<   2013年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

こんばんは。

昨日は素敵な2ショット見れました!
素敵でしたね~♪
センスいいわよね。とにかく。
自然体なんだけど、いい男といい女、それも大人のカップル。
ミンジョンさんを見つめる彼の甘えたような笑顔に萌えましたよ(笑)
しっかり手をにぎってるしね!

韓国人と結婚して韓国で暮らしている日本人女性のブログをよく読んでたんですが、とにかく結婚式前のアルバム作りはとっても大変らしくて。
何枚も撮るし、めっちゃドラマチックに演出するらしくてね。
ドラマチックというか、公開している方のをちょこっと見たことがありましたが、
全体的にものすごく大げさな感じなのよね。

公開していた女性はわりと美しい方だったんですが、これ、やっぱりイッパンピーポーのは、幸せな絶頂の二人ですけど、まぁ身内限定ですからね(笑)
かくいう我が家の娘も、グアムで結婚式をし、挙式のあとで、専属カメラマンが二人をバシャバシャ撮りました。100枚以上撮ってたんじゃないかな。

教会で。
海辺で。
レストランで。

もう、見つめ合い、微笑みあい、腕をからませたり、手をつないだり、きれいな日傘もたされたり、カメラマンの要請にこたえてポーズしてました。
彼らがフォトジェニックかどうかは関係ないのです。
身内だけのものだから(笑)
とっても幸せそうで家族はいろんなポーズをしてる二人をでれでれと、何度も見た覚えがあります。

ビョンホンとミンジョンだって個人的な写真には違いないけど、世間に公開しなくちゃいけないよね~
それを意識しているかどうかは別として、あんまり見たこともないようなナチュラルさでしたよね。
そこがすごくよかった!

ちなみに、ちょこっとだけ検索した韓国芸能人カップルの結婚式写真を見てみますと・・・

f0073639_2156651.jpg

チャンドンゴンとコソヨン。このポーズ、韓国の一般人でもすごく多いですよ。男女逆のも見た事あります。

f0073639_21581424.jpg

クオンサンウ夫妻。奥さんがこういう人だったんだ~はじめて知ったわ(笑)↑↑↑↑

f0073639_220737.jpg

ユジテと誰秘の3女(ごめん。)夫妻。これもね~いかにも~♪↑↑↑

f0073639_21411613.jpg

カンヘジョン夫妻(旦那様はタブロだったかな?)↑↑

昨日の3枚を撮った日に、フォーマルなものも一緒に撮ってると思いますが、そちらも見せてもらいたいわね~♪

ミンジョンさんはウエディングドレスらしきものを着ていたショットも昨日、一枚ありましたが、それが8/10のウエディングドレスなのかな??
ちなみに、チャンドンゴンはTOM FORDのタキシード、コソヨンはオスカーデラレンタのウエディングドレスですって!
韓国芸能界はTOM FORDがトレンドらしい。

芸能人カップルだと、ついつい、どこのブランドの?って記事があがりますが、8/10の二人の時は、どこのどんなブランドを見に着けてようが、きっと素敵に違いない。
昨日の画像のコンセプトのセンスの良さで確信したわ。
でも、この際だから、大げさなのも見てみたいかも(笑)
韓国人気質からしたら、大げさになりきりでやらなきゃ気がすまないみたいな(笑)

8/10、なんと2部構成の結婚式ってのも韓国ではなかなかないんじゃない?
お色直しがあるんだね。きっと(笑)

二人の正真正銘のフォーマルな姿を見たら・・・どんなふうな感情が湧いてくるんだろ?
自分で興味あるわ。
[PR]
by juno0712 | 2013-07-31 21:42 | ビョンホン?ミンジョン
*レス終了しています。遅れましてすみませんでした。ありがとうございます。
ここまでさかのぼってます。



2ショットはこちら!!


いや~なんて素敵なんだろう~
いかにも、な写真を想定してたからびっくり。
救われたかも?(笑)

それにしても素敵なショットですね~
さすがビョンホン!
これも結婚アルバムのうちの2枚なのよね?
ほんと、素敵~
センスいいわ~♪
現実なのよね?
何かのシーンじゃないよね?(笑)


2人ともお幸せにね~

More
[PR]
by juno0712 | 2013-07-30 12:21 | ビョンホン?ミンジョン

昨日のSBS、雑感

おはようございます。

こちらは朝からしとしと雨が降っています。
お休みの日の雨は割と好きです。
ですが、この程度の振り方だから甘いこと言ってますが
中国地方の方は、凄まじい豪雨だったらしい。
皆さんのところは大丈夫だったかな?

