カテゴリ:Kim Jee-woon( 13 )

ジウンさん@BIFF

f0073639_22313134.jpg


お久しぶりです!

ここのところ、まったくブログに気がいかないというか、放置状態でございました。
「王になった男」のDVDが届いているそうで、私、それも買ってないので見れてない!(>_<)
メイキングやコメンタリが面白い~らしいですね。
皆様はもうお手元にあって見てらっしゃる?
私も、そろそろ注文しようかな・・・

ビョンホン情報はそのほかにはVEGAのCMやWAPOPやら?
現時点でほぼ追えてませんが、新作映画情報の彼が見たいところですが、情報ないですよね。

そう思っていたら、BIFF(釜山映画祭)でジウンさんたらリュスンワン監督とオープントークですって!!
おお~♪♪♪

新作短編映画「THE X」も新しい試みみたいですね。
見てみたいわ。
カンドンウオン、シンミナ主演ですって。

「THE X」

ジウンさんオープントーク@BIFF

ジウンさん、ご無沙汰です~♪♪
元気そう~♪
[PR]
by juno0712 | 2013-10-06 22:43 | Kim Jee-woon
f0073639_20372532.jpg


こんばんは♪

週末はどこに行っても桜が満開でしたね。
近所でお花見がてら用事してました。
今日はまたとても寒くて、あっと言う間に散ってしまうよね・・・

さて・・・
ジウン監督の「ラストスタンド」は韓国内では低調に終わったらしい(>_<)
残念!
久々、ジウンさん関連をネットであれこれお見てました。

この年で泣き言なんて言って大丈夫なのか?

なんだか笑っちゃいけないんだけど、ビョンホンが言ったのと通じるものがあるわね。
とにかくハリウッドシステムに慣れることが、言葉の壁よりは大変なんだってこと。
ジウンさんの「ラストスタンド」はアメリカでは不振だったのね。
パクチャヌク監督の「ストーカー」はアメリカではまぁまぁの成績らしい。(出演俳優もなかなかだしね)

しかし!「ラストスタンド」も「ストーカー」も韓国では振るわないらしい。
わかるような気がする。
例えれば、棟梁が高名なハリウッド人(?)で、その人の作った大邸宅を訪問して、そのおうちの住人の一人にビョンホンが居るのを見るのは「おおおおお!君はここに住んでるのか???すげーーー!こんな立派な家に?」ってなるわけよね。
でも、ハリウッド式で邸宅作ったけど、棟梁が韓国人だとわかると、いまいち訪問する気が起きないみたいな。
韓国人自体が「ハコは韓国人じゃ無理」ってまだまだ思ってるのかもしれない。

逆輸入されて、高値でもどうしてもほしい、「レクサス」みたいなブランドを築くのはまだまだ大変だってことですよね。
それに今、韓国内では「ハートウォーミング」がヒットの鉄則みたいになってますよね?
それからすると2作品ともちょっと外れてるよね。
先駆者は大変だわ。

ジウンさんの記事を読みながら、「孤独を感じた時、ビョンホンのことを思いだしてくれたかな?」ってふと思ったり(笑)。 あ、ビョンホン思い出してくれても、肝心のビョンホンはミンジョナのことを思ってるんでしょうけどね(爆)
私はラストスタンドを見に行く予定なので、ジウンさんのウエスタン、すごく楽しみにしてる。
ジャンゴも見たい見たいと思いながら見てないんですけど、ウエスタンが好きなわけでもないのに、とても楽しみだわ。
どうかB級テイストがプンプンした映画でありますように・・・

そんなことをツラツラ思いながら、いろいろ読んでたらなんとジウンさん、短編ロマンチックコメディ撮るそうな!

f0073639_2015477.jpg


ユンゲサン、パクシネの二人をジウンさんが撮るのね?
画像はELLEの一枚ですが、ジウンさんって韓国監督の中でも超おしゃれ!もしかしたらビョンホンよりおしゃれよね(笑)。

「愛のじゃんけん(カウィバウィボ)」ですって!

