カテゴリ:じゅの家ネタ♪( 115 )

一歳のお誕生日

こんばんは。

先日、孫が一歳のお誕生日を迎えたのでお祝いに行きました♪

f0073639_01362095.jpg


スマホからなんだけど、画像はどんな風に写っているやら?

生まれてからの一年って成長が特別ですね。
ここのところ、急激に賢くなって、赤ちゃんぽさが抜けてきました。
大人のマネをしたり、指示を理解したり、だから意志の疎通ができてる。
たまに会う私たちは、手がかからなくていい子だね、と思うのですが、娘からしたら、日々の元気満々の我が子の世話でお疲れぎみでした。
しかも、一応は人見知りだから私や夫が抱っこすると大粒の涙を流してギャーギャー泣くのよね(笑)
すぐに慣れるんだけど、とりあえず毎回大泣きされる。
その日はお誕生日のお祝いのおもちゃ「積み木」を持参したので、すぐラッピングをほどいて見せて遊んで気をそらす。(笑)

孫の離乳食。
大人はステーキとか野菜のテリーヌとか(あの、娘が作るとは…感慨深いわ)あれこれいろいろ食べてるそばで
孫もいつもより少しかわいいお祝いごはん。
シャケをまぜたごはんをワンコみたいに成形したごはん、ジャガイモのオヤキ、パンケーキの上に水分を抜いたヨーグルトで飾り付けてイチゴを乗せて。
パクパク食べてました♪
ネットにいろいろ載ってるらしく、それを真似したんだそうですがかわいいね♪
当然のことなんでしょうが、娘はよくやってると感じる。
まぁ専業主婦だからやって当たり前、と言われるかもしれないけれど、すごくまじめにお母さんをやってると思う。

BIRTHDAY CAKE・・・
ここのところ、初節句から始まって生クリームのケーキを食べる機会が続いたので今回はバタークリームにしてみよう♪と、ある特定地域で有名な「ダミエ」にしてみました。
久々のバタークリーム、美味しかった!
来年はみんなで同じケーキを食べれるね♪
バタークリーム(ダミエはクリームの量がちょうどいい)後引く!!
今も食べたいわ。

一歳の孫は今日も楽しい一日を過ごしたかな。
以下は、最近心に染みた言葉です。
エピカイ(韓国のラップグループ)のタブロ(カン・ヘジョンの旦那様)がネチズンにいわれなき激しいバッシングを受けて三年間仕事を干されてしまって、絶望を感じながら子育てを担当していたころの話。(干された旦那のかわりにカンヘジョンが大黒柱になって脇役でもなんでも仕事をこなしていたのです)

TABLOはハルちゃんを見守りながら感じたことを観客と共有した。「子供を育てながら最も大変なのは、寝かすことだ。ベッドに入らせる方法が一つあるが、それは明日に対する約束だ。子供たちは、今日に充実でありながらも、本能的に明日を期待している。明日を期待できるようにしてくれた力、今日から抜け出し、明日を夢見るようにしてくれた力は、とても不思議なところから来たと思う」と語った。

子供って無意識に親にいろんなエモーションを与えてくれる存在だわね~
明日も孫が楽しい日を過ごせるようにお祈りしとこう♪



[PR]
by juno0712 | 2015-06-04 01:15 | じゅの家ネタ♪ | Comments(0)

癒し画像

最近の私の癒し画像と言えば…

More
[PR]
by juno0712 | 2015-05-12 20:24 | じゅの家ネタ♪ | Comments(1)

美味しい♪

f0073639_03233602.jpg


セブンイレブンで買いました。
亀田製菓の「つぶごたえ」
美味しい!!
66グラム
あっという間になくなっちゃいますね。
よく見ると色も二色でしょ?
醤油味と塩味なんです。
食感もプチプチしてGJ!
なんたって、商品名がかわいいわよね。
外見はこんな↓↓↓
f0073639_19540559.jpg



コンビニ用に作られたんでしょうね。
セブンイレブンを特に贔屓にしてるわけではないけど、この他にも1リットルのグレープジュース(167円)も美味しいね。

スウィーツにも力入れてるし、コンビニ各社、競争は続く。
コンビニの競争に伴って納品する関係業者の競争も続く。
結果さらにコンビニ商品はハイレベルに。
日本のコンビニ、質的には、世界一じゃないのかな。
我が家の近所にないので残念(T-T)


[PR]
by juno0712 | 2015-05-10 03:11 | じゅの家ネタ♪ | Comments(0)