7/28(日)の時点で2,186,602人!まだ一位ですね!
ほんと、意外な、と言っては失礼ですが、頑張ってる~!
ハリウッド映画はなかなかヒットしないですが、これもすべてビョンホン効果だわ。
8/1から強敵が公開されるので、一位をキープするのは難しいと思いますが、頑張ってほしい!
雪国列車って面白いのかな?
目新しいテーマではないような気がするんだけど・・・?

昨日のSBSですが、「あなたの知らないい・びょんほん」の補足版的なものだと思ってました。
実際はそれがベースにはなっているんでしょうが、びっくりな記事もありました。

パニック障害告白

ラジオ番組出演の時に、たしかにテーブルの下にもぐってましたが、それもまさにパニック障害の発作が起きてしまっていた?
ヒーリングキャンプの時に彼が話していたので知ってはいましたが、
想像しているのよりも、もしかしたら重症なのかな?
精神力が相当強い彼だと思っていますが、この病とずっとつきあっていたんだね。
薬を常に持ち歩いているって読みましたが・・・
ハリウッド作品に出演することも、想像以上のプレッシャーや葛藤があっただろうし。

今まで様々な重圧と戦ってきたと思いますが、(多分他の俳優よりも)、この病と仕事をしながらつきあっていくしかないんでしょうかね?
彼のことですから、信頼できる精神科医や、長いつきあいのスタッフもいますから、こちらが心配することはないと思ってますが・・・
楽しい話もたくさん盛り込まれてましたが、この話題が一番印象に残ったかな。

久々ジウンさんに会えてよかった♪♪
ジウンさんの話・・・あ~やっぱりジウンさんには愛がある。おっしゃる通り~!
今ではもう、誰もビョンホンのハリウッド進出を止める人もいないでしょうし、実績に対しても賞賛するだけでしょうけど、ジウンさんのように考えてた人もたくさんいたはず。
でも、ビョンホンって確か、「パクチャヌク監督に相談したら、出るべきだ!って言われました」って以前言ってたけど、ジウンさんの言うことは聞かないで、チャヌクさんの言うことは聞くわけ?(笑)
そういうとこあるよね~ 
ジウン<チャヌク みたいな。
ジウンさんを「あの時あんなこと言って悪かったな、新作のハリウッド映画、お前の本領発揮だな!」って言わせる作品に早く巡り合えますように。
っていうか、ジウンさん、韓国映画のシナリオ書いてビョンホンにオファーしてください!
大ヒットを狙う作品でなくていいから。
ビョンホンの溢れる魅力を最大限生かすのはジウンさんが一番だと思うから。
[PR]
by juno0712 | 2013-07-29 10:06 | His interview
弾丸ツアーのラストです。
ここからは大したことも書いてません。
たった2日間でも、あれこれあったり、画像あったりね。

実は、仁川から乙支路入口のサットンホテルに予定どおりについたのですが、なんと、チェックインの時にここではなくて、鐘路3街のサットンホテルであることがわかり、えええ~!!!
もちろん送り迎えの車での移動でしたが、チェックインするのに30分ロスタイム。
この時点では14:15のロッテシネマの開始時間までは余裕だったのですが・・・
乗り換えが必要であり、しかも、シンさんいわく、14番出口からじゃないといけませんよ。と。


「あ?そうなんですか?」ってそのまま聞いて、シンさんとお別れ。
チェックインしてすぐに駅に向かいましたが、14番がまったくみつからず!!
ものすごく蒸し暑いソウルのあたりをウロウロすること30分。
3人の人に道を尋ねましたが、最初に道を聞いた大学生らしき方・・・目の前の10番出口を指さして
「え?ここからでもイケんじゃね?」って感じで私に言うのよね。
「だから~ここから降りても、1号線方面にはいけないんだってば!」って韓国語では言えないので、地図を指さすも、よくわからず。
お礼を言ってまたまたウロウロ。

2人目のアラフォーと思しき女性もすごい早口で「××△△**▽▽・・・」わからず・・・
余裕を持って予定たてても、こういうことが起きるんですね(笑)
さらにウロウロ。

そして3人目のアラサー女性に地図を見せたところ、その方、アイフォンですぐ検索してくれて、なんと、1号線方面に連れてってくださったのです。
ものすごく歩きました。
普段 汗をかくようなことしてないので、こんなに汗かいて私、大丈夫?っていうほど汗びっしょり。

1号線方面ってつまり、東京で言えば日比谷をさらに複雑にしたみたいな?
その方、アイフォンの誘導通りに私をずっと先導してくださいまして、ちゃんと最後まで面倒みてくれました。
「ここで乗って、乙支路4街で乗り換えてくださいね~」ってにこやかにお別れ。
彼女は完全に韓国語、私は怪しい英語でしたが、意志の疎通は計れました。
「コマスミダ」「カムサンミダ」しか言えなくて本当に本当にごめんなさい。
感謝しています!

