俳優がいます。

それは、主演のソン・ガンホと、特別出演のイ・ビョンホンです。彼らは、8年前に公開された映画「グッド・バッド・ウィアード(邦題)」で共演したことで知られています。

映画「密偵」でビッグな再会が果たされることが伝えられた時から注目が集まっていました。

劇中、ソン・ガンホは、朝鮮人でありながらも日本の警察という身分のイ・ジョンチュルを演じ、イ・ビョンホンは、義烈団団長のチョン・チェサンというキャラクターを演じました。

2人が上海で会うシーンは「密偵」の最高のワンシーンと言われていますが、撮影秘話として、こんなものがあります。

まず先に声を掛けたのはソン・ガンホ。イ・ビョンホンに向かって「大きくなったな、義烈団の団長さんにもなって。」と、挨拶をしました。



撮影終了後にはイ・ビョンホンが「ここで即興で演技してもいいですか?」と尋ね、「さぁ、モヒートを持ってこい」と、8年前の共演映画「グッド・バッド・ウィアード」を彷彿とさせるセリフを言い放ち、現場を笑いの渦に巻き込んだといいます。





大御所俳優だから成せる、この余裕!

実際に、映画「密偵」に、イ・ビョンホンが登場したシーンでは、劇場のあちこちから「オーッ!」という声があがっていましたよ^^

上のエピソード、私知らなかったわ(笑)
おかしい~(笑)
がんほさんとびょんほん、GBW以来で、こんな挨拶してたんだね(笑)

でもさ、「さあ~モヒートを持ってこい」っていう台詞は、GBWを彷彿とさせる台詞じゃなくて、インサイダーの台詞じゃないの?
チャンイ、モヒート持ってこいってセリフあったんだっけ?


↓↓はジウンさんのコメント、これも面白い。
二人が「密偵」で共演するシーンは、緊張感あふれるやり取りをしていたイ・ジョンチュル(ソン・ガンホ)、キム・ウジン(コン・ユ) の間で重要な転換点となる部分だ。チョン・チェサンとイ・ジョンチュルは深夜まで一緒に飲み、妙な神経戦を展開するが、結局は少しずつ心を開き始める。火花が散るような緊張感とキム・ジウン式のブラックコメディが同時に感じられる名シーンである。

「実力者同士の共演を見ていたら、僕も楽しくなりました。コン・ユさんも観客になった気分で二人の演技を見ていたとか。僕もそうでした。何もしなくても、ただ視線の向け方、呼吸の仕方、台詞のトーン、互いを見つめる姿だけで、ワンシーンを完璧にコントロールし飾っていたのです。すごいことですし、驚異的です。スタッフ同士ではあまり心にないことを言ったりしないのですが、イ・ビョンホンさんが撮影した日、スクリプターが『監督、本当に良いです。このシーン、本当に良いです』と言いました(笑) うちの現場が面白かったのが、俳優もスタッフもみんな帰らなかったです(一同爆笑) その日もみんな帰らずモニターの周りに集まって二人の演技を見守っていました」

では、8年ぶりに再会した二人のリハーサルはどんなものであったのだろうか。映画では一匹の龍と虎のような二人だが、カメラが回っていない時は「グッド・バッド・ウィアード」のパロディをしながら冗談を言っていたという。

「リハーサルの時も面白かったです。二人で『パク・チャンイ(イ・ビョンホンの「グッド・バッド・ウィアード」での役名) だ』『生きていたんだ、パク・チャンイ』と言い、冗談を言っていました(一同爆笑) パク・チャヌク監督はそのシーンについて『JSA』を思い出すと言っていました(笑) ソン・ガンホさん、イ・ビョンホンさんに会ったのが8年ぶりなんですよね。8年後にはさあ…二人を連れて『悪魔を見た2』を撮ってみましょうか? (笑)」

悪魔を見た2…いやぁ、見たいか?と聞かれれば、うーん…
でもジウン監督でまたびょんほんを撮ってほしい!
この義烈団の団長役、ちょい役にはもったいないくらいかっこいい。
そして耽美的。
ジウンさんはびょんほんを耽美的に撮るもんね~
それが一番びょんほんを美しく魅せるよね!
さすが恋人!(笑)