かわいいタイトル~♪
この短編は・・・日本で見れるのか?
ロマンチックコメディ・・・ってジウンさん初のジャンルよね。
いったいどんなストーリーなんだろう?
哲学入れ込んだコメディだったりして。まさかね(笑)。

「愛したが・・・」はどうした???(笑)
ビョンホン、体空けて待ってますから!(今年は無理!)
[PR]
by juno0712 | 2013-03-25 21:00 | Kim Jee-woon

ジウンさん近影

*レス終了しました。m(__)m
遅くなってごめんね~



f0073639_2154018.jpg


シュワ:「2行以上のセリフ、全編通してないんだろうね~?」

男:「アーノルド、大丈夫だよ。3ワード以上のセリフ、カットしとくから」

ジウン:「はは・・・」(キャスティング失敗したかな・・・)

な~んてつぶやきが聞こえて来そうな?

「ラスト・スタンド」

どんな映画かわかりませんが、ジウンさん苦労してなきゃいいけど(笑)
今いるところは同じアメリカでもビョンと気軽に会える距離じゃないのかな?
2013年公開らしいです。

ジウンさん、ファイティン♪♪
[PR]
by juno0712 | 2011-10-23 21:57 | Kim Jee-woon
こちらから
[PR]
by juno0712 | 2011-02-10 22:56 | Kim Jee-woon
キムジウン・甘人インタ


DIRECTORS CUTのキムジウン

質疑応答
[PR]
by juno0712 | 2011-01-06 22:48 | Kim Jee-woon
f0073639_0325140.jpg



こちら


こちら

作家主義

シナリオ

キムジウンンインタ1
[PR]
by juno0712 | 2010-11-01 00:18 | Kim Jee-woon
f0073639_49466.jpg


このカテゴリーはキムジウン関連の記事をまとめておくためのカテゴリー。
junoの独断と偏見で集めます。(今のところ甘人関連が多いかも)
ほとんどバラ姉さんとこの記事にリンクさせてもらってます。(了承ずみです)


<甘い人生>監督版に戻ったヌワール アクション

[キム・ジウン]反省しない反則王たちよ!

<長靴,紅蓮>のための反撃,<甘い人生>

まだまだ続きます・・・
[PR]
by juno0712 | 2009-12-22 22:28 | Kim Jee-woon
こんにちは奴ファンのみなさん.


ピプに来られなかった方々のために奴奴奴の釜山(プサン)風景を文で残そうとします。
私とイ・ビョンホンは2日釜山(プサン)に降りてきました。 イ・ビョンホンの故チェ・ジンシル氏の弔問関係と私の調子問題で当初の計画した時間より多く遅れた時間に降りてきて,開幕式には出席できませんでした。

メイン ホテルといえるグランド ホテルの前に儀式用車両が書庫ドアをあけてイ・ビョンホンとロビーに入るやいなや血の臭いを引き受けたオオカミ方々同じ感じに駆け寄る日本ファンたちを見ながら,仰天しました。
いやこの方らがなぜ私にこのように駆け付けるだろう?? ラで考える(埋まる)けるかもしまった,イ・ビョンホンが私の後にあるというかける少しの間うっかりしていました。
津波のように集まった人波は紅海が分かれるよう私を中心にとうとうと流れる水流を打って分かれてイ・ビョンホンに走って行ったし安全要員らと雌蜂らの死力を尽くす防御力でかろうじてそして安全にイ・ビョンホンはエレベーターに身をのせました。

とにかくビョンホンのおかげで私は気楽にエレベーターへ向かいました。


ビョンホンが乗ったエレベーター文が汚れていて力いっぱい閉めるやエレベーターの前に雲群れのように残念な姿で立っていた日本ファンらが一歩遅れて歩いてくる私を見てエイッ!! キジ代わりにピョンアリダッ!! する心情に突然駆け寄り始めながら,ビョンホンが上がった後プルプリ元手をはたいて散ったボディーガードらの助けも受けられなくてその方らに囲まれたままサインと写真取りを連続動作で取りながら,その一方で少しでもエレベーターのそばに行こうと思う心情に少しずつ後退しているのに一歩遅れて私を発見したボディーガードらが急いで,ブロックして,私もやっとエレベーターに乗って客室に行くことができました。

