カテゴリ:創作・シンプルな情熱( 9 )

シンプルな情熱

ONE LOVEを衝動的に書いたあと、消化不良だったエロい描写・・・
そういうシーンを書くことにものすごく抵抗があったのに、あるとき、やっぱり衝動に駆られてあっという間に書いてしまいました。でも、これはjuno0712の原点。大好きな作品です。
ヘタだとしてもね(笑)



シンプルな情熱・1話

シンプルな情熱・2話

シンプルな情熱・3話

シンプルな情熱・4話

シンプルな情熱・5話

シンプルな情熱・6話
[PR]
by juno0712 | 2009-07-12 07:30 | 創作・シンプルな情熱

宴のあとで・・・・



皆様・・・

私の単発の宴に参加してくださったこと、心から感謝いたします。

実は、今回のきわどい短編・・・本家(mamaconngoの部屋)で予告していた次回作
「ヨウコ」で既に書き溜めてあったものを2箇所ほど引用して作ったものです。

「ヨウコ」は同じように15年後のスヒョン、コウチャンとベッドをともにするんだけどそれはジュノとユリのようにLOVE LOVEな時間ではなく、ちょっと悲しい、切ない時間でして・・・

親の愛に飢えている・・・とかいろんな問題を抱えた「ヨウコ」をずっと考えていたら重くて重くてものすごく煮詰まってきてしまいまして・・・思いっきりLOVE LOVEなSEXを無性に書きたくなったのでした。

それでONE LOVEの二人をすぐに思いつきまして一気に書き上げたのです。
ほんとに頭の中で妄想を繰り広げながら私の拙い描写でどこまで書けるか試してみたのです。
「書きたい」と思ったときは全く迷うことはないのですが・・・今回は内容が内容だけにほんとにびっくりされたでしょうね。
「恋人同士ならあたりまえなこと」って言いながら、それがビョン氏を想定してるって思うといろいろ御批判もあるかも!って思いながら、でも「読んで!そして批判して!」そんな気持でUPすることを決めました。

コメントを寄せてくださった方に心からお礼もうしあげます。
ロムの方達もありがとう!

ところで、先日、あるブログでチックコリアの「スペイン」を聞きました。
私は音楽全般、なんでも聞きますが一時JAZZを中心に聞いていたことがありました。
ONE LOVEの中でユリが黒人JAZZシンガーのJODYのグループMOVAとセッションするところがあるのですが、そこでユリに、私の大好きな「スペイン」を弾かせました。
とりあえず、時間のある方は視聴できますので聞いて見て下さい。

スペインを試聴したい方はこちらです。ちょっと音は割れてるんだけど→スペイン


聞かれた方はわかったかと思いますが、ユリってこんなに情熱的なピアノが弾ける女性なんですよ。静かで真珠のようで傷つきやすいイメージの彼女も内面はPASSIONで溢れた女性です。
ONE LOVE
を読んでくれた友人が「前半のこわれそうなユリは、バークーリー卒の日本人JAZZピアニストの山中ちひろみたいね」って言ってたことがあって、ああ、それもありかも・・・って話したことを思い出しました。

そしてこれから・・・・
[PR]
by juno0712 | 2006-03-02 23:58 | 創作・シンプルな情熱

創作の現場から・・・




皆様・・・今回のUPにあたり、暖かいコメントありがとうございました。

なんじゃこりゃ!って思う人もいたよね。きっと。
私は皆さんのコメントを読んで、大方は私が書いたことに対して「よかったよ!」って言ってくれたけど、「勘弁してよ~」って思った人もきっといると思ってたのよね・・・

でも、率直に私に「こうしたほうがいいよ~」って言ってくれた方々・・・感謝してます。
なんせ私、シロウトなもので、無責任ですが言われてやっと気づくってことがとても多いです。