[PR]
by juno0712 | 2017-08-16 17:52 | ビョン×ジウン | Comments(2)
f0073639_22294907.jpg

f0073639_22301067.jpg

出処も、情報自体も不確かですか、ビョンホンとミンジョンが出席している誰かの結婚式であることは確か。
甘人で共演したキムヨンチョルさんも見えます。
どうもキムヨンチョルさんの親族、おそらくご子息かお嬢様かの結婚式らしいのですが、一枚目の画像のジーンズの方はジウンさんだよねー♪
相変わらずラフですこと!(笑)
五月中旬あたりのことでした。

ミンジョンと共に、セレブリティなパーティとか内輪のパーティとか一緒に頻繁に出席してるのねー。
さっきまで過去をいろいろ追ってました。
映画の撮影中は身動きとれないほど忙しいでしょうから、その合間はゆっくり休む暇がないぐらいね。
ビョンホンクラスになると日々大変なんだわー119.png

ジウンさん、お久しぶり。
ジウンさんは結婚しないのかしらね?(笑)


[PR]
by juno0712 | 2017-07-22 22:28 | ビョン×ジウン

ベストカップル♪

f0073639_12215219.jpg


びょんほんさん、ディレクターズカットアワードで受賞されたそうで、そのときの画像ですね。

ジウンさんたら相変わらずラフすぎる(笑)
この二人で作る映画、ぜひまた見たい。

びょんほんが初老にならないうちにメロー、よろしく!
[PR]
by juno0712 | 2016-08-13 12:17 | ビョン×ジウン | Comments(0)
お久しぶりです。
内村くん!!
個人総合金メダルおめでとうございます!!
いやー、ほんとにすごかったわね。
あの逆転劇、何度見ても感動します。
まだまだこれからも期待します♪
ニッポンがんばれ!!

で。
ジウン監督の「密偵」なんだけど、ソンガンホとコンユって聞いて楽しみにしてました。
なにしろジウンさんの久々長い映画(笑)!
ぜひともヒットしますように、と願ってます。
ジウンさん、コンユをもしかしたら、ビョンホンとして想定してたんじゃないかなー
いや、コンユに悪いね。
でもジウンさん、ビョンホンを想定してたよね、絶対…
びょんほん、なにかと今 忙しかったしジウンさんの映画に出るにはタイミング合わなかったよね……って思っていたら!!!!

いやーん!友情出演?
カメオ出演?

よくわからんけど、めっちゃ素敵なんですけど!!!

f0073639_18541439.jpg


f0073639_18541712.jpg


なに?!
この耽美的な彼ったら!!
ジウンさん、こういう美しいびょんほん、得意だもんね。
ジウンさんが描くびょんほんはまさにこれ!!

インサイダーの彼より撃ち抜かれますね。
出演シーンは少ないんでしょうけどものすごく印象に残りそう!!!

これは日本に来たら見ますよ!
来るよね?
その前に韓国で大ヒットお願いしますm(__)m

びょんほん、年を重ねてどんどんかっこよくなるわね。

びょんほん情報も他blog様で追ってましたが、まずは、カウボーイの彼だね。
これも早く日本で見たいわね♪





[PR]
by juno0712 | 2016-08-11 18:38 | ビョン×ジウン | Comments(0)

CM好感度TOP10!

f0073639_22122813.jpg



こんばんは。
本日は体力的に余裕です(笑)。
台風も過ぎ去りました。
私は、いつも使っている私鉄がアウトだったので今朝は迂回して会社に行きました。
で、いつもと同じ時間についたわ。
よかった~
通勤時の朝の風はさすがに強かったですよね。
ビル風のせいで、全然前に進めなかった・・・
少なくとも我が家地方は特に被害はでてないみたい。
皆様のところは大丈夫でしたか?


今日は、CMの広告モデルとしての好感度ですか?
ビョンホンは7位だわね。
いや~それにしても、本業はほとんど休眠状態のウォンビン君、強い~!
いまだにイスンギが上位にいるのはちょっと驚き。
普段、ビョンホンしか追ってないからそれ以外の俳優さんは、映画に出てるとか、ドラマに出てるとか、そうでもなければ韓国事情がわからないのですが、ビョンホンの活躍から行くともうちょっと上でもいいような気もしますが、今はVEGAのCFに出ているほか、NAUTICAもやってるし、ネスカフェとか、BullsOne?あ、現代自動車のCFは契約終わったのかな?

