カテゴリ:じゅの家ネタ♪( 118 )

田舎の温泉にて

f0073639_22405417.jpg

f0073639_22415554.jpg

お久しぶりです。
ビョンホン界はどよ~んとした空気が立ち込めておりますが、個人の日常もあれこれありますね。いいことも悪いことも。
旅日記はお暇な方のみお読みくださいませ。

母との一泊二日の温泉旅行は10月五日のことでした。

関東に台風が来るのを避けるように新潟へ。
久々の新幹線に乗って一人で新潟に向かいました。

前日に母に電話をしましたら、修学旅行の前のように楽しみでウキウキしてるって話してたので、こちらも楽しい旅にしなくては!と気合いが入りました。
母と二人で旅行するのも生まれてはじめて。
母と一緒に温泉に入るのも初めてなのです。
幼い頃はおばあちゃん子だった私はいつも祖母に連れられて旅行に行ってました。
実家の仕事がすごく忙しく、母はのんびり娘と旅行に行く暇もなく仕事をしてましたから。

大きくなって私が東京で生活を始めると、母は私のところや兄のところに泊まるか、父と母が一緒に上京するときはホテルに泊まって私たちが子供連れで合流する、というどちらかというと温泉ではなくホテルで過ごした記憶しかありません。
その上、恥ずかしながら私のポケットマネーでご招待するなんて生まれて初めて(笑)!
ほんとはもっともっと母や両親を連れていろんなところに行けばよかったのに、ついつい小金持ちの母にお財布はお任せのこれまででした。
もう87の母だし、ある日、ふと、新潟の母にただ会いに行くだけではなく隣り町のあの馴染みのある温泉で母と過ごそう!と思いつき初めて実行した次第です。
親孝行も元気なうちにしておかないとね。
幹事として、母を楽しませなくては!と張り切った私でした。

マメに写真を撮ったりしなかったので全然画像がないのですが、数枚の写真を頼りになんとか記事を書いてみます。

繰り返しますがお暇な方だけよろしくね。

まず、兄の家に行って久々に母に会ったら、なんと、母は痩せてきれいになってました(笑)。
我が家では食べたいものを少しずつ食べさせてましたが、兄の家では我が家に比べてもっともっと野菜中心で量をたべないのよね。
お茶碗半分くらいの量かな?
母と電話で今まで話しているといつもお腹がすいてると言ってたのですが、体重が落ちて、体の負担が無くなり、腰は曲がっているものの足取りは我が家にいるときとそう、変わっていませんでした。
数キロ体重が落ちたらしいけど、姉、さすがだわ。
それに兄の家ってもともと、ほとんど間食しないのよね。

それも大きいね。
果物好きな母は果物に飢えていたようですが、我が家の時と比べて自由に食べさせるのではなく、食事の時にほんの少しだけ。
管理しないとだめなんだねー。
体だけではなく話しても生き生きしていてとても元気でした。
一時間ほどみんなでしゃべってホテルへ。
兄のところからは車で20-30分くらいの場所です。
小高い丘に向かって走ると奥の方に大きなホテルが見えてきました。


泊まったのはホテル小柳。HPはこちら
昔ながらの大旅館です。
日曜日に泊まり、月曜日にチエックアウトしましたが、まあ、混んでること!
中居さんに聞いてみましたら、お盆明け以外はずーーーっと忙しいらしい。
それでもまだ、今は忘年会前なので余裕があるとのこと。
新潟は紅葉も始まっていましたから、温泉に入りながら紅葉を愛でて…の予定でしたが台風のせいで強い雨が降っていて、窓を開けることもできず、でしたが夕食の時間まで母と話したり、持ち込んだカンジファンのDVDを見たり。
前もって旅館には、DVDプレイヤーを貸して下さいと伝えてありましたから。

f0073639_7142349.jpg


旅館って、窓際に応接セットのようなもの、置いてますよね?
もちろんこの旅館もそうでした。
割りと広めのこの応接スペースでしたが、母がここに座ることもなく夕食まではカンジファンタイム!
画像は応接スペースから母を撮ったもの。
何度も見てるのか、「恋の花火」の台詞をブツブツ呟きながら、私に人物の相関図を一生懸命説明してくれる母。
はっきりいって全く興味なく生返事してました(笑)

夕食の時間までお茶を飲みながらあれこれ話したりもしました。
兄や兄嫁に対してのぼやきを適当に聞きながら、なんだかんだ言っても母が健康でいることはありがたいことだ、と思ったり。

実は今、母は週に四日、デイサービスに通ってるらしい。
要介護1らしいのですが、記憶が一部あいまい?なのか?
手紙でも電話でも会って話しても以前に増してしっかりしていてどこが要介護?と思えるほどなのですが、会社の同僚に聞いたら、都会と田舎では施設の余裕度が違うので、なかなか都会だと要支援とか要介護の判定は出してもらえないのよということらしい。