そして・・・地下鉄のホームに立ちましたら、彼が私の目の前に!↓↓

f0073639_1754244.jpg

BullsoneとCM契約したのは読んでたけど早速会えました!
いい男だから大UPに。
「ロッテシネマで待ってるYO~」って言ってるみたいに思えて、ロスタイムを取り戻すべく頑張りました。
そして、ぎりぎり開始15分前ぐらいに現地についたのでした。
f0073639_1765038.jpg

これはロッテマートで。↓↓↓
特にめずらしい画像ではありませんけどね。
f0073639_1774821.jpg

f0073639_1765773.jpg

マットな彼~(笑)↓↓↓
f0073639_178980.jpg


韓国には地下鉄構内に、売店があって、そこで買ったELE KOREA↓↓↓
f0073639_1783543.jpg

中を一部紹介↓↓↓
f0073639_1793672.jpg

ハリウッド映画で白人女性と恋愛する・・・この可能性は・・・あるのか??↓↓↓
f0073639_179592.jpg

f0073639_1791410.jpg

ルイヴィトンのパーティの様子も載ってます↓↓
f0073639_17102784.jpg

この画像が一番好きだな~↓↓↓
f0073639_1794573.jpg

まったく知らなかったけれど「M」 経済紙?2000ウォン。こういうのおみやげにしたかったわ。
一冊しかなかった。
ELLE KOREAと違ってまったく修正されてない、肌荒れがばっちりわかる007.gif↓↓
f0073639_1795858.jpg

中身はこんなものです。↓↓↓
f0073639_17113053.jpg

これ、小さい画像ですが、おしゃれで好きですわ~↓↓↓
f0073639_17113761.jpg

f0073639_1712113.jpg

上の画像ですが、大韓航空の機内誌「BEYOND」
ぱらぱらめくってましたら「王様」じゃん!!
タイトルが「超びっくりな交代劇」????
最初の方はストーリを。最後の方にビハインドストーリーが書いてありました。
意訳しますと・・・

・最初に指名されていたカンウソク(監督)は、当初のものよりストーリー自体を平易にすべく脚本家に指示した。
キャスティングに至るまでは、制作自体はスムーズだった。
カンウソク監督は、今まで何度か一緒に仕事をしているチョン・ジェヨンをこの映画の主役に想定していた。
f0073639_20174724.jpg

しかし、制作サイドはそれにYESと言わなかった。観客はカンウソクとチョンジェヨンのペアでは飽きるのではないか?と。
制作サイドに主役について拒絶されたカンウソクは、韓国最大級の配給会社が決まっていたこの企画から降りた。
カンウソクに変わるBIG NAMEは皆、その時点ではほかの仕事にとりかかっていて、決定に難航を極めた。
そのうち、チュチャンミン監督が候補にあがった。


なるほど~
確かに「王様」は最初、カンウソクだったことは有名な話。
なんだかトラぶって、カンウソクが降板したらしいってことも読んでいました。
この裏話のところにはビョンホンの名前はどこにもないのですが、
制作側がカンウソクに「チョンジェヨンじゃなく、イビョンホンじゃだめか?」と言ったのかどうかはわかりません。
でも、今だから言えますが、私は、ソウルでこの「王様」を見た時に、この普遍的なお話は、だれがやってもヒットしただろうな。そう、たとえばチョンジェヨンなんかぴったりじゃん」って思ったのでした。
ビョンホンの映画の他にたまに韓国映画を見る程度の私でさえ、そう思ったのでした。
結局制作サイドは「誰でもが『あ~いかにもチョンジェヨンがやりそうな役だよね』ってのを避けたかったってことでしょうか?
チョンジェヨンは演技派であることは十分知ってますし、コメディももしかしたらビョンホンよりもずっと自然かも。
でも、ビョンホンがあの時代衣装を着たときの色気、これはビョンホンの方が上回ってる様に思える。
どちらにせよ、最初からビョンホンを想定したお話だったわけではない「王様」でしたが、大ヒットという結果を出すことができたし、ビョンホンはそのおかげでイメージUPさえもゲットしましたからね。
あのPDとしたら、もう、もう、ビョンホンにはなんとしてでも受けてほしかったんでしょうね。
ビョンホンとしても、業界人ですから、「カンウソク監督がチョンジェヨンを主役と決めていた作品」って知ってた可能性大だし、そんな二番手より最初にオファーのあった「ベルリン」の方がやりたかったのかもね。
彼がいつも言うように、作品との出会いは運命的なもの。
ビョンホンが演じることによって、「王様」は韓国映画史上、ビョンホン王(ハソンもね)、とともに記憶に残る作品になったことは間違いありません。