☆まず、クミチ・・・ソファのシーンは「二年ぶりの再会シーンにすべし!」との御指摘・・・
そうですよね。UPする前ソファのシーンはロケで数日会えなくて・・・っていう設定だったのでした。二人のあの再会シーンはやっぱり入れとかないとね~。

☆うさるな様(ピンクエイリアン様)・・・エロじゃないよ!リアルだよ!って言ってくれてありがとね。そしてONE LOVEの最後をどうにかしろと??何度も言わないで~~~~~考えるよ。

☆MD0402・・・激励感謝!もっといろんな人に・・・って言ってくれてありがとう。当初私は、ONELOVEを読んでくれた人限定にお知らせしようと思っていたんだけど、あなたのおかげでONE LOVE読者のみならず、ブロ友には全員お知らせしようって事にしたのです。

☆mariru様、本日のコメント、肝に銘じました。納得です。エロ小説→官能小説→ラブストーリー、つまり私の冒頭は単なるエロだったよね。読んでみればそうだよね。みんなびっくりしたでしょうね。「秘密の果肉」とか書いちゃいかんよ!「すっぽり」もだめ?はい。そんなわけで第一話ちょっと修正する予定です。もっとエロくなったらどうしよう~??そんな時は遠慮なくつっこんでねぇ

☆まケ様、妄想の限界が私と一緒なのね?同士ね!うちら!

☆皆様の妄想の限界・・・今度聞かせてね~

最後に・・・ちあふり~ホント刺激強すぎたよね??多分、どのブログ行ってもダントツあなたは若いのよ!若すぎるあなたにこの禁断のトビラを開けさせたのはよかったのか悪かったのか・・・

☆☆☆さっきまで、第一話を修正するために居間でwordに書き起こしてまして、
すると息子(中二)が「おかあさん、腹へったんだけどぉ・・・」
そして夫がギター爪弾きながら「お母さんはエロ小説の佳境に入ってるんだから、邪魔すんじゃないよ」・・・あなた、エロ小説って・・・しかも中坊の前で・・・

脱力です・・・

そんなわけで、ちょっと離席致しましてまた来ますね。

そうそう。Hなシーンってオリジナリティのある表現は難しいね!どれもどっかで使い古された言い回しだよね。どこかでこの表現、読んだことあるなぁ・・・って思った方、その通りです。どこかわかりませんが、私の中にインプットされた今まで読んだ小説の言い回しをぱくっているんでしょう。多分。

以上の文はまた加筆修正する予定。一話もなんとかエロからせめて官能に行かねば!(できるかなぁ)→そんなわけで「第一話」を一部修正してます。まだ途中ですが・・・まだエロかな・・・

あとは・・・イントロ部分を全部削除するか・・・だね。
↓から始めればいいのかな・・・
「君は魂の片割れ・・・」
行為の最後に囁くこの彼の声に・・・・・
[PR]
by juno0712 | 2006-02-26 20:01 | 創作・シンプルな情熱
シンプルな情熱・・・

いよいよ最終章まで来ました。

ユリにはあえて冷静に彼女のSEX LIFEを語らせましたが、それはジュノによって
心の傷をいやされ、自分を解放する術を知った・・・という大切な時間だった・・・と最初から想定していました。

そんなわけで相当きわどい?けれど愛を感じる・・・ていうのが理想だったんだけど
どうだったかな?

ラスト、ちょっと長いです。
最後はちゃ~んと甘く、クスっと笑えるかんじで終わらせましたから。

シロウトの自己中な創作におつきあいありがとうございました。

三作目の「ヨウコ」をほっといて何やってんでしょうね。
でも、とっても楽しかった!(私は)

最後まで読んでくださった方ありがとうございました。
また何か書きたくなったら読んでください。
もうya○○○ではUPせず、こちらがいいようですね。
ほんとにサクサク行きますし!

それではまた、会う日まで~♪

シンプルな情熱・第六話
[PR]
by juno0712 | 2006-02-23 00:57 | 創作・シンプルな情熱
読んでくださっている方・・・ありがとうございます。

あきれてませんか?
脱力してませんか?
それともむかついてる?