母が一部記憶があいまいということで今のデイサービスを使えるようになったのですが、日常ほとんど不都合を感じないならケアマネさんに判定してもらうということは、私と一緒ならすることはなかっただろうな。
あくまでも申し出ベースですからね。
兄の家で、とてもいいケアマネさんで、今の場所はショートステイもできて、母も満足してると。
なるほどねー
兄たちは少しずつ少しずつそういう施設に母を慣れさせてショートステイもさせて、ゆくゆくは施設暮らしを想定してるのでしょうか?
私が面倒をみてるわけではないので口を挟みませんがなんだか微妙な想いが沸々と沸いてきます。
そういう想いとは、つまり、私の中に「介護施設に預けられるのは気の毒に」っていう先入観があるんでしょうね。
しかし母の話を聞いてると、週に四日のデイサービス、最初は本当に嫌で嫌でしょうがなかったらしいけれど今は楽しいんだって。
自分よりなにもできないお仲間に針仕事を教えてあげたり、漢字やことわざを教えてあげたり、それで感謝されたり、施設の方に誉められたり。
張り合いがあるらしい。
しかも、ピアノ弾いたり歌を歌ったりすることも好きなのでよく、歌って~って頼まれるらしい。
演歌や民謡が嫌いな母ですが、直近で歌った曲は、カンジファンが、日本のファンミで日本語で歌ったラブバラード!(笑)
誰も知らないよね!
まわりのお年寄り、ポカーンとしてただろうね(笑)

デイサービスで、施設の仲間や職員さんとも楽しくやってることはすごくいいことですよね。
母は自分からは知らない老人たちの輪に入るのは、ものすごくいやがっていたので、すごくいい変化だと思います。
人と会って刺激のある生活がてきていて、それが楽しいんだからよかったね!って言ってあげないとね。

どういう環境であれ、私の想いは置いといて、母が楽しく幸せでいればいいんですよね。

f0073639_218099.jpg

f0073639_2183640.jpg

f0073639_2185217.jpg

f0073639_219749.jpg

f0073639_218099.jpg


部屋での食事は今、別料金がかかるの、知らなかった(笑)。
いわゆる旅館に泊まったことさえ〇年ぶり!
このメニューは豪華なようでランクで言えばスタンダードクラス。
魚の煮つけは「ノド黒の煮つけ」
新潟ではおいしい魚ですわね。
私はなんと言っても「かきのもとのお浸し」が美味しかった!
新潟では食用菊のお浸しをよく食べるんです。
シャキシャキとした歯触りとほのかな菊の香りが最高です。

鮪の刺身は大トロ。
3切れで充分なくらいまったり。
母も久々の豪華な食事(笑)で嬉しそうでした。
もちろん全部は食べることができず、最後のマツタケの釜めしはお互い、一口食べるのがやっとでした。

いや~久々の旅館での部屋食、堪能いたしました。
どれも大変おいしかったです。

とにかく大旅館なのでロビーから部屋への移動、部屋から大浴場への移動、部屋から朝食バイキング会場への移動、どこに行くのもかなり歩くのです。
私にとっては大したことのない距離ですが、母には大変な距離。
それで旅館には車いすを用意してもらって、異動はすべて母を車いすに乗せて私が押して異動しました。
母は初めて車いすに乗って照れてました(笑)
抵抗はなかったみたい。
大浴場に行くのも考えてみれば母とは初めて。
デイサービスで、お風呂にも入っているせいで母も抵抗もなく、のんびりできました。
よくあるガラス張りの大きなお風呂でしたが、10時近くに行ったせいか、がらーんとしていて、人に気を使うこともなく入れました。

部屋に戻ってから並んだ布団に入って何だかんだと話しているうちに私は寝てしまったのですが、母は私の寝顔を見て、亡き父にそっくりだわ~って思っていたんだとか。
「また幸子のところに行きたいけどもう無理かな~」とも考えたりしてたらしい。
いえいえ、お母さんさえ元気なら、また我が家に来て気ままにすごしてほしい。
でも、移動が遠すぎるのが問題かな~

翌朝はビュッフェ形式の朝食を食べにまた、車イスで移動。
母はパンとスープ、果物を少し、私は和食の朝御飯。とろろが食べたくて(笑)

チエックアウトの頃は雨が強かったのですが、車寄せも広くて濡れずに兄の迎えの車に乗ることができました。

台風の様子をみるために昼頃まで兄の家で待機していましたが、台風の影響もなく帰ってこれてよかったです。

戻ってきて二日後には母から手紙が届いていて、すごく楽しかったから、毎年計画してほしいって書いてありました。
予算組んでおかなきゃ!(笑)
[PR]
by juno0712 | 2014-10-19 22:16 | じゅの家ネタ♪ | Comments(8)

秋の旅行♪

こんばんは~

すっかり秋ですわね。
暑い夏が苦手ですが、こんなに早く涼しくなってしまって、来週からの会社用の衣類をいろいろ用意しておかないとね。
室内では半袖でOKですが、通勤時はさすがにね。