最近の私

連投です。

ひたすら書いてるというわけではなく、途中まで書いてる記事がバラバラになっていて、それをちょっとずつ仕上げております。

☆その①、体重を減らそう~
ここのところの私は、いよいよ毎日がヒマだ~っていうのを実感しているのですが、だからと言ってまだ焦って悶々としているということはなく、日々だらだらと過ごしています。
月に一回、コレステロールを下げる薬をもらうために通院しておりますが、なんと1月頃から体重が増加傾向で、なんと去年の今頃から比べると3.5キロも太ってしまった!!
先月、かかりつけに行った時に、まさかの体重測定があって、それはほぼ一年ぶりくらいだったのですが、3.5キロも増えていることを先生に指摘されてしまった(>_<)。
会社をやめる時期が確定したのが1月だったんだけど、その頃からなのよね~
ほっとして体重が増えてしまったのかな?
やばいです。
これは「Happy」を聞きながら体重を落とさねば。
先生からも「運動!食事!気を付けてね!」って言われたんだけど、運動は嫌いだし、ジムに入会しても1か月で辞めてしまった私だし、歩くのも嫌いだし、いや、歩くことくらいはやらなくては!
あ・・・甘味の摂取量も増大中・・・やヴぁい・・・

食事を作るのは以前よりちゃんと作ってるつもり。
時間もかけて、品数も多くして。
お惣菜を買ったりもしないし。
野菜中心にね。
でも、それがまたおいしくて食べちゃうよね(>_<)

そんなわけで、しばらくは3.5キロ、いや4キロの減量を目標とすることにしました。
HAPPYを聞きながら体を動かそう。
ご飯も控えめにね。
4キロを落とすのってこの年だとけっこう大変。
あっという間に2キロくらいは増減するけど、4キロ減で定着するのが大変。
なんとか頑張ります!


☆その②、ボランティアについて
そして、ヒマではあるけれど、5/15までは一応会社に所属しているため、「10時から15までのお仕事」のようなパートを見つけても応募できない状況なんですよね。
その上に、私は失業保険をもらうつもりなのでアルバイトも多分できないと思う。
しかも待機期間が3か月もあるのでその間、どうしましょう?
習い事も考えてますが、ちょっと自分の気持ち的に機が熟していない感じ。
場所が遠い、勉強するモードになっていない、などで始めてもすぐに辞めそう。
これはじっくり考えよう。
そんなわけで、ボランティアを探しているところ。

ボランティアということを高校生以来やっていない私でもできることがあるのだろうか、と探してましたら、いろいろあるのね~
しかし私の考えていたのとはちょっと違っていました。
多文化クラスのお手伝いとか、何かの講演の時の一時保育ボランティアとか、緑の保全活動ボランティアとか、一応目星をつけていたのですが、自分勝手の都合が通るボランティアを探していましたが、そうもいかないのかもしれない。できそうなのは一時保育ボランティアか緑の保全活動か、なんだけど、一時保育ボランティアは研修をうけなければいけない(当然だよね)、里山ボランティア(緑の保全活動)は先着順ってことは人気があるってこと?
障害者サポートボランティアも募集中ってあるけれど、私にできるのか?私的にはハードルが高い。
いや~気楽に「ボランティアでも」なんて考えない方がいいのかも。
多文化クラスのお手伝いが一番興味あったのですが、「日本語教育専門過程」か「日本語能力資格試験取得」の資格がいるのね~(当たり前か)
国際交流一般ボランティア?これは何をするのだろうか?

なるほど~
里山ボランティアも以前から気になってたんだけど(これでも土いじりはスキです)、地域が近隣ではないのかな?うむむむ・・・
もうちょっと探してみますわ。
自分の都合で、拘束もなく、誰でもできて、あんまり責任もなくて~みたいなものを考えてたんだけど、もうちょっと真面目に考えなければいけないのかもしれない。
そうすると、面倒・・・になってしまうんですよね・・・私ったら!