長々と書きましたが、これで2日間のソウル弾丸ツアー記は終わります。
一泊二日は忙しい人にとってはいいと思いますが、さすがに前日に決定!なんていうことはもうしないと思います(笑)
無駄に高いし、準備もできないしね。
RED2も韓国ではとっても評判がいいみたいだし嬉しい限りです。
今年、日本できちんとした字幕で見るのがとっても楽しみです。
ご清読ありがとうございました。

追記:成田→仁川までの間に見た映画「7番房の贈り物」、ラスト見る前に到着してしまったんだけど、シンさんにラスト聞いたら・・・なんて悲しい・・・007.gif
仁川→成田までの間に見た映画は「私のオオカミ少年」これもラスト直前で成田に着いてしまった。最後どうなるの????


コメントありがとうございます。
7/30までお休みなのでそれまでにしますね~♪♪
ほんと、ありがとう~♪

11:15からSBS????
見れるかな???
[PR]
by juno0712 | 2013-07-28 22:32 | 映画・ドラマレビュー

ソウル弾丸ツアー2日目

2日目です。
7時にめざましをかけてましたが6:30にすっきりと起床。
14:40にシンさんが迎えにきて仁川に向かうので、それを逆算して行動します。
昼前くらいからビョンホンの舞台挨拶はこの日もありましたが、2日目は無理はできません。
この日の予定は
グランドハイアットソウルに行ってみる。
韓国料理を一食きちんと食べたい。
ロッテマートで買い物。
ラストはホテルの近所のソウルシネマで12:05開始のRED2を見る。

以上の予定を消化すべく、サットンホテルのフロントでタクシーを呼んでもらいました。
ひとりでタクシーに乗るのも今回はやめようと思ってたのですが(ぼられたり)、ホテルからホテルなら大丈夫でしょう、と思いましてタクシーで移動。
運転手さんがにこやかに「イルボン?チャイナ?」って聞いて来るので「イルボン」って答えると「オ~!アリガトネ~!ヨウコソ~なんたらかんたら・・・」ってとても快活に話をしてくれました。
まったく何を言ってるのかわからない私は「れー、れー」ってあいずちうつだけ(笑)
あっさりとグランドハイアットソウルに着きました。

f0073639_20555232.jpg

お借りした画像↑↑
お~ここですか~
8/10に二人が華燭の典をね~!!
ビョンホン、ミンジョンさん、ちと早いけどおめでとう~
ってことで中に入ります。

f0073639_1724488.jpg

このホテルに着いたのが8時前だったのですが、ホテル内は静寂に包まれていました。
f0073639_174388.jpg

天上も高くて格式のある風情を感じます。
とにかくシーンとしているので、この写真とるのがやっと。
カメラでパチパチ撮るのは、はばかられる感じでした。

バンケットリザベーション、というカウンターがあったのですが、まさか「ビョンホンさんの結婚式会場はどこですかぁ?」なんてとても聴く勇気もなし。そんなミーハーいるのかな?(笑)

あ!ここで韓国料理食べよう!って決めておもむろにカウンターの方に
「スンドウプチゲは食べれますか?」と聞きましたら
「申し訳ございません。10時からでございます。お客様」ってとても丁寧に言われまして、
「では朝食をいただくことはできますか?」と聞きましたら
「はい。こちらでございます。お客様」って私を連れて行ってくれた場所はホテルの宿泊客の方たちの朝食バイキングのレストランでした。(会話は一部脚色しております。カタコトの英語の私に大して100倍美しい英語で返されまして、とってもきちんとしたさすがの応対でございました)