実は10月に母と二人で一泊旅行(と言っても、実家から車で30分ほど場所にある温泉旅館でまったりと一泊を過ごすだけ)の予定をたてていて、ベッドがいいのか、完全和室でも大丈夫なのか、夕食は室内ですが、朝食バイキングは、大丈夫なのか(そこまでちゃんと歩いて行けるのか)、お風呂は好きなのに、温泉にはけして入らない母に、室内露天風呂が必要?とか、いろいろ決めなくては。
母はとっても楽しみにしてくれてるようなので幹事の私、頑張ります♪

しかし!あの実家から近い隣町の温泉旅館、幼い頃から、温泉によく入ったりしてお馴染みのつもりだったのですが、いわゆる高級旅館だったなんて、今回幹事になってはじめて知った!
そりゃ、きれいなきちんとした旅館だったけれど、うちの実家なんてほんとに新潟の田舎だものね~
まったく観光地でもないし。
HPもリニューアルされて昔のイメージは払しょくされて美しい旅館に変貌していました。
さて、明日は実際に旅館に電話して、希望のプランをあれこれアレンジしてもらえるか頼む予定。
あとはお天気がよければいいんだけどね。

f0073639_237259.jpg

旅館のHPから見てみましたが・・・87歳の母、半分も食べれないと思う・・・
お刺身大好きだからそれはいいわね。
あとは菊の花のお浸し!これ、新潟では外せませんね。
画像はお刺身主体ですが、新潟牛のすきやきなんてのもあるらしい。
でも、母はお肉はそれほど欲しないだろうし、「ノド黒←お魚です」のお料理がいいかも。
せっかく新潟に行くんだから、炊き込みご飯よりも白米がいいよな~などなどいろいろ考えたり。
[PR]
by juno0712 | 2014-09-14 22:52 | じゅの家ネタ♪ | Comments(4)

初行事♪お疲れさま♪

こんばんは。

夜になってから雷雨がすごかった!
皆様地方は大丈夫でしたか?

本日、孫っちと写真館で写真を撮ってきました。
暑い日々なので、孫の負担を減らすためにお宮参りは娘と婿さんが都合のいいときに(別の日に)終わらせて、私たち親は写真撮影だけに参加してきました。

それほど湿気のない日でよかった!
駅で待ち合わせしましたが、きちんとメイクをした娘を見たのは何ヵ月ぶり?!
スッキリして落ち着いて綺麗に見えた(親バカです、すみません)

娘夫婦の家のある地元の昔ながらの写真館に行きまして、孫は婿さんに抱かれてスヤスヤ寝てたのですが、まずは孫の着替えをして、あちらのお母さんが白いタキシード風ベビードレスを着た孫を抱いて、前列はあちらのご両親と孫と私、後列に婿さん、娘、夫。
七人でまずは集合写真をパチリ。
パチリというか、デジタルですから何枚も撮りました。
孫は目を覚ましてもいい子にしていて、写真館のご主人が孫が真ん中を見ていいお顔をした瞬間を見計らってシャッターを押し、写真館の奥さまがガラガラや鈴で音を鳴らして注意を真ん中に向けてくれたり、衣裳を直してくれたり、みんなの姿勢や、襟元を直してくれたり声をかけてくれたりしてかいがいしく動いてくれました。
写真館の奥さまのおうちでもお嬢さんが赤ちゃんを産まれて、同じように記念写真を撮ったばかりとか。店内にもかわいい写真が飾ってありました。
そんな理由からも上手に気配りしてくださったのだと思います。

そうそう、こんなふうなところを私は求めてました。
私の母とうちの地元で撮ったときのあの若いバイト風の女の子のマニュアル通りの扱いには辟易としてましたから。

孫っちはずっといい子で泣く気配もなく、次は孫の単独撮影へ。

ベビードレスを着た孫を椅子に座らせて、まだお座りできないけれどちゃんと安定して座らせることができるようにいろいろ道具があるのよね。
写真館でお借りした濃紺地の鷹の意匠の着物を首もとから掛けて広げてパチリ。
面白かったのは、椅子の背もたれに丸い穴が開いていて、椅子の後ろにしゃがんだ写真館の奥さまがその穴に手を通して孫の首もとを支え、まっすぐ前を見るようにしてたこと!
なるほどー!そんなふうにするんだね。
うちの子の時、こんなことしたかな?息子の写真なんか弱冠あさっての方を見てたと思うんだけど、あの「穴」なかったのかも(笑)。
孫はいやがりもせずぱっちり目を開けてりりしい顔で撮られてました。
端で見てるギャラリーの私たち、シャッター押されるたびにあー、今の一枚ベストだねー!とかあー、これもよかった!とか孫撮影で盛り上がりました。