ファンたち方々に囲まれていながらも,私はひょっとしてコン・カナ奴犬をハモニウスドゥン奴家族らがあるだろうか? して見回したがなかったようでした。 〓〓


荷物を解いて開幕式レセプションにしばらく顔を映そうと降りてきたがこれは完全に私が想像した優雅なレセプション光景でなく完全に半分は映画関係者ら半分は映画ファンらでレセップション場案が一杯になっていました。
私と似た考えたのかイ・ビョンホンも衣装を着替えて降りてきてまだ3分もあれないでまた追われるように客室に上がってしまいました。
ファンたちに囲まれて,レセプション行事者体を全くできないイ・ビョンホンとイ・ビョンホンのマネジャーらはならないように見えたのかレセプション行事出席を放棄,そのままそのまま自分の部屋に上がってしまいました。
一緒に降りてきたがある瞬間からイ・ビョンホンを見ることもできませんでした。
そのまま人々に囲まれたどんな一つの塊が私の前をさっとと過ぎ去るのが感じられたがアそれがイ・ビョンホン認可部すべてしました。--;;

とにかくこのようにピプの初夜は過ぎ去ります。



二日目.
目を明けると窓に釜山(プサン),海雲台(ヘウンデ)近海がすがすがしく繰り広げられました。
蝸牛... 海側だね。... 昨日夜暗くて分からなかったが朝見ると私の部屋が海辺側ピュヨッスムニだ.
釜山(プサン)映画祭に5度来てみたしグランド ホテルに3回目縛るのに海辺側を部屋に渡したことは今回が初めてでした。
今回の映画祭に奴奴奴の地位を分かれる大きな課題です。 ^^挟まる挟まる挟まる。
海を見下ろしながら,冷蔵庫で缶コーヒーを取り出して,一服まっすぐ引き寄せてタバコに火をつけました。
いくつかの募金洗って吐きだしてして灰をはたこうと客室案をまいて見ると灰皿が見られませんでした。 禁煙室繋ぎました。
チェ。


急いで,お手洗いに行って女子高生らタバコ スパスパ(ゴシゴシ)洗いまくるように吸って水道水をねじって,タバコを消してまた窓側にきたがタバコの煙を吹きだせなかったためか窓しか繰り広げられた海辺風景が突然水っぽくなりました。



携帯電話を聞いて,イ・ビョンホンと正しい手チェ・ジェウォン代表に深刻な表情で文字を送ります。
"ご飯を食べよう"すでに昼間12時を越えたしイ・ビョンホンはまだ寝るのかチェ代表から先に答文字がきました。 "食べましょう"

一食間に合わせるように食事を終えて今回はゆったりとしている表情で文字を送ります。
"優性どこが?"チョン・ウソンは開幕式日自身のマネジャー結婚式のために降りてこれなかったしgvする今日降りてくることになっていました。
優性に答文字が飛んできました。
"高速道路""いつ降りてきて?? ""なぜ? ""なぜだなんて? 何が暗記してこそ? ""私はまた私が見たくてそうするのかと思って... "ひんやりとした文字をやり取りして優性が釜山(プサン)に降りてくるまで出た部屋にまた上がることにしました。
部屋に上がるエレベーターの前では常に日本ファンらに囲まれたりサインをしたり写真を撮ったりという例年行事をします。
その後の三,四時間後に優性が無事に釜山(プサン)に降りてきたし他の行事でgvに参加することができないと思ったビョンホンから突然文字がきました。
"出てもgv取り替えなさいって""おおっそう?? "蝸牛-桃源(トウォン)と創痍を共に見られる機会ができたのでファンたちがより好きなことという考えで中笑いました。

gv一時間前.
ビョンホン優性そしてキム監督は各自の部屋であたかも神聖な意識でも払おうとするように衣装を取り出してgvを準備していました


すでに5時を越えましたね┬┬昨日しようとしていたインタビューらを体調がそれほどなので一個だけして残りを皆今日で延期(演技)したので今日は一日中忙しいこと同じで,今は寝床につかなければなりません。
時間出るにつれ以後の奴奴奴の釜山(プサン)風景に対してまた文上げます。



ところで..... なぜコンカとノムゲルとハモニウスなど奴家族らはホテルや行事場所周辺でもなぜ見えないのか....
見ればうれしく要人もしようとしたが--;;ひょっとしてこの文を読む奴家族らの中に5日夜まである奴家族らは5日9時からする行事一つがパラダイス メインガドゥンにあるのにひょっとして見られれば短くラも...〓〓;;その津音にパラダイス ホテルの前で見ます。
なぜかニックネームでサインしてあげたいという.....
[PR]
by juno0712 | 2008-10-06 00:19 | Kim Jee-woon