CMにどれだけ出てるかっていうのは「旬」を図るバロメーターだと思うのですが、もしかして、契約料のランキングでいったら、ビョンホンは相当上位にいるのかもしれない。(もしかしたら一番かも)
相当移り変わりの激しいスター(俳優)の世界。
露出を強いられる世界でもありますが、「俳優」としてのステイタスはすでに確立している彼ですから、たくさんCM契約が決まればそりゃ嬉しいけれど、もちろんCMはイメージメイキングという大事な役目もありますから、オファーの中から選んでると思う。

彼の出たドコモのCM、RAV4のCM、あの頃は夢中になって追っかけてたわ。
ドコモのCMなんて、面白いコンセプトでしたよね。
あれ、相当ドコモに貢献したんじゃない?
そういえば、ひところより、韓国の歌手や俳優が日本の商品のCMに起用されるってのはずいぶん少なくなった気がする。東方神起くらいしか思い浮かばないわ。

こういったCMの他にも、最近の彼は〇〇広報大使的なお仕事もすごく増えていて、ありがたいのかもしれないけど、ほんとは俳優業だけに注力したいんだろうな~って思ったりもする。
でも、キャリアのある彼ですから、私が「本当は・・・」なんて考える必要なんてないわね。
BHエンタの看板俳優でもある彼ですから、いろんなお仕事しながらイメージを作っていくことも大事なことだよね。

ジウンさん・・・いつかビョンホンのCF撮ってほしいな。
めっちゃ耽美的なムード満載のビョンホンを。(商品は、え~と・・・)
いや、ジウンさん自体がとってもフォトジェニックな方だと思うので、本人が出るのでもいいと思う!
パソコンとかタブレットのCMとかで。
しかも自分が監督するってことで。
面白いのが作れそう・・・だと思いませんか?(シーン・・・(笑))
タブレットの中のおびただしいビョンホン画像をにた~って見つめる・・なんてことは採用されないわね!(笑)

f0073639_238787.jpg

[PR]
by juno0712 | 2013-10-16 22:59 | ビョン×ジウン | Comments(0)
f0073639_21123228.jpg


本日2つめの記事(笑)
TOP CLASS 5月号の一部翻訳です。
ジウンさんのところだけ抜粋♪


もし韓国の俳優と監督がハリウッド映画に出会ったなら、韓国映画史に残る素晴らしいと見事な場面があるに違いない。
イ·ビョンホンの前に会ったキム·ジウン監督も欲を表わした。

"イ·ビョンホンのようにすれば、それよりも良いことがないでしょう。
ハリウッドでも主演級俳優じゃないですか。ハリウッドのシステムで私と完全に呼吸を合わせることができるイ·ビョンホンのような俳優と一緒なら理想的でしょう。
これでハリウッドに第一歩を踏み入れたから、私は他のハリウッド俳優たちにも関心と好奇心が多いです。
例えばブラッド·ピットやライアン·ゴスリング、ジェイク·ギレンホール、ジョセフ·ゴードンレビット、ジョシュ·ブローリンのようなスターたちですね。
もしそのような俳優らとイ·ビョンホンが一緒に登場した韓国と米国の俳優たちの演技対決を見ることができればどのようぴりっとしますか? "


※一応ジウンさんのおっしゃる俳優さんたちの画像を貼り付けときますね。



f0073639_21371517.jpg
もちろんおわかりですね?アンジーの旦那様!

f0073639_2139567.jpg
ライアンゴスリング「君に読む物語」「LAギャングストーリー」 この人も超忙しいですね!

f0073639_2140890.jpg
ジェイク・ギレンホール 「ブロークバックマウンテン」の人ね!

f0073639_21413127.jpg
ジョセフ・ゴードンレビット 前作の「GI JOE」のコブラコマンダーの人!「500日のサマー」にも出てた!

f0073639_21424734.jpg
ジョシュ・ブローリン  この人だけ知りませんでした。「MEN IN BLACK」に出てたらしい。
















この翻訳、全部読み応えあるんですが、おそらく未読部分は↑のところだけじゃないかな?