☆その③、孫関連行事目白押し
孫と言えば、先日、新潟で母と旅行をし、5月には初節句、6/1には1歳の誕生日と、軒並みイベントが続きます。
娘夫婦はわりかし、きっちりと行事をしたいタイプなので、私たち夫婦も娘の家におよばれの予定です。
正直、若いのに立派だわ。
まずは初節句のお祝いに。
そしてその次は一才のお誕生日祝いに。
いろいろこちらも物入りには違いないのですが、必要経費・・・ですね。
一才のお誕生日ね~早いものですわ。
何をプレゼントしようかな。


そんなわけで、ボランティアなども視野に入れつつ、体重にも気を付けつつ、孫の成長も祝う、そんな日々の私です。
[PR]
by juno0712 | 2015-04-24 21:48 | じゅの家ネタ♪ | Comments(1)

4世代での温泉旅行♪

こんばんは。

早いもので、もう四月も終わろうとしてますね。
会社を辞めてから一ヶ月経過してるわけですが、毎日ゆるゆると日々を過ごしています。

以前、ぐちぐちと記事に書いたのですが、同僚との食事会、飲み会は来月以降に伸ばすことにして、粛々と地味に生活を営んでおります。

四月のメインイベントは、母との温泉旅行でした。
それも先日無事に終わりました。
母にとってはひ孫との初顔合わせでしたが、案の定、母にだっこされたら泣きましたね(笑)
でも、時間がたつにつれて、回りの人にも馴れてよく遊んでましたからあんまり手がかからなかったよい子でした。

f0073639_215179.jpg



母も変わりなかったのが嬉しかったのですが、最近は毎食ごとの薬は、義姉が一錠ずつ手渡してるらしく、ホテルで落ち合ったときに兄から薬を手渡されました。
前回までは(去年までは)自分できちんと飲んでましたが、兄いわく、チエックしないと忘れがちらしい。
まあ、88才ですからそれもやむ無しかな。
相変わらず毎日、大学ノートにびっしりと日記を書いてるようで、当日も寝る前に書いてました。
今回は二部屋をとなり同士で予約しまして、私と娘と孫で一室にしたのですが(孫が夜中に何度も起きてしまうので)、実際にはふえーんって一泣きして、娘が抱き寄せて背中をトントンすればまたすぐに眠り、夜中に何回かそれを繰り返す程度で夜泣きでぐずることもなかったです。

朝の目覚めもバッチリ!
とても手のかからない子でした。
よしよし\(^_^)

食事は「竹の子づくし」のプランにしたんだけど、これが微妙だった(-.-)
f0073639_21253477.jpg

画像は、ほんの一部ですが、このほかに竹の子の釜飯、竹の子と豚の角煮のようなもの?竹の子をはじめとした、山菜の天ぷら(これはすごく美味しかった!)最後は地のイチゴを使ったアイスと同じくイチゴを使ったチーズケーキそして生キャラメル。
出てくる料理のほとんどが竹の子で、お肉もあるけど、メインは竹の子で、飽きてしまいました。
地のものなので、竹の子好きな母にいいかな、と思ったのですが、普通のプランでもよかったような気がする。
孫は特別に離乳食をお願いして(1500円)それを食べてました。厳選素材らしい。
しらすとニンジンのお粥と、カボチャのポタージュ。
f0073639_2193985.jpg

娘によれば、普段はしらすも塩抜きしてるそうですが、若干、塩気が感じられて、いつものよりも味が強かったらしい。
今は10ヶ月の孫ですが、七ヶ月用でお願いしました。
遊びながらも食いつきよかった、よね?(笑)

二部屋ともお風呂つきの部屋にしたので、母のお風呂の世話やら、孫の世話やらで私はけっこう二部屋を行ったり来たりで忙しく、孫の動画を撮るのに必死でまともに写真をとってません。m(__)m

初めての新幹線も孫は難なく乗り越えて無事に帰ってきました。
母も大満足で、とっても嬉しそうだったので今回は孫を連れていってよかったわ!

前回と同じ宿ですが、赤ちゃん連れでもいろいろと行き届いていて(この旅館、赤ちゃん大歓迎なんですよ)、部屋も完全バリアフリーで母にもよかったと思います。

f0073639_2113198.jpg

これは帰りに新潟駅で食べた安田ヨーグルトのソフトクリーム。
ものすごく美味しかった!
安田ヨーグルトは、地元のイオンでも飲むヨーグルトが売ってますが、ソフトクリームははじめてでしたが、濃くて美味しい!
新潟にもしいかれる方がいたら、これはお薦め!!
娘がスプーンですくって自分の口に運ぶ度に孫が口を開けて待っていて、気の毒で(笑)、孫に見せつけながら食べるのは拷問の用だったので二人で急いで食べました。(私はコーンタイプを頼みました)