ジウンさんの好きなメロ

f0073639_1461256.jpg


今更ですが。
先日、いつも(情報などを)お世話になっている掲示板であがっていたモノ。
DAUMにUPされてたそうですね。
私、今 PC前にいると他のことしていてほとんどDAUM行ってないのですが
これは逃せないね。
ジウンさん・・・ラブコメ嫌いな彼のセレクト・・・思いついたままに・・・ね


①ジョゼと虎と魚たち
②男と女(クロード・ルルーシュ監督)
③エターナル・サンシャイン
④花様年華
⑤クローサー
⑥甛蜜蜜
⑦幸福(アニエス・ヴァルダ監督)
⑧レースを編む女(クロード・ゴレッタ監督)
⑨パンチドランク・ラブ
⑩トーク・トゥ・ハー(ペドロ・アルモドバル監督)

なるほどなるほど~

人の本棚とかDVDのストックを見るとその人の趣味や嗜好までわかっちゃうみたいで
ちょっと恥ずかしいような・・・

それほどマメに映画を見るわけでもない私も ⑥⑦⑧以外は見てた。

こんなふうにかぶった映画、しかも私も好きだった映画がいくつもあってそれが嬉しいんだけど

ラブコメディ嫌いね・・・わかるわ。
大人の抑えたLOVE、どこかにコンプレックスを抱えた男、倒錯的な主人公・・・
たくさんある映画の中のこれらは、彼が見てきた中のほんの一端なのでしょうが
きれいごとじゃなく、リアルな言葉、表現。
いわゆる男~~~~!!!みたいなものはなくて どちらかと言えば男の主人公も
弱さを抱えているようなものが多いような気がする。
そして何かのFETI?

いったいなんだろ(多分モゴモゴ・・・)

好きだな~やっぱりこの監督。あ LOVEはないです。
そしてこれらの映画のいくつか、必ずビョンホンも好きなんじゃないかな。

パンチドランクラブね。これ主人公の男 キモいんだけど、お話は面白かった。
(一番最近見たのでリアルだわ)


ねぇ・・・監督・・・監督の撮るメロってどんなの?

実はもう構想済みなんでしょ?

私、実は撮ってほしい内容あるんだけど。

近未来のゲイの純愛LOVE STORY・・・

もちろん主役はビョンでね。

週末は⑥⑦⑧のどれか、見れたらいいな。



※レスもせずごめんね。この記事だけUPしたかったの。
寝ますわ・・・おやすみんちょる~
[PR]
by juno0712 | 2008-09-03 02:08 | Kim Jee-woon
人間的なのでもっと ‘素敵なやつ’ 俳優イ・ビョンホン(38).人々はイ・ビョンホンは足りないのなしに幸せな竝びだけ分かる.しかし彼は仲間俳優チョン・ウソンの余裕を,ソン・ガンホの鋭いながらも淡泊な延期を羨んだりするジルトゼングだ.またハリウッド映画も本にぞくぞく出演しておいて韓国で映画 ‘良いやつ悪いやつ変なやつ’(以下,ノムノムノム)が大当りしてほしいヨックシムゼングだ.もう頂上の席にありながらも常に最高を夢見るイ・ビョンホン.彼はそんな点で ‘ノムノムノム’で引き受けた ‘悪者’ チァングイを似ている.しかしチァングイのように劣等感に捕らわれた人物ではない.イ・ビョンホンは最高になるため,夢をつかむためにチァングイが指導した章に命をかけて走ることのように俳優の頂点を向けて走ってまた走るだけだ.

チェッコプラハで二番目ハリウッド作 ‘G.I.組’(G.I.Joe,ジアアイ組) 撮影を終えて帰国してから 1週間余ぶりにキム・ジウン監督の ‘ノムノムノム’ インタビューのために対座したイ・ビョンホン.プラハでよりもっと乾いた姿だった.インタビューする中にも扁桃腺に良いという薬を首に振り撤いた.

“時差ぼけができなかった中にソウル到着するやいなやその間会う事ができないg友達と知人たちに会ってお酒を飲んで懐抱解くためにやせたようです.寝ることも寝る事ができないgんですよ.疲れて扁桃腺も腫れました.”