ジウン監督・・・
ハリウッドで、ビョンホン&上記のお歴々のどなたかと共演で監督してみたいってことですね?!
で、その映画でアカデミー賞?
なんてことは冗談!・・・ではなくリアルなドキドキになる日が近いといいな♪


ジウンさん・・・もう相手がビョンホンじゃなきゃ、本気出せないような気が・・・(爆)

当のビョンホンさんたら、静かだな~って思ってたらアメリカ(ワシントン)だったのね!
本当に忙しや~
コリアンシネマイベントに登壇




 


 
[PR]
by juno0712 | 2013-05-15 21:10 | ビョン×ジウン | Comments(0)
すみません!
下の記事書いて、「もう~ビョンホンとジウンさんの永久の愛は終わったの~」ってシクシクしてましたら
皆様からいろいろ教えていただきました。
すばらしく検証していただきました。
「心配ないよ」
「ほら、こんなに仲良しでしょ?」
皆様、教えて下さってありがとう~♪
愚痴る前に自分で探して検証しろよ!って感じですね・・・m(__)m
反省してます。
いたたまれずに新大久保でゲットしたものを記事にしてお茶を濁してましたが(笑)、遅ればせながら教えていただいたことを私も追ってみました。


私、気付いたんですが、今更ですが、ビョン×ジウンのカップルが大好きな方、多いのね~(笑)(笑)
嬉しいことだわ。
私の場合は、仕事上はもちろん、ぷらいべーとでも特別な感情を持ち合ってる、という仲であってほしいと思っているのですが(変な意味じゃなくても、変な意味でも)、意外とそんな方々、予想以上に多いってことなんでしょうか?
ほんと、好きだわ。この二人。

「結婚するほど仲がいいって言われてて」
「オンマルポアッタ」
もう、なんてすばらしいやりとりでしょうね。

教えていただいたの、貼り付けます!




17秒頃・・・「キョロン」って言ってますが意味がわからないのか会場ヤヤ受け。
1分55秒頃の「オンマルポアッタ」には会場大爆笑~♪ビョンホンも苦笑~♪
それにしても、このYOUTUBE,10秒目くらいからビョンホンの話が始まるんですが、私は韓国語、ほとんどわからないので、「音」として聞いてますが すごぉく抑揚がある、というか表情豊かに話してますよね~。
リズムもあるし、意味がわからないのに聞き惚れてしまう、ビョンホンのこの話し方。
ジウンさんが逆に平板に話すタイプだから余計にね。



これは29分もある動画です。
二人の姿は小さいけれど、MCの女性が名前を間違えたところからずっと入ってました。

MCの女性ったら、イ監督とかパク監督とかって言ってるじゃないですか。
するとジウンさんたら「キム・ビョンホンさんは・・・」って話始めて場内爆笑。
ビョンホンが「キム・ビョンホン!?」って言ってるのに
ジウンさんたら しらっと「キム・ビョンホン」って続けてるじゃないですか!またまた場内爆笑~
そのあと、私が恥ずかしながら誤解してしまった部分でして
ビョンホンが「パク監督・・・」だって!!(5分ごろ)
もう、この動画では「どこでキョロンって言ってるの?」「どこでオンマルポアッタって言ってるの?」ってヘッドホンでひたすら何度も聴きまして・・・
ビョンホンの「キョロン」は12分15秒前後!!
ジウンさんの「オンマルポアッタ」は14分08秒あたり!!
ものすごく必死で聞きました。
・・・それがなんだと言うのでしょう?(笑)
意味がなくてもただやりたかったのです(爆)
自分の耳で確かめることで安心したい、みたいな感覚で。

あ~ほんと、この二人、最高♪

ジウンさんも孤独なアメリカ生活一人暮らし・・・本当にさみしかったのね?
ビョンがそばにいてくれれば、って何度も思ったでしょうね?
でも、お互い仕事があるしね。
プロフェッショナルは仕事に私情を挟んじゃだめよね。
お互いそんなことは百も承知ですもの。
ジウンさんは孤独を感じた。
それが彼の作風にどんな影響を与えるのか?
ぜひぜひ、彼の言う、作為的ではない愛を描いてほしいと思います。

教えて下さった皆様、本当にありがとうございました。
ティムとジョニデのようにまた共同作業してほしいな!