最後は孫と若夫婦の三人撮影。

そして、後は三パターンで撮った画像をどれにするかを取捨選択。
ここまでで一時間半位でしたがその間、いろんな人にだっこされた孫はなきもせずずっといい子でよくもったわ。
親孝行だね。
婿さんによると、家でも写真を撮ろうとするとちゃんとおとなしく撮られるらしい。
写真嫌いだったというビョンホンのような子供は多いと思うけど、孫は写真好きなのかな?(笑)
そうこうしてるうちに次の予約のお客様が来たりして、けして派手ではない地元の写真館ですがしっかりお客様がいるのね~。

そのあとは娘の家にみんなでお邪魔して、お寿司をいただき、娘の作った煮物や、漬け物もいただき、最後はデザートまでいただいて三時頃に失礼するまでの間、孫は自宅に戻ってほっとしたのか泣いておっぱいをせがみ、ごくごく飲んでまどろんでは目を覚まして泣いて、私も久々に会えたのでいっぱいだっこしてきましたよ。
重くなったー♪
しっかり目で追うようになって大人っぽくなった!
顔がかわいくなった♪
泣き声がファルセットで笑えた!(これは前から)

写真撮影のあと、すぐに自宅に戻ったのは正解でした。
以前、友人とランチしてたときに、まさにその店に予約でお宮参り帰りと思われる団体が奥の個室に入っていったのですが、そこそこのお料理で体裁はつくけれど肝心の主役の赤子や、その兄である二歳くらいの子やその子らのお母さん、落ち着かなかっただろうな。

家に着いてから注文したお寿司が届く間、両家が顔を会わせて食事をするのはなんと結婚式以来!にもかかわらず、孫のおかげもあり気を使うこともなく世間話したり孫の話をしたりできました。
これも自宅ならではかもね。
その間、婿さん、洗濯して洗濯物干したり(笑)
娘は赤子の世話をしつつ、合間に煮物を器にとりわけたり、みんなと話をしたり、なんとその話題が家庭菜園の話で!!(笑)(笑)

あちらのお父さん、家庭菜園のキャリア長くて、こだますいかやメロンも庭で栽培してるらしい!
なので娘の家の庭に植えてある木や野菜も全部、お義父さんが手伝ってくれてるのよね。
ご夫婦とも穏やかでやさしい方で娘は幸せものだわ。

美味しいお寿司をいただきながら話を聞いていると、娘が婿さんのご両親との付き合いだけではなく自宅周辺のご近所の年輩(重鎮)の方たちと上手くお付き合いしてることや、我が子を扱うあれこれが随分手慣れて、口には出しませんでしたが感心致しました。

なんかいつのまにかしっかり大人になったのね~…としみじみ。
孫よりも初めて母になった娘の事をあれこれ心配していた私ですがなんとかうまくやれてるようで一安心です。
読み返してみると、綺麗事のように思えるのですが、例えば割りと近くに住んでる義両親とうまくいってない、とか未だに母親として未熟すぎる、とか娘について思い煩う何かがあったとしてもそれはそれであり得ることだと思っていましたが様々なことがうまく回ってるのは娘の運もよかったんだろうし、娘自身も結婚して母親になって努力してる部分が報われたということなんでしょうかね。
嬉しい限りです。
婿さんの親御さんと婿さんには感謝しなくてはね。

また、お隣には孫とまったく同じ日に産まれた女の子がいるので幼なじみになるわけだわ!
お隣の奥さんは三人の子供さんのいるお母さんだし貫禄充分!
娘はこれからいろいろ頼りにさせてもらえそう。

孫はいろんな人にだっこされて落ち着かなかったのかなかなか寝てくれなかったのですが、私たちが帰ってからガーゼ素材のおくるみで体を巻いたらぐっすり寝てくれたとか。

まだ二ヶ月にもなってないのにギターの音色を追ったり顔をじっと見て追ったり随分成長していてびっくりしました。
脳みそがどんどん成長していて人間になってる、と思えるような反応がいっぱいありました。

孫よ!
健康で元気に育ってね!
やさしいお父さんとお母さんがいっぱい可愛がってくれるから思いっきり甘えてね!
若夫婦のお二人、お疲れさま。
楽しかったわ。
今日はお金もかかったよね。

孫貯金に励まなきゃ(笑)

続きはこちら
[PR]
by juno0712 | 2014-07-20 23:53 | じゅの家ネタ♪ | Comments(1)
f0073639_2113477.jpg


またまたスタバです。
ストロベリーディライトフラペチーノ。
トールサイズ、ホイップ多め 。637円

イチゴの果肉がカップの底にゴロゴロ…というか、いくつか(笑)
もっとゴロゴロしててもいいわ。
でも美味しい~♪
ホイップも甘ったるくないし、イチゴ味のフラペチーノの甘酸っぱさとホイップを混ぜるとますます美味しい♪

でもさすがに毎日はいらないかな。
今日は地元のスタバ客の8割はこれを飲んでたわね。
8時過ぎにスタバに入ったのに五人くらい並んでましたよ!びっくり。
並んでた人みーんなストロベリーディライトフラペチーノ!(笑)
スタバすごいわね。

どっと疲れた週末。
やっと週末。
三連休でリセットしなくては!