さすが一流ホテル。
バイキング形式を取ってはいますが、卵料理も、ハム、お肉料理もその場でお客様の注文通りに焼いてくださってました。
誘導されたのは窓際。
南山タワーの近くにあるホテルですが、タワーは見えませんでした。
曇りでしたが窓から見える一面の緑が目に優しい~!
「ビョンホンはまさか、ここは使わないよね~」などと心の中でつぶやきながら、私が注文したのは・・・
「Gorigom Tang」←これは牛のテールスープだと思います。
「Coffee」←とってもおいしかったです。
f0073639_1741699.jpg

f0073639_1734434.jpg

特にお腹もすいてないために、山盛りのごはん、全然食べることはできませんでしたが、スープはさすがにおいしい~~!
さらに、カクテキも、白菜キムチも超おいしい~!!
値段は、この定食ですとミョンドンで食べた神仙ソルロンタンの4倍ですかね(笑)
中国人観光客が圧倒的に多かったと思います。
広いので特に騒がしいわけでもなく静かにのんびりと朝食を摂ることができました。

朝食のあと、ホテル内のケーキがとってもおいしそうだったので、ひきつづき、デザートタイムにしようかと思いましたがお腹がパンパンでまったく入らず。
私がここに宿泊していたとしたら、あちこちもっと探索したかもしれませんが、ちょいと寄っただけの身分ですので、一応ミッション終了です。
そのあとのロッテマートに行くためにホテルを後にしたのでした。
「ビョンホン~お幸せにね~」と心の中でつぶやきながら。

タクシーでホテルまで帰ったあと、ロッテマートまでは、ホテルからソウル駅ゆきのシャトルバスが出ているということでそれに乗って行き、I'm Realのいちごのでかボトル数本と評判のいい「呂」の新製品シャンプー&リンス&コンディショナー、韓国のり、お菓子、など購入。
I'M RealはEMSで送れないためにタクシーで大荷物抱えてホテルへ。(ちょっとドキドキしましたがぼられたりもせず全然大丈夫でした)

f0073639_1753110.jpg

12時チェックアウトしてから近所のソウルシネマへ。
ここはほんと、しょぼい映画館でした。
多分 歴史はあるんだろうけど、今はMEGABOXとかCGVとかが全盛ですからね~
チケット買って席をとるとき、この時点では7-8人しかいませんでした。
私は前から3列目のドまんなかで一人のんびり鑑賞。
始まる直前に、なんとアジョシ、アジュンマ、10カップルくらいがどやどやと。
「ええ?なぜこの映画に?」と不思議に思ったのですが、「おらが国のビョンホンさ、見るべ」みたいな?まさかね?

ここにはビョンホンが舞台挨拶に来るわけではないけれど、「あ~もう帰るんだわ~」って気持ちと「無事に2日間終わってよかった~」って気持ちでしみじみとしながら開始を待ちました。
もう3回目なので、私がビョンホンのコメディチックなシーンでクスって苦笑していても、後ろに座ってるアジョシたちは・・シーン・・・無反応でした(笑)。
若いカップルが笑いながら何かしゃべってたので、やっぱりこれは若い子向きの映画ってことか。
というか、初老のアジョシ達、わざわざ集団でこの映画を選んだ理由はなんだろう??(笑)

この映画を観終わってホテルについて、もうシンさんが迎えに来てくれていました。
私の行動を聞かれたので話したところ
「ええええ?あかすりもしないで????」
「エステも行かないで????」
「ロッテマート??あそこは日本人、中国人のためのもの、市場に行かなきゃ~」
「キョンボックンも行ってないんですか~???」
「イビョンホンさんだけのために昨日は動いてたんですか~????」

って本当にあれこれ、びっくりされました。
あかすり、エステ、市場で買い物・・・行こうにも時間ありませんて!
いや、考えてみたら、私、ビョンホンの旅しかしたことないから観光さえもしたことないわ(笑)。

そんなこんなで無事にお迎えのバンに乗ってまたまた私一人だけ、貸切状態で仁川に向かったのでした。
考えてみたら、この時点で私、ウォン札は全部使い切ったし、小銭もほとんど使った!
自己満足~♪


次は画像たち~&・・・王様の・・・
[PR]
by juno0712 | 2013-07-28 22:30 | 映画・ドラマレビュー
f0073639_0562869.jpg



映画のあと、舞台挨拶がありました。
普段、まったく行動的ではない私なんですが、ビョンホンに関しては話が別です。
今回、無謀とも言える一泊二日弾丸ツアーを金曜日に決定したのも、ビョンホンの舞台挨拶があるからに他なりません。
王様の時も釜山、コエックスでイベントがありました。
でも、平日が絡んでいたり、一人旅をするには難易度の高い釜山だったり、なかなか機会がありませんでした。
言葉もわからないのに、釜山で真夜中迷って、海辺でうろうろしたりしたら!
老け専のギョンチョルに拉致されたら!(笑)
ソウルだから、問題なし!とは言えないけれど、まだ馴染みがありますから。