活発な孫なのでどうなることかと思いましたが、幼児番組のDVDを見せたり、いつも読んでる絵本で遊んだりなんとかやり過ごせました。
しかし、こんな片田舎なのに・・・この旅館、いつもすごく混んでるのよね。まさか私たちみたいに関東圏からわざわざこんな無名の温泉に行きたいと思わないよね・・・
地元、新潟の近隣からのお客様が多いんでしょうかね~
ほんとびっくりするほどいつもお客様が多い。
でも、そのせいで不快な思いをすることはなかったです。
さすが、レビュー見ても評価高いだけあるわ。
スタッフの方々(男性、女性とも)若い方が多いのですが、教育が行き届いているというかそこかしこでの配慮がスムーズで手際よかった!
すばらしい♪

次回はいつになるやら…
また計画しようかな…
[PR]
by juno0712 | 2015-04-24 21:38 | じゅの家ネタ♪ | Comments(1)

月曜日♪

f0073639_852226.jpg


おはようございます♪

すでに桜は葉桜になってるとこばかりね。
画像は横浜方面の桜。
孫に会いに行った帰りにパチリ。

前記事で突っ込み用のない内容でUPいたしましたが、お恥ずかしい限り。
反省の意味も込めて削除しないことにしますわ。

仕事やめてよかった~と思う瞬間、
月曜日の朝ですわね♪!
いやー、これは大きいわ。
毎週、月曜日の朝はブルーだったもんねー。

NHKの朝ドラをリアルタイムで見ながら洗濯してる日々!
いいね!071.gif
[PR]
by juno0712 | 2015-04-13 08:51 | じゅの家ネタ♪ | Comments(2)

おみくじ

f0073639_22552156.jpg


こんばんは。
明日から仕事だわー( ノД`)…

二日に地元の神社にお詣りにいきました。
いつもは閑散としてるその神社もさすがに賑わってました。

おみくじを引いてみたら!
大吉でした!

去年も大吉だったんだわ。
去年はもう少し大きな神社だったんだったけどね。
大吉をひいたけれど、昨年、仕事はきつかったなー
でも、孫も無事に産まれたし、大過なく過ごせたのだから感謝感謝。

そして今年も大吉。
どんな年になるやら。
今年は私もいろいろ変化のある年になりそうなので無事に乗り越えたいものです。
三月くらいまでハードになりそうなのでめげずに頑張らなくては。
もう、けっこう年とってきまして、ハードな日々はもう勘弁、なのよね。
体力はもちろん、精神力がついていかないのを実感してます。
考え方を変えて、ゆるゆるな環境ではなく、ハードルの高い課題をこなすことは、相当、私のボケ防止に貢献してくれてるに違いない(笑)



ちなみに夫は末吉でした。
息子は一日に友人と一緒に少し大きな神社に行っておみくじ引いて、中吉だったとか。
夫婦で、お賽銭を投げ入れて神妙にお詣りしてきました。

小さな神社で後ろに並んでる人もいて、ながーくおまいりできなくて、さささって慌ただしく終えました。

家内安全!
大過なく一年過ごしたいものですm(__)m

平和な一年でありますように(^^)v
[PR]
by juno0712 | 2015-01-04 22:54 | じゅの家ネタ♪ | Comments(0)

田舎の温泉にて

f0073639_22405417.jpg

f0073639_22415554.jpg

お久しぶりです。
ビョンホン界はどよ~んとした空気が立ち込めておりますが、個人の日常もあれこれありますね。いいことも悪いことも。
旅日記はお暇な方のみお読みくださいませ。

母との一泊二日の温泉旅行は10月五日のことでした。

関東に台風が来るのを避けるように新潟へ。
久々の新幹線に乗って一人で新潟に向かいました。

前日に母に電話をしましたら、修学旅行の前のように楽しみでウキウキしてるって話してたので、こちらも楽しい旅にしなくては!と気合いが入りました。
母と二人で旅行するのも生まれてはじめて。
母と一緒に温泉に入るのも初めてなのです。
幼い頃はおばあちゃん子だった私はいつも祖母に連れられて旅行に行ってました。
実家の仕事がすごく忙しく、母はのんびり娘と旅行に行く暇もなく仕事をしてましたから。