彼は去る 1年間も本のハリウッド映画と ‘ノムノムノム’ 撮影で韓国にとどまった時間より海外に泊まった時間がもっと多かった.帰国後解けた緊張と累積した疲れのせいにコンディションがあまりよさそうに見えなかった.イ・ビョンホンの柔らかい低音もこの日だけはずっと割れた.インタビューするために取り揃えて着た服よりインタビュー終わらせた後楽に着替えたレイニング服がもっと魅力的なイ・ビョンホン.インタビュー途中身を掻いたりいたずらな顔をする彼は純粋な子供みたいだった.1,000万ドルほほ笑みと目つきに純純性と悪魔性を同時に持った二つの顔の男イ・ビョンホンに “あなたはどんなやつなのか”と問った.

#自尊心強いキム・ジウン監督,一ヶ月間私を誘う

忠武路で自尊心強いことで有名なキム・ジウン監督が一ヶ月間イ・ビョンホンを狂った.彼を ‘ノムノムノム’ 窓が役にキャスティングするためだ.作品選択に愼重を期することに有名なイ・ビョンホンは窓が役のためらった.その理由はいろいろに明確だったがキム・ジウン監督のペルソナらしく監督に対する信頼一つで出演を決めた.

“ためらったのは映画自体に理由がイッダギより一応映画 ‘子供パソコンウイドもっとレーン’(I Come With The Rain: 私は雨降って一緒に行く,監督出るという中紅)とスケジュールが重なるようだったからだったです.悪役を初めてするのに ‘よくすることができるか?’と言う(のは)負担もあったしキム・ジウン監督様がソン・ガンホ先輩と 6年前から冗談言っている途中企画された映画としてためらった部分もあります.強豪兄さんが主人公をする映画なのに私の入って行く席がイッウルカと言う (のは)考えをしたんです.三人が主人公というガール後で分かったが.‘これをしなければならなくて巻かなければならなくて’ 悩んでいる途中決定的に監督に対する信頼のため出演決心をしました.その人(キム・ジウン監督)にそんな姿も珍しいです.短くない時間の間日出演させるために説得する姿が普段ようではなくて印象的だったです.‘得ることが確かにあるから続こうとおっしゃるのだろう’だと思って結局金監督様に移ったのです.”

#貴様(?) 中仮装(家長) ‘悪者’はキム・ジウン監督,私は寒いやつ

イ・ビョンホンはキム・ジウン監督に対する信頼感を現わして彼を一言で “毒毒しい監督”と表現した.現場で完璧な映画を作るために毒毒しいうえ俳優たちをいじめる(実際俳優たちに最上の延期環境を提供してくれるために火一度出さない) あくどい監督だった.イ・ビョンホンは金監督を ‘貴様’ 中一番悪いやつだと言ったりした

“彼の映画を見れば分かります.‘甘ったるい人生’もそうで.酷さがなければどんなにそんな場面,作品が出ますか? 毒毒しい麺があるが金監督様とよく当たります.独特の性格だが意外に多い人々とよく迎える性格ですよ.肝が小さくて気難しくてよく臍を曲げるようだが多くの人とよく交わります.二人がくすくす笑うこと好きで空想して冗談言うのを好きです.他の人々が見れば ‘ふたつがどんなにあのように寒い冗談をくすくす笑いながらできるか’,‘何をしているか’ するほどによく遊びます.映画と全然関係ない寒い冗談を一日中していてからどの瞬間 ‘私たち何をしていることなの?’ してお互いに顔見て笑います.監督様がセンスがおびただしいですね.無表情でじっといている途中一言ぱんと投げればすごく笑わせたこんにちはコメディーをしてください.私も結構こんにちはコメディーをします.寒いコメディーではないこんにちはコメディーを.ないんでしょうか?(笑い)”

#映画ためにうまれて初めて馬乗り,しかし中毒される

イ・ビョンホンは ‘ノムノムノム’ の中で習歩(走る速度がとても早くて言葉足が日付で見える姿)で馬に乗るのをして満洲荒野を歩き回る.今度映画を通じて馬に乗るのをうまれて初めて学んだ彼は危険千万な落馬も経験した.駆け足(しくしくと競走)と習歩を学んだし手網を一手で取っておびただしい速力で疾走して鉄砲までうった.身代わり一度使わないまま直接エックションシンを消化した彼は毎度熱情的に撮影に臨んだ.

“馬に乗るのを初めて学ぶ時は恐ろしかったです.ところでしきりに乗るほど中毒されるんですよ.仮面の時適当な緊張感があるのにまた乗りたい気がするようになります.動物だから安全さを保障することはできないです.遊び器機は安定した状態で他だから緊張感が減るが言葉はどこに走るか,その日コンディションがどうか分からない動物だからもっと緊張されます.緊張されたらまた乗りたい気がするんですよ.中毒になると撮影場行く度に ‘今日また走って見るか’ と思いながら行くやいなや言葉を捜しました.”