あ、前置き長くなりました。





とにかく、迷いながらもやっとのことでついたロッテシネマ。
映画も見れて大満足。
いよいよビョンホン登場です。

司会の方の紹介のあと、ビョンホン登場~!
実は写真は全滅です。
UPした一枚くらい。
私が持ってるデジカメがスマホの画素数と同じくらいだったので、スマホでいいじゃんって思ったのが大失敗でした。
会場が薄暗いってのが撮れなかった原因なんですが、せめて舞台挨拶の時だけは煌々とライトをつけてほしかったわ(>_<)
やっぱり、sonyアルファでも、持っていかなきゃだめよね~(笑)


映画が盛り上がったことを彼もよくわかってたと思うし、彼が呼ばれた時の歓声がすごかった。
それもお若いお嬢様方が!
彼もさすがに日本ではちょっと味わえない雰囲気に違いない(爆)

ラフな格好で低く、甘い声できちんと感謝を述べる彼。

これが日本のプレミア試写会の場合は、万障繰り合わせてお膳立てされて、かなりよそ行きな彼なわけですが、ホームグラウンドの彼は格別。(いや、生彼はすべて格別だわね)
肩の力が抜けている彼を見れるのは貴重ですわ。
しかも、今回はびょんほん一人だけの舞台挨拶だったからそれがまたよかったわ。
あの限られた数分間、びょんほんだけ!ですから。
1等星のごとく輝いてる彼は、けして身近な存在ではなく、一万光年先から光を放ってるような存在ですが、なんと3、4メートル先で、ラフな雰囲気で話してる!
非日常だわー(笑)

彼がいくつかの質問をして、それに、大歓声で答える観客の若者たち。
映画に関する質問だったと思うけど、悲しいかな、何をいってたんだかさっぱりわからず(>_<)

韓国のお客さんにキャーキャー歓声を浴びてる彼、初めて見たかも!
彼、嬉しいよね!
だって韓国俳優だもの!
あ、結婚前の貴重な彼だったんだね。
今、記事にしながら気づいた(笑)


一番大事な彼の登場なのに、あっさりした記事でごめん。

一応、映画館の雰囲気だけでも貼り付けときますね。

f0073639_3231293.jpg

f0073639_3232496.jpg

f0073639_3242742.jpg

f0073639_3245140.jpg

f0073639_3252217.jpg

f0073639_3244364.jpg


RED2が一番力入ってたと思う。
量的に。
これは全部建大入口のロッテシネマで取りました。

f0073639_3271937.jpg


↑ロッテシネマから、コエックスに向かう途中で見つけました。

コエックスで舞台挨拶と映画がおわったのは20:16.
まっすぐホテルに向かいます。

一応一日目の締めくくり。
お一人様で、どこか食堂を探す元気もなく、ホテルにあるセブンイレブンで、プルコギキンパと、キムチを買って夕食です。
f0073639_33944.jpg

全然おなか空いてなかったんだけど、完食!
ホテルは清渓川前のサットンホテルだったのですが、明洞に近いとはいえ、超さびれたところだった。
帰りは人がほとんどいなくて、お店もしまってるし、方向音痴の私ったら駅からホテルまで迷ってしまいました。
でもそのおかげで極近にソウルシネマがあるのを発見し、2日目はそこでラスト見ることに決めました。
f0073639_3392341.jpg

なんか、写真下手だね(笑)。
大きなダブルベッドです。
斜めに寝ても大丈夫(笑)

友人との旅行は連れとあれこれ、楽しい話ができることが魅力ですが、一人のいいところは、お風呂あがりに、半裸でウロウロできるとこよね(笑)
ベッドでドラマ見て明日のスケジューリングしてました。

次の記事は二日目、グランドハイアットから始まります。
[PR]
by juno0712 | 2013-07-27 04:00 | 映画・ドラマレビュー
こんばんは!
すごい!
昨日7/25はウルバリンが初登場1位だったのに、7/26はRED2がまた1位を取り返してる~~!!
1,666,145人!
これ、200万人行くね!
やった!ビョンホン、三作目もキャスティングされるわね。
KOFIC


年を考えずに弾丸ツアーやったものですから、今週はずっと眠くて、体が重くて、会社でうつらうつらして大変でした(笑)

ではRED2鑑賞記です。

仁川に着いてからあれこれいろいろありまして、そこはこの記事では割愛。
ぎりぎりのところでやっと建大入口のロッテシネマに着きました。
ついに映画が始まりました。
最初に言っておきますが、残念ながらビョンホンのお父様の名前、探せなかったです。
3回も見たのに!

f0073639_23133284.jpg


終わった~って思ったらすぐにあちこちに名前が飛ぶんですが、そっちに気を取られてた!(>_<)
こんなふうに出てたんだ~

HAN'S FATHER: Jong Kun Lee

ビョンホンのアボジ、ハリウッドデビュー&息子との共演おめでとうございます!