もうUPしてしまったのであとは「みそぎ」を受けるだけですね・・・

シンプルな情熱・第五話
[PR]
by juno0712 | 2006-02-23 00:28 | 創作・シンプルな情熱
実は・・・

このサイドストーリーは大体二日で書き上げまして・・・
そのあと推敲の日々・・・

それよりもUPしようかどうしようかを迷い続ける日々でした。
ONE LOVEの時と同様、「書いたものをみんなによんでほしい!」っていう
とっても自己中な考えがずっとありまして、まあブロ友に励まされたりしながら
UPを決めました。

創作のお部屋はたくさんあって特に美日々関連は私も貪るように読んでます。

もしかしてみなさんの妄想は多くのそういった抑制のきいたエロさ、つまりちょっときわどい、
そういうふうにして絶対にミンチョルやビョン氏をあくまでも美化する・・・
そうですよね。私も何度も言いますが、それらが大好きです。

私が書いているのは、勝手にビョン氏を想定してますが、ジュノとユリの愛の日々・・・

これも何度も言うように、愛のある二人にはとてもあたりまえの光景・・・だと思うのですが・・・

シンプルな情熱・第四話
[PR]
by juno0712 | 2006-02-23 00:17 | 創作・シンプルな情熱
二人の濃密な愛の日々、第二話まで読んでくださった方、どうもありがとうございます。

もう少し続きます。最後までおつきあいくださいませ・・・

UPしてるそばからコメントありがとう!!
ほんとに今回はロムでいいからね!
やっぱりエロかな・・・
私はこの二人のエロなシーンは「恋人達のフツウの風景」って思ってるんだけど・・・

そこまで読みたくない・・・って人もいるかもね・・・
ごめんね。そんな人はほんとに読まなくていいですからね。

シンプルな情熱・第三話
[PR]
by juno0712 | 2006-02-22 23:18 | 創作・シンプルな情熱
第一話いかがでしたでしょうか?

びっくりした?
ごめんね!
でも、ONE LOVEの中のユリって私にとってはまさにこんなふうな女性です。
ジュノによってはじめて深い愛、心も体も愛されることを知った・・・そんな設定でした。

シンプルな情熱・第二話
[PR]
by juno0712 | 2006-02-22 23:10 | 創作・シンプルな情熱
ONE LOVEを読んでくださった皆様へ・・・

お待たせしました。
いろいろ迷いましたがやっぱりUPさせることにしました。
UPさせる前に・・・

ビョン氏のブログを日々徘徊しているとよく「妄想する」ということばを皆さん使ってますよね?
それってどんな風に妄想してるの?
どのへんまで妄想してるの?
私はそれを読むたびに、いったいイビョンホンに対して?あるいはミンチョルに対して?どんな妄想を抱いているのだろうと疑問に思ってました。

私の妄想は・・・それはこれからUPするジュノとユリのリアルな愛の日々を読んでくださればわかります。

だからって私、けして変態ではありませんから!!
あくまでもONE LOVEの二人の日々を考えたときに浮かんだありふれた愛の行為です。
リアルだけれど・・・ユリが淡々と語ってますのでそんなエロくないのでは?なんて思ってますが・・・

あ・ところでジュノっていうのはONE LOVEの主役、Hですのでおまちがいなく・・・彼はハン ジュノって言うんです。終わってから名前が決まったのよね・・・

そんなリアルな日々を書いてみました。
コメントしづらいと思うのでロムでいいですよ。あ・非公開っていう手もあるしね。
ともかく、私の創作に興味を持ってくださった方々へ感謝です。

シンプルな情熱・第一話
[PR]
by juno0712 | 2006-02-22 23:00 | 創作・シンプルな情熱

I started as an actor,I am still an actor,I shall finish my career as an actor. This is how I define myself. By Lee ByungHun


by juno0712