*レス遅れてます。週末まで待ってね~m(__)m
[PR]
by juno0712 | 2012-06-28 00:15 | ビョン×ジウン | Comments(0)
昨日、るんるんで帰宅して、ハンドプリンティングの記事で「ほぉ~」って喜び、録画していたKBSワールドをチェックしてまたまた嬉しくなって、YOUTUBEを様々見てましたら・・・

もうご存知と思いますが、ビョンホンったら・・・パク監督だなんてジウンさんの名前、2回も間違えてる動画見て、ガーン!!
ビョンホン・・・敬愛すべきジウンさんの名前 間違えるなんてありえないでしょ・・・
しかもしっかり謝ってないじゃないですか・・・
その瞬間、私、YOUTUBE見るのやめました。

これ、別にジウンさんに思い入れが無ければなんてことはない一コマだったのかもしれませんけど、私の場合はビョンホンとはまた別の思い入れが、とても強い思い入れがジウンさんにあるものですから、ビョンホンにがっかりしちゃったんですよ。

あそこ、ジウンさんに「おいおい」って指摘された時にうまくかわしてほしかったよ。ビョンホンさん。

「れれ???俺、オールドボーイに出たんじゃなかったっけ?」とか
「パ・・・パク・・・ジウン監督?」とか
まぁうまい切り替えしは思いつかないけれど、観客を爆笑させるネタでうまくかわしてほしかったわ。

あ~優しいジウンさん、ビョンホンメインのイベントであることは十分承知だったでしょうね。
大人の配慮で「キム・チャヌクですぅ」なんて言ってくれてましたが。
まさに自虐(笑)

女性MCが間違えたらしいんだけど、それだけでもジウンさんかわいそうなのにね・・・
あまりにさらっとその場をやりすごしたビョンホンさんですが、私はモヤモヤしてしまいました。

仲良しじゃなかったら、この質疑応答の後は、一切何も話もせずに「あいつとはもう仕事するか!」って感じでわかれたかもね。
ビョンホンという人がものすごく礼儀を重んじるイメージが強かったから猶更「え?しっかり謝りもせず?」って意外だったわ。

悪魔以降、ジウンさんもアメリカだし、ビョンホンも超忙しかったし、本当に久しぶりに会ったのかもしれない。
つまり頭の片隅にも「ジウン」っていう名前なかったのかもね。

ジウンさんと来たら、甘人以降、韓国ではちゃんとした映画はビョンホンとすべて一緒に作業してますよね。
合間に短編やオムニバスの監督はしていたみたいだけど。

私は二人がジョニデとティム・バートンみたいな関係になればいいなぁ~って憧れと夢を抱いていたのですが、いえ、それ以上の関係でもヨシ!って思って「告白」を書いたのに(爆)
どうやらビョンホンはやっぱり・・・チャヌクさん狙い?(笑)
ビョンホンがチャヌクさんをリスペクトしていることはよくわかってるけど、プライベートで二人が仲良くしてる図が想像できないのよね~(どうしても監督業の人とビョンホンを個人的な超仲良しにさせたいらしい)

多分、ハンドプリンティングで渡米したビョンホンは恐ろしく忙しい、分刻みのスケジュールをこなしていたんだと思う。
それでも、やっぱりジウンさんお気の毒・・・
このQ&Aが終わってからジウンさんにちゃんと謝ったかな?
そんな暇もなく次のスケジュールをこなすために別れたかしらね・・・

私の中では永遠の二人だったんだけど(笑)、そんな仲良しぶりはもうとうに解消してたのかな~?
忙しくて頭の中が真っ白け???
いや、多分ジウンさんに対して緊張感がないのかもしれない。いい意味で。
もう!ジウンさん、たっぷりお仕置きしといて~!!

さてさて、彼はまだアメリカにいるのかな?
どんなお仕事をこなすやら?
韓国に戻るのはいつなんでしょうね。
[PR]
by juno0712 | 2012-06-26 07:00 | ビョン×ジウン | Comments(13)
f0073639_16531335.jpg


ちょっと前の話題ですのでもう皆様はご存知ね?

オースティン映画批評家協会賞の外国映画賞を受賞した「悪魔を見た」。こちら

確か、イギリスでも

イ・ビョンホン&チェ・ミンシク主演、キム・ジウン監督の映画『悪魔を見た』が、イギリスの世界的な映画専門誌『Total Film』が選んだ今年の映画トップ10にランクインした。こちら

この前に

ヒューストン映画批評界協会賞でも「外国映画賞」を取ってます。(2011/12/13頃)

なんかその他にもスペイン、ビルバオでも受賞したような。
あとはインディワイア誌でも受賞したような。
ノミネートはもっとされてるんでしょうね。

嬉しい・・・
全米には30くらいの批評家協会賞があるらしいけれど、「悪魔を見た」はアメリカの映画批評家達は認めてくれているってことですね。

その批評家協会賞がアカデミー賞に近いのか?と言われれば、おそらくこの「悪魔を見た」のような映画はアカデミーの一等賞を獲れる映画ではないように思う。
ですが、キムジウン監督はアメリカの映画関連業界の中では多分知られた存在だと思うし、彼の映画は注目されていることは確か。
その中でも「悪魔を見た」のような超ど級クライムサスペンスを撮った彼はまたまた注目度がUPされたと思う。