映画の感想ですが、予想以上に面白かったです。
GI JOE2よりも私は好きです。
映画として面白い。
ニュージャージー、香港、パリ、モスクワ、ロンドン(順不同)、舞台もインターナショナル。
撮影はカナダが主だったらしく、パリ、ロンドン、モスクワのシーンは一部だけ使ってるらしいのですが。

「HAN CHO BAI。HE IS THE BEST!」っていうセリフのあとでビョンホンが登場。

ビョンホン、頑張ってましたよ~
あのモスクワのコンビニファイトシーンのアクション、これは西洋の人なら感嘆しながら見てたんじゃないかな。
スピードもキレもあり、今までのアクションの中で一番決まってる。
動線が考えつくされてるんだろうな?と思うほどスキのない動き。
かと言って「アチョー!」的なカンフーチックではないし、ビョンホンのアクションはちょうどよく洗練されたアクション、と思いました。
ビョンホンはアクション俳優ではありませんし、ジウンさんの言うところの、情緒、感情の透けて見える演技をさせたらそれは得意中の得意でしょう。
でも、おそらく・・・西洋の人は空手や少林寺やテコンドウなどの東洋系の武芸(マーシャルアーツ系?)のアクションには日本人が思っている以上の憧れやリスペクトがあるんだと思う。
美しい型とか間合いとかもボクシングなどの西洋系の格闘技とはまったく違うし、そういう肉体的鍛錬をしている人は精神的な鍛錬もしてるんだろう、っていう東洋の武芸へのリスペクトがあると思う。
だから、ビョンホンが「私はアクションもできる俳優なんです」って思うことにしたのは大正解!って思います。
だからこそ、RED2の彼のアクションシーンは「来るぞ、来るぞ、キターーーー!」っていうふうな作りをしてるんだと思うわ。
このアクション・・・もしかしたらまだ需要があるのかもしれない・・・いいんだか悪いんだか・・・(苦笑)

でも、ビョンホンファンの私としたら、別のシーンが好きだったりするわけで。
あ、もちろん裸んぼでセキュリティチェックするとこ、必見ですわよ。
おおおお!ギリギリーーーーみたいな。
声をあげないようにしましたが、もう前のめりでメガネをかけなおしてガン見。
捨てられた子犬のように体育座りしているようなシーンもあって、そこ、好きだ~♪

そしてね。
彼も言ってたけれど、このお歴々の中では彼はマンネ(末っ子)なのよ。
本当に末っ子。ラストシーンなんて、末っ子が兄ちゃん(ブルース)になんだかんだ文句言ってるのに兄ちゃんたら「わかったよ~ん」みたいに軽くいなして恋人のサラとチュウ~♪♪みたいな。
そういう存在なんだよね(笑)

そういえば、嵐影のように「ほんとは遺恨があり、積年の恨みも晴らしたいところなんだけど、行きがかり上、今回だけは協力してやる!」的なシチュエーションが一緒ですね。

もうご覧になってる方が多いと思いますが、ビョンホンとアボジの写真のシーンも、すごくはっきりしたシーン。「見逃した!」なんてありえないほど印象深いです。
その写真に向かってブルースさんが言葉を掛けるんだもの。
もう一枚、彼の若き頃の写真(18歳くらいの?)。
監督さん、粋な計らいですね。
っていうか、今回映画に参加してくれたビョンホンへのリスペクトだよね。
ありがたいことです。
その他、青色のロータスを操るシーン、ビョンホン、おいしいとこもらってます!