大きくなって私が東京で生活を始めると、母は私のところや兄のところに泊まるか、父と母が一緒に上京するときはホテルに泊まって私たちが子供連れで合流する、というどちらかというと温泉ではなくホテルで過ごした記憶しかありません。
その上、恥ずかしながら私のポケットマネーでご招待するなんて生まれて初めて(笑)!
ほんとはもっともっと母や両親を連れていろんなところに行けばよかったのに、ついつい小金持ちの母にお財布はお任せのこれまででした。
もう87の母だし、ある日、ふと、新潟の母にただ会いに行くだけではなく隣り町のあの馴染みのある温泉で母と過ごそう!と思いつき初めて実行した次第です。
親孝行も元気なうちにしておかないとね。
幹事として、母を楽しませなくては!と張り切った私でした。

マメに写真を撮ったりしなかったので全然画像がないのですが、数枚の写真を頼りになんとか記事を書いてみます。

繰り返しますがお暇な方だけよろしくね。

まず、兄の家に行って久々に母に会ったら、なんと、母は痩せてきれいになってました(笑)。
我が家では食べたいものを少しずつ食べさせてましたが、兄の家では我が家に比べてもっともっと野菜中心で量をたべないのよね。
お茶碗半分くらいの量かな?
母と電話で今まで話しているといつもお腹がすいてると言ってたのですが、体重が落ちて、体の負担が無くなり、腰は曲がっているものの足取りは我が家にいるときとそう、変わっていませんでした。
数キロ体重が落ちたらしいけど、姉、さすがだわ。
それに兄の家ってもともと、ほとんど間食しないのよね。

それも大きいね。
果物好きな母は果物に飢えていたようですが、我が家の時と比べて自由に食べさせるのではなく、食事の時にほんの少しだけ。
管理しないとだめなんだねー。
体だけではなく話しても生き生きしていてとても元気でした。
一時間ほどみんなでしゃべってホテルへ。
兄のところからは車で20-30分くらいの場所です。
小高い丘に向かって走ると奥の方に大きなホテルが見えてきました。


泊まったのはホテル小柳。HPはこちら
昔ながらの大旅館です。
日曜日に泊まり、月曜日にチエックアウトしましたが、まあ、混んでること!
中居さんに聞いてみましたら、お盆明け以外はずーーーっと忙しいらしい。
それでもまだ、今は忘年会前なので余裕があるとのこと。
新潟は紅葉も始まっていましたから、温泉に入りながら紅葉を愛でて…の予定でしたが台風のせいで強い雨が降っていて、窓を開けることもできず、でしたが夕食の時間まで母と話したり、持ち込んだカンジファンのDVDを見たり。
前もって旅館には、DVDプレイヤーを貸して下さいと伝えてありましたから。

f0073639_7142349.jpg


旅館って、窓際に応接セットのようなもの、置いてますよね?
もちろんこの旅館もそうでした。
割りと広めのこの応接スペースでしたが、母がここに座ることもなく夕食まではカンジファンタイム!
画像は応接スペースから母を撮ったもの。
何度も見てるのか、「恋の花火」の台詞をブツブツ呟きながら、私に人物の相関図を一生懸命説明してくれる母。
はっきりいって全く興味なく生返事してました(笑)

夕食の時間までお茶を飲みながらあれこれ話したりもしました。
兄や兄嫁に対してのぼやきを適当に聞きながら、なんだかんだ言っても母が健康でいることはありがたいことだ、と思ったり。

実は今、母は週に四日、デイサービスに通ってるらしい。
要介護1らしいのですが、記憶が一部あいまい?なのか?
手紙でも電話でも会って話しても以前に増してしっかりしていてどこが要介護?と思えるほどなのですが、会社の同僚に聞いたら、都会と田舎では施設の余裕度が違うので、なかなか都会だと要支援とか要介護の判定は出してもらえないのよということらしい。

母が一部記憶があいまいということで今のデイサービスを使えるようになったのですが、日常ほとんど不都合を感じないならケアマネさんに判定してもらうということは、私と一緒ならすることはなかっただろうな。
あくまでも申し出ベースですからね。
兄の家で、とてもいいケアマネさんで、今の場所はショートステイもできて、母も満足してると。
なるほどねー
兄たちは少しずつ少しずつそういう施設に母を慣れさせてショートステイもさせて、ゆくゆくは施設暮らしを想定してるのでしょうか?
私が面倒をみてるわけではないので口を挟みませんがなんだか微妙な想いが沸々と沸いてきます。
そういう想いとは、つまり、私の中に「介護施設に預けられるのは気の毒に」っていう先入観があるんでしょうね。
しかし母の話を聞いてると、週に四日のデイサービス、最初は本当に嫌で嫌でしょうがなかったらしいけれど今は楽しいんだって。
自分よりなにもできないお仲間に針仕事を教えてあげたり、漢字やことわざを教えてあげたり、それで感謝されたり、施設の方に誉められたり。
張り合いがあるらしい。
しかも、ピアノ弾いたり歌を歌ったりすることも好きなのでよく、歌って~って頼まれるらしい。
演歌や民謡が嫌いな母ですが、直近で歌った曲は、カンジファンが、日本のファンミで日本語で歌ったラブバラード!(笑)
誰も知らないよね!
まわりのお年寄り、ポカーンとしてただろうね(笑)