などなど思いながらのストロベリーディライトフラペチーノでございました。

おすすめです。
夏季限定商品です。
[PR]
by juno0712 | 2014-07-18 21:12 | じゅの家ネタ♪ | Comments(2)

いただきもの♪

f0073639_2139201.jpg

f0073639_21393261.jpg


こんばんは。
今日、三つ目の記事です。
書きたいときはまとめて書く!(笑)


先週の日曜日、田舎から上京することになった新潟の友人と会うために銀座で三人で集合しました。

彼女は卒業後長く東京で働いていたのですが数年前に新潟に帰りました。
新潟がふるさとてすが、私とはまったく新潟時代は縁もなく、高校も違うし学年も違いますが、大学で知り合って仲良くなったらたまたま新潟出身だったという…

彼女はいまだに東京勤務時代のお仲間とOB会、OG会のお誘いがあれば都合がつく限り上京してるので、私ともう一人は彼女の会合が始まるまでの間、銀座で待ち合わせをして久々にお互いの近況などをあれこれ話す時間を持ったというわけです。

そのときに新潟の彼女からいただいたもののひとつが画像の柚ジャム。

なんと、彼女の実家の庭には柚の木が6本!
その他にも、いちじく、柿、栗、梅の木があり、それ以外にも畑でお父様がイチゴを育てているという!!(農家ではありません)

どんだけ広いんだ?!
今度新潟に行ったら訪ねてみなくては。

そんなわけで仕事をしながらも季節ごとにジャム作りをしているらしい。

梅ジャム、イチゴジャム、柚ジャム、いちじくジャム…
果実を無駄にしないようにすごく忙しいらしい。

自宅用はほんの少しで足りるのでほとんど、ご近所さんや、私たちや、会社のお仲間などに分けるために作っているようなもの。

柚ジャム…ママレードですわね。
これがまた、苦味も少しあってすごーく美味しい!!
大人の味なのよね。
甘ったるくないわね?って言ったら「どれだけ砂糖使ってるか見たら恐ろしいわよー」って笑ってましたがほんとに甘ったるくなくて美味しい♪

柚茶のように使うというより、やっぱりバターを塗ったトーストにこのジャムを乗っけて食べるのが一番美味しい。

炭酸にこのジャムを混ぜたり、バニラアイスにかけたりするのもいいかも!
かなり感動的なお味でした。

学生時代からお料理上手なのは知ってたけど季節ごとにジャム作りに余念がないとは。

作る量も半端ないので、いっそ商売にしたらどう?って私たち二人が軽く言いましたら、
すごーく興味があるんだけど、商売にすることになったらあれこれいろいろ難しいからねーって言ってました。

そうよね。確かに簡単ではないわよね。
でも考えたら大学時代からお料理が好きだからそんな仕事をしたいな~♪って言ってたんだっけ。
自分の家の庭や、畑でできた果実でジャムを作りながら季節が変わっていく生活。
仕事も家のこともあるだろうに頑張ってるね~♪
そういえば、私、今年、らっきょう漬けなかったわ。
毎年あれだけはやってたのに。

最近、毎年お味噌を手作りしてます、とか梅干し作ってますとか、庭の果実でジャム作ってます、とかそういうの聞くと憧れと尊敬の念が沸々と湧いてきます。
今はいただく専門の私ですが、いつかは…
いや、ずっといただく専門だろうな(笑)

美味しい柚ジャムどうもありがとう♪
大事に頂きます!
[PR]
by juno0712 | 2014-07-13 21:38 | じゅの家ネタ♪ | Comments(0)

最近の私

f0073639_1958464.jpg

※画像はイメージです。

大変ご無沙汰しておりました。

うちの孫(笑)ですが、6/1で生まれて以来、約1か月半が経ちまして、元気に育っております。
私は6/14(土)から6/22(日)まで、娘の家で過ごしていたのですが、日々仕事に追いまくられていた生活から抜け出して新生児と娘と過ごした日々、貴重でしたわ。

今よりももっと夜中、まとめて寝てくれない赤子でしたから、昼過ぎ3時ごろに沐浴させて、夕飯食べて、7時すぎにはもう娘と孫と一緒に寝て、夜に備えるという・・・(笑)
孫が泣いたら娘はおっぱい飲ませて、私がだっこしてうろうろ歩き回り、寝るのを待ったり、それでもダメなら添い寝させておっぱいくわえさせたり・・・
そういうことくりかえしてるうちに朝になり、5時頃に庭に出てキュウリやナスやトマトを収穫して朝食を用意して娘と一緒に食べて・・・
寝不足だったけれどすばらしいスローライフでした。
洗濯や食事の支度、大家族でもないし、大したことないのよね。
婿さんがどんなものが好物か?って気にしたくらいでね。