悪魔が韓国で公開されている頃、リンク先で悪魔について韓国のある批評家が「韓国の一流監督、俳優がこういった最低映画を作るべきではない」「キム・ジウン監督が暴力を描いたのでなく韓国観客に映画という凶器で暴力を振り回したのだ。」「お金のために露骨な安モノ画報をとったりポルノ等級の映画に演技を自ら要望することと同級だ」などなど大批判を展開した記事を興味深く読みました。
こちら
こちら
こちら
こちら
その他の否定的レビューも「暴力的描写ばかりで心が感じられない」というような類のものばかりだったと思う。
韓国映画は暴力上等!的な内容のものが多くて殴る、蹴る、半殺し、皆殺し、凄惨なシーンはたくさんある。
でも、悪魔に関しては「どうしてここまで描写する必要があるのか?」と言う。
この評論家に「いーえ!それはね!」なんて反対意見をとうとうと述べるようなことはできませんが、映画を鑑賞した一般人の単純な感想として、やはり、この映画は面白かった、と思う。
映画の鑑賞者は批評家ではなく、私たちのような一般鑑賞者がほとんど。
その人たちが「この映画はアリ?ナシ?」って思うだけのこと。

この世の中の極悪に位置し、俗悪でえげつないギョンチョルに対して、婚約者をバラバラにされたスヒョンの報復。
これがじわじわと陰湿で容赦なくて、最後には究極の罰を与えるという結末に至るまでの間に彼がギョンチョルと同列になってしまうという皮肉というのか人間の奥底に潜む悪魔性というのか、それを私に魅せつけてくれて映画でした。
ジウン監督のインタもUPされているのは読んだけど、「今更、生半可な復讐劇は撮れない」と覚悟を決めたジウンさんの渾身の一作だったと思うわ。
色に例えればギョンチョルの赤とスヒョンの黒。設定はギョンチョルの動に対してスヒョンの静。
両極端の二人の境目がだんだん曖昧になってしまっていく過程を衝撃的なシーンをスクリーンでみつめながら、ラストまで一切 目が離せなかったあの感じ、今でも覚えています。思わず拍手しちゃったもの。
韓国では思う様に観客動員数は伸びなかったけれど、このたび、イギリス、アメリカ、つまり西洋の国で認められたことがすごく嬉しいです。

でも、「百想」ではビョンホンがこの映画で大賞を受賞したのよね。
ってことは・・・

韓国内でも認めざるを得なかった?
上記の批評家、「あぁ・・・百想も終わったな・・・」ってため息ついたことでしょう(笑)。

興行成績では惜しかったけれど、「あれ?海外じゃ絶賛?」「評判いいらしい?」ってことで
今まで遠慮しいしい「悪魔」を認めてた韓国の批評家達が「ほら!でしょ?でしょ?俺達の言ってる通りでしょ?」「だからやっぱりここらで悪魔を認めとかないと韓国映画界のレベル、疑われちゃいますよ?」・・・な~んて会話はなかったと思いますが、国内では評判がイマイチだったこの「悪魔」でビョンホンが受賞したことがとっても嬉しかったわ~♪

ジウンさん、やっぱりあなたはすごいです。
ミンシクさん、ビョンホンもあらためて拍手~♪♪

返す返すも3.11のタイミングに被ってしまった日本公開の時期、残念だったわ。(>_<)

私、語ってますよね(笑)
絡みづらいよね(笑)
はははは・・・・
いいのよ。ロムで(爆)

レスは週末に~m(__)m
[PR]
by juno0712 | 2012-01-11 22:22 | ビョン×ジウン | Comments(13)

サンダンスの二人(笑)

こんにちは。

こちらは毎日晴れてます。
からっからですね。
火の元には気をつけなくちゃ。

あの二人はユタ州サンダンスで映画祭に出席。
相当寒いんですね~

More
[PR]
by juno0712 | 2011-01-23 16:46 | ビョン×ジウン | Comments(0)

日々の徒然にも脱力目線であれこれと。そしてびょんほん♪


by juno0712