デイサービスで、施設の仲間や職員さんとも楽しくやってることはすごくいいことですよね。
母は自分からは知らない老人たちの輪に入るのは、ものすごくいやがっていたので、すごくいい変化だと思います。
人と会って刺激のある生活がてきていて、それが楽しいんだからよかったね!って言ってあげないとね。

どういう環境であれ、私の想いは置いといて、母が楽しく幸せでいればいいんですよね。

f0073639_218099.jpg

f0073639_2183640.jpg

f0073639_2185217.jpg

f0073639_219749.jpg

f0073639_218099.jpg


部屋での食事は今、別料金がかかるの、知らなかった(笑)。
いわゆる旅館に泊まったことさえ〇年ぶり!
このメニューは豪華なようでランクで言えばスタンダードクラス。
魚の煮つけは「ノド黒の煮つけ」
新潟ではおいしい魚ですわね。
私はなんと言っても「かきのもとのお浸し」が美味しかった!
新潟では食用菊のお浸しをよく食べるんです。
シャキシャキとした歯触りとほのかな菊の香りが最高です。

鮪の刺身は大トロ。
3切れで充分なくらいまったり。
母も久々の豪華な食事(笑)で嬉しそうでした。
もちろん全部は食べることができず、最後のマツタケの釜めしはお互い、一口食べるのがやっとでした。

いや~久々の旅館での部屋食、堪能いたしました。
どれも大変おいしかったです。

とにかく大旅館なのでロビーから部屋への移動、部屋から大浴場への移動、部屋から朝食バイキング会場への移動、どこに行くのもかなり歩くのです。
私にとっては大したことのない距離ですが、母には大変な距離。
それで旅館には車いすを用意してもらって、異動はすべて母を車いすに乗せて私が押して異動しました。
母は初めて車いすに乗って照れてました(笑)
抵抗はなかったみたい。
大浴場に行くのも考えてみれば母とは初めて。
デイサービスで、お風呂にも入っているせいで母も抵抗もなく、のんびりできました。
よくあるガラス張りの大きなお風呂でしたが、10時近くに行ったせいか、がらーんとしていて、人に気を使うこともなく入れました。

部屋に戻ってから並んだ布団に入って何だかんだと話しているうちに私は寝てしまったのですが、母は私の寝顔を見て、亡き父にそっくりだわ~って思っていたんだとか。
「また幸子のところに行きたいけどもう無理かな~」とも考えたりしてたらしい。
いえいえ、お母さんさえ元気なら、また我が家に来て気ままにすごしてほしい。
でも、移動が遠すぎるのが問題かな~

翌朝はビュッフェ形式の朝食を食べにまた、車イスで移動。
母はパンとスープ、果物を少し、私は和食の朝御飯。とろろが食べたくて(笑)

チエックアウトの頃は雨が強かったのですが、車寄せも広くて濡れずに兄の迎えの車に乗ることができました。

台風の様子をみるために昼頃まで兄の家で待機していましたが、台風の影響もなく帰ってこれてよかったです。

戻ってきて二日後には母から手紙が届いていて、すごく楽しかったから、毎年計画してほしいって書いてありました。
予算組んでおかなきゃ!(笑)
[PR]
by juno0712 | 2014-10-19 22:16 | じゅの家ネタ♪ | Comments(8)

秋の旅行♪

こんばんは~

すっかり秋ですわね。
暑い夏が苦手ですが、こんなに早く涼しくなってしまって、来週からの会社用の衣類をいろいろ用意しておかないとね。
室内では半袖でOKですが、通勤時はさすがにね。

実は10月に母と二人で一泊旅行(と言っても、実家から車で30分ほど場所にある温泉旅館でまったりと一泊を過ごすだけ)の予定をたてていて、ベッドがいいのか、完全和室でも大丈夫なのか、夕食は室内ですが、朝食バイキングは、大丈夫なのか(そこまでちゃんと歩いて行けるのか)、お風呂は好きなのに、温泉にはけして入らない母に、室内露天風呂が必要?とか、いろいろ決めなくては。
母はとっても楽しみにしてくれてるようなので幹事の私、頑張ります♪