その後、土曜日にまた孫のもとに出かけたりしましたが、今度の土曜日はいよいよお宮参りと写真撮影だとか。
全員が都合のよい日、ということですこし遅れてしまいましたが涼しいといいけどね。
その日に着るベビードレスがあちらのお義母さんが用意してくださったのですが、デザインがレーシーなもの、ではなくて、素材はタフタを柔らかくしたような素材なんですが、蝶ネクタイで一見、タキシード?みたいなカッコカワイイデザインで着たらどんなになるのでしょう?と楽しみですわ。

先ほど娘から送られて来た孫の動画が、うつ伏せにされて一生懸命首をあげて、腕も踏ん張ってる孫の姿に笑ってしまいました。
まだ二か月にもならないのに、なんて力強いんでしょう!
もともと固太りの赤ちゃんだったのですが、胸も厚いし、手足も大きくてゴツイ!っていうイメージなのよね。
泣いてる時に手足を右、左、交互に踏ん張る姿もいとをかし。
沐浴させてる時に、口をすぼめて気持ちよさそうにおとなしくなる姿もいとをかし。

娘もだんだん、赤子との生活に慣れてきたようで最近は家事もなんとかうまくこなせるようになったとか。
日々成長してできることが少しずつ増えてくるわが子と一緒に過ごすことが楽しく感じてるようです。
まぁ、これからいろいろあるでしょうけどね。
すべて順調で何も心配もなく育つ子は皆無。
熱を出したり怪我をしたり、いろいろ心配はつきないでしょうけど可愛がって育ててね!

そんなスローライフが終わって会社に久々に出社した日、あ~恐ろしかった(笑)
現実は厳しいわ。

そんな厳しい現実、あとどれくらい続くのだろう?とあれこれマネージャーに相談し、今後のことを決めたり、ため息を突く暇もないほど今忙しいのですが、ほんとに私、頑張ってるわ(笑)

そんな日々の中でも、フィルムツアーも始まってるのね。
東京は六本木でしたかね?
DVDも発売になったとか?
よかったね!
でも、DVDが出るんだったらフィルムツアーは行かなくても・・・って考えましたわ(笑)。
だめ?(笑)

「内部者達」のリーディングも始まったとか。
キャストも決まったらしいですね。
あの人やこの人ね。
これもヒットするといいけどね~
個人的には「痛快」なのを希望してますが、内容から言って痛快とはかけ離れたものになりそうですね(T_T)

特筆すべきはジウン監督の「ノムノムノム」の再編集版の構想!
これ、公開にこぎつけるんでしょうか?
最近、ジウンさん、ラストスタンド以来、普通に公開される映画、全然撮ってないですよね。
撮ってほしいですわ。
ビョンホンじゃないと脚本書けないのかもしれないわね(笑)。

ここのところ、ブロガーとしての自分ってのをまったく忘れてましたが、また何か書きたいことがあったらパソコンに向かう予定です。
ビョンホン情報はほぼ他ブログ様に頼りっきりですが、最近しみじみ考えます。
あの方たちの尽きない情熱・・・本当に感嘆しますわ。
ビョンホンはそんなファン、大事にしなきゃね。
私は、今、ビョンホンとの山登り、ずっと後方になっているような状況です。
あ、最初からそうだったか!(爆)
でも、ビョンホンの周辺がなんとなく落ち着いていて気が楽です。
それが一番!!
[PR]
by juno0712 | 2014-07-13 19:56 | じゅの家ネタ♪ | Comments(1)
f0073639_21391933.jpg

f0073639_21393674.jpg


こんばんは♪

六月一日、20時42分、娘が男の子を出産しました♪

おばあちゃんになりました、私。
妊娠がわかった時に感じたあのえもいわれぬ感動をよく覚えてます。
娘が子を産む?
まだ娘の赤ん坊の頃を鮮明に思い出すことができるのに、その娘が子を産むなんて、なんていったらいいのか、私が年をとったんだな、という感情ではなくて、結婚します、と報告された時とはまったく違う感覚といえばいいのか。

そんなふうに感じながらついにきたその日。
予定日は8日だったのですが、日曜日に産気付くなんて親孝行(ババ孝行)!

昼過ぎに入院して、いよいよ分娩室に入ったのが夜の七時。
それまでまさに産みの苦しみを娘は経験したわけですが、赤ん坊に会えたのは21時半頃。
なので、その日は私も主人もちょっとだけ会えて、抱っこして、写真を撮ってもらって帰宅したので、リアルベビーに会ったのは数分だけ。

なんというか、頼りなげな、ではなくて、手も大きくて、足は幅広、足をバタバタ動かして元気一杯なたくましさを感じる赤ちゃんでした。

連日、娘からラインで刻々と変わる赤ちゃんの画像を送ってもらってますが、最初の印象の通りほ乳力抜群で元気な赤ちゃんみたいです。

名前は二人の間では決まっているとは思いますが知らされるのは土曜日かな?
どんな名前にしたやら、楽しみだわ。

あの苦しんだ陣痛の数時間、婿さんと私が陣痛室に入っていたのですが、婿さんがずうっっと娘に、痛みを逃がす呼吸法を言ってあげてました。

それは夫婦で参加した事前の母親教室で得とくしたものなのか、実際の産院に入院したあとで助産師さんに教わったことなのかわかりませんが、確かに彼のいう通りにすると、娘のうめき声は落ち着いて来たのでした。