#ダークサークル(?) 扮装初めには拒否反応

彼は ‘ノムノムノム’で映画 ‘スウィだからトド’の俳優ジョニー・デップがした悪魔化粧法すなわち,スモーキーメーキャップで窓が逆意悪魔性をもっと浮上させた.目の下にダークサークルを強調して退廃的で悪辣なやつと見えるようにした.そんな扮装を初めてやって見たイ・ビョンホンにどうだったかと質問したら案外の反応が出た.
“そんな扮装… ますます行くほど良いアイディアのようだと思いました.しかし初めには ‘あまり過剰ではないか?’と言う(のは)考えに少しの拒否反応がありました.現実性なさそうだ.他の俳優たちの衣装と扮装たちもいろいろです.すべての助演,端役俳優まで衣装が皆統一性ないです.数えても同じです.衣装チームが ‘死ぬくそを垂らしたな’ 考えられました.‘映画がリアリティーなくて観客たちが沒入できなければどうか’と言いながら心配しました.しかし実際 1930年代満洲には多様な民族が一団となって無法天下,取り取りでそのように住んだと言うんですよ.”

#阿洲 ‘悪者’ 窓と似ている点ある?

‘ノムノムノム’は彼に貴い.その間感じて見られなかった表情と言いぐさなどを見つけたからだ.イ・ビョンホンの言葉によれば俳優たちは自分も分からなかった表情を見つける時快感を感じる.監督によっても誰によっても自分も分からない面を引き出した時そうだと言う.特に初めて引き受けた悪役である悪いやつチァングイは彼に風変りな経験を抱かれてくれ快感をたくさん感じらせた作品だ.悪しいことと距離が遠いことのように見えるイ・ビョンホンにも悪漢窓と似ている点がある.

“私が良いやつ悪いやつ変なやつ,三やつ性格をすべて持っているようです.悪いことの基準は違うが私にも悪い部分があるんです.分かるように分からなく私の主だと思ってエゴイスチックな部分があります.悪いやつの基準があやふやな時があるんじゃないか.チァングイは負けることを死ぬよりももっと嫌やがるキャラクターなのにそんな部分が似ているようです.勝負史蹟気質は嫉妬心で誘発されるんですよ.私にも嫉妬心が多いです.理性付き合いにおける嫉妬心,他人が行けなくはことに対する嫉妬心皆含まれています.ガールフレンドと付き合う時はガールフレンドに黙黙と嫉妬心を表現します.‘ どこにあったから電話を受けないgの?’ 根ほり葉ほり聞かなくても直接的に嫉妬心を現わします.”

#夢は..良い俳優音聞き取り,全盛期永遠になるように

またイ・ビョンホンによれば俳優たちは誰も白鳥みたいな存在たちだ.1991年にデビューしてもう 17年次に入ったイ・ビョンホン.出演作が 40編を超えた.無名時代なしにただ一度の助演を経った後 KBS 2TV 帯ドラマ ‘日がのぼる日’の主人公などで青春スター班列に上がった彼はほとんど 17年の間常に全盛期だった.常に全盛期を迎えている彼に ‘まだ何かを切望しているのか’と夢に対して気になった.

“俳優が私の生になってしまって個人的な夢がまさに俳優として夢になったです.成しにくい夢であることもできるが今俳優として享受する環境と生が私が俳優を終える日までつながれば本当に良いというのが最大の風です.私が相変らず映画を選択して多くの人々に ‘本当に良い俳優’という話聞いて ‘あの俳優が映画に出てくれたら良いだろう’と言う話を観客に倦まず弛まず聞くことは大変な事です.もし今が私の全盛期ならそれをこれからずっとひいて出るのはもっと大変な事であるだろう.俳優たちは ‘お前はこの位したらなったの’と言う(のは)音を聞くんじゃないか.何でも手始めと終りがあるのに ‘イ・ビョンホンの全盛期はいつからいつまでこそ’ こんな音入らないgらと思います.”
[PR]
by juno0712 | 2008-07-21 21:00 | Kim Jee-woon

日々の徒然にも脱力目線であれこれと。そしてびょんほん♪


by juno0712