しかし!あの実家から近い隣町の温泉旅館、幼い頃から、温泉によく入ったりしてお馴染みのつもりだったのですが、いわゆる高級旅館だったなんて、今回幹事になってはじめて知った!
そりゃ、きれいなきちんとした旅館だったけれど、うちの実家なんてほんとに新潟の田舎だものね~
まったく観光地でもないし。
HPもリニューアルされて昔のイメージは払しょくされて美しい旅館に変貌していました。
さて、明日は実際に旅館に電話して、希望のプランをあれこれアレンジしてもらえるか頼む予定。
あとはお天気がよければいいんだけどね。

f0073639_237259.jpg

旅館のHPから見てみましたが・・・87歳の母、半分も食べれないと思う・・・
お刺身大好きだからそれはいいわね。
あとは菊の花のお浸し!これ、新潟では外せませんね。
画像はお刺身主体ですが、新潟牛のすきやきなんてのもあるらしい。
でも、母はお肉はそれほど欲しないだろうし、「ノド黒←お魚です」のお料理がいいかも。
せっかく新潟に行くんだから、炊き込みご飯よりも白米がいいよな~などなどいろいろ考えたり。
[PR]
by juno0712 | 2014-09-14 22:52 | じゅの家ネタ♪ | Comments(4)

初行事♪お疲れさま♪

こんばんは。

夜になってから雷雨がすごかった!
皆様地方は大丈夫でしたか?

本日、孫っちと写真館で写真を撮ってきました。
暑い日々なので、孫の負担を減らすためにお宮参りは娘と婿さんが都合のいいときに(別の日に)終わらせて、私たち親は写真撮影だけに参加してきました。

それほど湿気のない日でよかった!
駅で待ち合わせしましたが、きちんとメイクをした娘を見たのは何ヵ月ぶり?!
スッキリして落ち着いて綺麗に見えた(親バカです、すみません)

娘夫婦の家のある地元の昔ながらの写真館に行きまして、孫は婿さんに抱かれてスヤスヤ寝てたのですが、まずは孫の着替えをして、あちらのお母さんが白いタキシード風ベビードレスを着た孫を抱いて、前列はあちらのご両親と孫と私、後列に婿さん、娘、夫。
七人でまずは集合写真をパチリ。
パチリというか、デジタルですから何枚も撮りました。
孫は目を覚ましてもいい子にしていて、写真館のご主人が孫が真ん中を見ていいお顔をした瞬間を見計らってシャッターを押し、写真館の奥さまがガラガラや鈴で音を鳴らして注意を真ん中に向けてくれたり、衣裳を直してくれたり、みんなの姿勢や、襟元を直してくれたり声をかけてくれたりしてかいがいしく動いてくれました。
写真館の奥さまのおうちでもお嬢さんが赤ちゃんを産まれて、同じように記念写真を撮ったばかりとか。店内にもかわいい写真が飾ってありました。
そんな理由からも上手に気配りしてくださったのだと思います。

そうそう、こんなふうなところを私は求めてました。
私の母とうちの地元で撮ったときのあの若いバイト風の女の子のマニュアル通りの扱いには辟易としてましたから。

孫っちはずっといい子で泣く気配もなく、次は孫の単独撮影へ。

ベビードレスを着た孫を椅子に座らせて、まだお座りできないけれどちゃんと安定して座らせることができるようにいろいろ道具があるのよね。
写真館でお借りした濃紺地の鷹の意匠の着物を首もとから掛けて広げてパチリ。
面白かったのは、椅子の背もたれに丸い穴が開いていて、椅子の後ろにしゃがんだ写真館の奥さまがその穴に手を通して孫の首もとを支え、まっすぐ前を見るようにしてたこと!
なるほどー!そんなふうにするんだね。
うちの子の時、こんなことしたかな?息子の写真なんか弱冠あさっての方を見てたと思うんだけど、あの「穴」なかったのかも(笑)。
孫はいやがりもせずぱっちり目を開けてりりしい顔で撮られてました。
端で見てるギャラリーの私たち、シャッター押されるたびにあー、今の一枚ベストだねー!とかあー、これもよかった!とか孫撮影で盛り上がりました。