(顎、ひくんだよ)
(深く深呼吸して)
(そうそう、ゆっくり息を吐いて)

娘の手は婿さんの手をしっかりにぎっており、激痛ながらも、夫のいう通りに従う娘と、ちゃんと娘を見つめながら励ましつつ、優しい声で、且つとても冷静に呼吸法を伝える婿さん。
なにか神々しいシーンでしたね。
婿さんに包容力とか保護者的なものを感じて深く感じ入った私でした。

私は何をしてたかと言うと、娘の腰から尾てい骨辺りを強くさすること。
撫でるぐらいじゃだめなんですよね。
時折、手が痺れてちょっと力抜くと、
「ママ、腰、やめないで!」
「あ!ごめん!わかった!こうね?!」

そんな雰囲気の中で(扱い悪くね?)などと苦笑しながら、渾身の力で七時まで頑張りました。
いやー痛いよね。
わかるよ。
ずうーっと前のことだけど。

促進剤使ったり、破水させたりしない方針の産院なので、あくまで自然に自然に任せるやり方なので、あとどれだけこの苦しみが続くのか、とその場にいた三人は思ってました。

助産師さんに言わせれば、至極順調な経過だったらしく、夜七時に「はいー、頑張りましたね~、さあ、行きましょうね!」と告げに来てくれたときに本当にほっとしました。
婿さんは立ち会いのために娘と一緒に分娩室へ。

私は放置していた夫のもとに。
夫は、備え付けの図書をあれこれ読んで時間潰しをしたり、コンビニに行ったりしてたようでした(笑)

今は4Dで、胎児の画像を見ることができて、かなりリアルな顔が生まれる前から見れるのですが、狭い産道を回旋しながら生まれでた赤ん坊は赤くてむくんだ顔をしていましたが髪も黒々としていて、いかにも元気そうな男子でした。

今日は三日目。
オッパイはまだ張るほどではないらしいのですが、与えられたミルクは一気に飲み干してるとか。やはり(笑)
これは足りなくて泣くタイプの子だわね。

今週は娘は入院
金曜日に退院してから来週一週間は婿さんが休暇をとり、娘の世話を。
翌週は私が休暇をすでに申請しているので私が世話を。
翌々週は婿さんのお母さんが娘の世話を。
婿さん、私、お義母さん、三人とも仕事を持つ身ですが連携プレイでなんとか乗りきりたいと思います。

ここに来て仕事の量が半端なく増えて、まったく仕事してる場合じゃないじゃん!辞めときゃよかった!と毎日ぶつくさぶつくさ言ってます(笑)

もの凄く忙しくなるから、よろしくお願い~!
一週間休んでいいからさぁ~などと言われ、あー、一週間休めるのね?って一瞬ご配慮ありがとう~なんて言った私がバカだった。
一週間なんて夏休みの休暇として普通に取れてんじゃない!
こりゃ、7月、8月も長めに休み取らなくては!
そして、孫っちと過ごせますように。
っていうより、あの赤子はたくましそうだから、娘の世話をしてやりたいものです。
娘の産院友達で、退院後育児にかまけて調子悪いな、と思ったら腎臓悪くしてしまったお友だちがいて、赤ん坊は婿さんの実家で世話をし、入院してしまった新米ママさんは、実家のお母さんが世話に来てたということもあったので、しばらくは育児だけに専念できる環境を与えてやれたら、と思ってます。

でも、うちの婿さん、ほんとに女子力、いや、主婦力高いのよね。
料理も上手だしね。
そんな風な男子に育てあげたお義母さん、あっぱれ!
そんな婿さんがついててくれて娘も安心だわ。


新米ママの娘には、伝えたいことは…

自分の体調管理をしっかりすること。
無理はしないこと。
そして、赤ちゃんと様々な「初めて」を楽しんでほしい。


そんな風に思います。
二人で可愛がって可愛がって育ててね!
たまに、私たちジジババも仲間に入れてね~♪

それにしても、娘の産院、Wi-Fi 飛んでるし、食事がまあ、美味しそうなこと!
食いしん坊の娘ですから、食事の時間が楽しみだわね♪
[PR]
by juno0712 | 2014-06-03 21:36 | じゅの家ネタ♪ | Comments(9)
f0073639_2040440.jpg


こんばんは。

こんな時間ですが、買い物が終わって喉が乾いたというか、足が疲れたというか、ふらふらとスタバに入って一休み。

ダークモカチップフラペチーノのtallサイズ。
ホイップ多め。

母が家にいた頃は、早く帰らなきゃ!早く帰りたい!と思ってとにかく真っ直ぐ家路についたのですが、母もいないし、急いで夕飯作らなきゃっ!という環境ではなくなったのでたまに帰りにカフェに寄ります。

そういえば昔、娘とお互いの仕事の帰りに待ち合わせてスタバでお茶飲んだな~
その時に娘に「スタバでホイップextra、と言えばけっこう盛ってくれるよ。しかもホイップ増量はタダだよ。フタは要りません!って言えばもう少し盛ってくれるかもよ」って教わったんだった(笑)

このホイップ、フワフワで甘さ抑えてるから、美味しい。

母が、もしまだ家にいたら、今はほぼ毎日早く帰れないから、ずっと一人で留守番しなくちゃいけないし、それを考えたらいいタイミングで新潟に帰ったのかもしれない。
しかも私の仕事の愚痴に付き合わされてたかもしれないしね(笑)
なんでも、ウンウンって聞いてくれるからついついいろんなこと話してたな~とか今さら考えてみたり。
久々のスタバ。507円のもりもりホイップフラペチーノで、感傷的になりつつも人間観察もしたりして。
なんと私の回りの席、中国語が飛び交ってた!
こんな地元にも??
たまたまかな?
[PR]
by juno0712 | 2014-05-23 20:38 | じゅの家ネタ♪ | Comments(3)

野菜たち♪

f0073639_78677.jpg




こんばんは♪

またまたお久しぶりです。
ビョンホンさんの撮影はすすんでるんでしょうかね~
MJは同行しているのやら?
それほど撮影の時間はかからないというふうに聞いてますが、そのうち、「帰国しました~」ってニュースが出るのかな?

お!チング君、結婚ですか!
ビョンホン、司会やるかな?やらなそう…
え?MJ、試写会?アメリカはどうしたの??
あーいろんな記事が気になるわね(笑)

今日の画像は娘の家で育てている野菜たち。
先日のGWの時はまだ苗が伸びた、っていう程度だったのに、もう実がついて大きくなっているではないですか!
なんだか癒されますわ~
野菜ってのは収穫の楽しみがありますわね。
私もず~っと以前、プチトマトを育てたことがありますが(確か息子か娘の課題で)、実がついて赤くなるごとに息子がつまんで食べてた覚えがあります。

いや~楽しみ楽しみ。
今度は収穫しに行かなきゃ♪
日々の業務ですっかり荒んでいる私をいやしてくれた野菜たち。
大事に食べなくては♪♪(私の分、残しといてね~)
[PR]
by juno0712 | 2014-05-13 22:36 | じゅの家ネタ♪ | Comments(0)

ゆづリスト(笑)

f0073639_2227155.jpg

こんばんは~


昨日は暖かい一日でしたね。
今日は更に暖かく、お花見日和になりそうね。

さて、画像は今さらですが、ゆづる君。
ソチでは金メダル獲るなんて!
男子フィギュアは大して見てなかったからゆづる君の名前は知っていてもまじまじと見つめたのは初めてでした。

しかし、うちの母は、かなり前からのゆづリストなんですよ。
我が家でもよく新聞のゆづる君の記事をスクラップしてたわ。
先日、母と娘が電話で話していた時にゆづる君の話を娘にしていたとのこと。
なので、amazonで買って送ってあげることにしました!

ソチ五輪で、金メダルを獲ったときに送ってあげればよかったんだけど、その頃は母もいろんなメディアで見てたと思うから、少し落ち着いた今の方が喜びそう。
同居の兄は、母親が韓流スターとかゆづる君のような若い子のこと大好きなこと、呆れてるらしい(笑)。
母の元気の源なんだから喜んであげればいいのにね♪
相変わらずカンジファンのDVDは毎日見ているらしく、韓流嫌いな兄まで、カンジファンの顔はしっかり覚えた、というか覚えてしまったというか(笑)

あ、話がそれました。
母に送ったこの二冊のうち、彼の今までの軌跡を綴ってあるのを梱包する前にちらりと読みましたが、少女のような顔立ちと相当な負けず嫌いというギャップが面白い。
結果へのこだわり、自分を客観的に見て、ライバルに対しての分析も面白い。

スケートを初めて実力を発揮し始めた頃からずーーっとその負けん気でやって来たんだなーっていうのがよくわかりました。
311の後の苦労も読んでいて、あー、諦めずに頑張ったんだーって感慨深い想いで読みました。

もちろん、相当な美談に仕立てあげてる部分もあるでしょう。
ですが、ソチ五輪の金メダル、昨日の世界選手権でのSP一位の結果を見ると全て納得。
外国選手(女子フィギュア)にも大人気っていうのもとっても面白い~(笑)

私は特にファンではないですが、、気骨のある若者だわ。
ゆづリストの母の感想が楽しみです。

f0073639_12451247.jpg

f0073639_12445617.jpg

[PR]
by juno0712 | 2014-03-29 20:24 | じゅの家ネタ♪ | Comments(1)

日々の徒然にも脱力目線であれこれと。そしてびょんほん♪


by juno0712