最後は孫と若夫婦の三人撮影。

そして、後は三パターンで撮った画像をどれにするかを取捨選択。
ここまでで一時間半位でしたがその間、いろんな人にだっこされた孫はなきもせずずっといい子でよくもったわ。
親孝行だね。
婿さんによると、家でも写真を撮ろうとするとちゃんとおとなしく撮られるらしい。
写真嫌いだったというビョンホンのような子供は多いと思うけど、孫は写真好きなのかな?(笑)
そうこうしてるうちに次の予約のお客様が来たりして、けして派手ではない地元の写真館ですがしっかりお客様がいるのね~。

そのあとは娘の家にみんなでお邪魔して、お寿司をいただき、娘の作った煮物や、漬け物もいただき、最後はデザートまでいただいて三時頃に失礼するまでの間、孫は自宅に戻ってほっとしたのか泣いておっぱいをせがみ、ごくごく飲んでまどろんでは目を覚まして泣いて、私も久々に会えたのでいっぱいだっこしてきましたよ。
重くなったー♪
しっかり目で追うようになって大人っぽくなった!
顔がかわいくなった♪
泣き声がファルセットで笑えた!(これは前から)

写真撮影のあと、すぐに自宅に戻ったのは正解でした。
以前、友人とランチしてたときに、まさにその店に予約でお宮参り帰りと思われる団体が奥の個室に入っていったのですが、そこそこのお料理で体裁はつくけれど肝心の主役の赤子や、その兄である二歳くらいの子やその子らのお母さん、落ち着かなかっただろうな。

家に着いてから注文したお寿司が届く間、両家が顔を会わせて食事をするのはなんと結婚式以来!にもかかわらず、孫のおかげもあり気を使うこともなく世間話したり孫の話をしたりできました。
これも自宅ならではかもね。
その間、婿さん、洗濯して洗濯物干したり(笑)
娘は赤子の世話をしつつ、合間に煮物を器にとりわけたり、みんなと話をしたり、なんとその話題が家庭菜園の話で!!(笑)(笑)

あちらのお父さん、家庭菜園のキャリア長くて、こだますいかやメロンも庭で栽培してるらしい!
なので娘の家の庭に植えてある木や野菜も全部、お義父さんが手伝ってくれてるのよね。
ご夫婦とも穏やかでやさしい方で娘は幸せものだわ。

美味しいお寿司をいただきながら話を聞いていると、娘が婿さんのご両親との付き合いだけではなく自宅周辺のご近所の年輩(重鎮)の方たちと上手くお付き合いしてることや、我が子を扱うあれこれが随分手慣れて、口には出しませんでしたが感心致しました。

なんかいつのまにかしっかり大人になったのね~…としみじみ。
孫よりも初めて母になった娘の事をあれこれ心配していた私ですがなんとかうまくやれてるようで一安心です。
読み返してみると、綺麗事のように思えるのですが、例えば割りと近くに住んでる義両親とうまくいってない、とか未だに母親として未熟すぎる、とか娘について思い煩う何かがあったとしてもそれはそれであり得ることだと思っていましたが様々なことがうまく回ってるのは娘の運もよかったんだろうし、娘自身も結婚して母親になって努力してる部分が報われたということなんでしょうかね。
嬉しい限りです。
婿さんの親御さんと婿さんには感謝しなくてはね。

また、お隣には孫とまったく同じ日に産まれた女の子がいるので幼なじみになるわけだわ!
お隣の奥さんは三人の子供さんのいるお母さんだし貫禄充分!
娘はこれからいろいろ頼りにさせてもらえそう。

孫はいろんな人にだっこされて落ち着かなかったのかなかなか寝てくれなかったのですが、私たちが帰ってからガーゼ素材のおくるみで体を巻いたらぐっすり寝てくれたとか。

まだ二ヶ月にもなってないのにギターの音色を追ったり顔をじっと見て追ったり随分成長していてびっくりしました。
脳みそがどんどん成長していて人間になってる、と思えるような反応がいっぱいありました。

孫よ!
健康で元気に育ってね!
やさしいお父さんとお母さんがいっぱい可愛がってくれるから思いっきり甘えてね!
若夫婦のお二人、お疲れさま。
楽しかったわ。
今日はお金もかかったよね。

孫貯金に励まなきゃ(笑)

続きはこちら
[PR]
by juno0712 | 2014-07-20 23:53 | じゅの家ネタ♪ | Comments(1)

日々の徒然にも脱力目線であれこれと。そしてびょんほん♪


by juno0712