ビョンホン得意の情緒的演技・・・少なくともこの映画では求められていないと感じました。
でも、コメディはもっと難しいと思う。
彼ももちろん、キャラを充分理解してコメディシーンもばっちり演じてくれてました!
途中で韓国語で捨て台詞吐くところ、まったくなんて言ってるのかわかりませんでしたが、やっぱり隣の韓国人女子、大爆笑してました。

コメディチックな映画なので、ストーリーは重厚にしあげてなくて、そこかしこ笑えるようになっているんです。
重厚にしあげてない、というか、感情を重くひきずるような感じでは全然ナシ。
私は字幕の韓国語もわからず、しゃべってる英語も早くてほとんどわからず、隣の韓国人カップルが大笑いしているのも、「なんで笑ってるんだろう?」ってかなり残念な鑑賞でした。

でも、話の展開はわかりやすいです。

そしてブルースウィリスを始め、お歴々の存在感は抜群。
もう、もう、ブルースウィリスなんて、ここでもダイハード!(なかなか死なない)
アンソニーホプキンスはものすごい量の早口のセリフ満載なんだけど、
老人なんてもんじゃない。脳みそ、きっと若いんだろうな~
ヘレン先生、前作に引き続き、超かっこいいマダムです。めっちゃ強いです。
強いのにエレガント~♪
マルコビッチ先生は、前作REDの時の相当な変人、狂人ぶりは半分くらいに減ってました。
サラ(ブルースの彼女役)のノリノリと、キャサリンゼタジョーンズのインパクト、そしてビョンホンの出演、
つまり若手も頑張ってるってことで、全体的に「おじいちゃんたちがすっごいことやってる」感は前作よりは薄くなってるように思いました。
でも、今回も未来的な装置とかは全然なし。
私はそこが好きだわ。
ハリウッドのお歴々の中で東洋人のマンネがスパイシーなキャラを演じてる、RED2!
日本での公開、待ち遠しいわ。
早くきちっとした日本語字幕で見たいもんです。

この映画が韓国で1位になってる事実・・・
このコメディ要素、韓国のひとたち、きっと大好きなんだろうな。
本当にみんな大笑いしてましたから。
ビョンホンお疲れ様!

ぜひ、RED3ではマンネをお歴々にもっといじってもらってね~!


RED2が終わると・・・いよいよビョンホン登場~!


f0073639_0562869.jpg

[PR]
by juno0712 | 2013-07-26 23:32 | 映画・ドラマレビュー



KBSに出る男なんだね~
韓国をしょって立ってる男!

一部日本語記事 Kスタイル

ハリウッド作品3作目ですが、彼は謙虚に自分の立ち位置を客観視してますよね。
しかも、POSITIVE。
このPOSITIVEさがあるから挑戦できるし、進化できるんだろうな。

まだ新婚旅行先も決めてないらしい(笑)。
私みたいに、ぎりぎりに決めたとしても、なんとかなるでしょう。
割安パックなんて無縁なんだからね(笑)
[PR]
by juno0712 | 2013-07-24 22:08 | MY FAVORITE YOUTUBE

スターコラム VOL.2

f0073639_2046485.jpg



こんばんは。

スターコラムKスタイルより。

VOL.2はこちらから~

VO。1はこちらから~

まだ、私 読んでませんが、パソコン立ち上げて、Kスタイル見たらUPされてました!
読んでみます!
[PR]
by juno0712 | 2013-07-23 20:38 | His interview

弾丸ツアーイントロ

こんばんは。

昨日は爆睡してしまいました。
こんな時間(2時)に目がさめてしまい、お風呂に入りI'M REALのいちごを飲んでおります。

弾丸ツアーイントロです。
お暇な方のみお読みくださいね。

7/18(金曜日)の朝、「そうか~RED2の舞台挨拶は土日だったんだ」ってふと思った瞬間、

・7月は繁忙期のため、平日会社を絶対休めない。
・母の食事のことがあるため、一泊程度ならなんとかなるのでは?
・日曜日(7/21)は夫が在宅なので母の食事頼める(母がこちらに来て以来、けっこう協力的)
・舞台挨拶のスケジュールが確定しているのでビョンホンに会えるかもしれない。(チケットが取れれば)
・映画+舞台挨拶という私の大好きなシチュエーションを味わえる。
・ソウルに行きたいと思ってたんだけど、いつ行くの?今でしょ!(笑)

通勤時の電車の中で一瞬でそれを考え、ネットで検索したのですが、最低でも3日前くらいでないと受け付けないらしく、意気消沈。
昼時間に何度もソウルに行ってる同僚(サマンサタバサ勤務だった彼女)と一緒になってそれを話すと、「トラベル子ちゃんなら大丈夫じゃないですか?」とか「直接電話して取れることもありますよ」とか言ってくれて、帰りに地元のJTBの窓口でどんなもんか聞いてみようってことにしました。
ぎりぎりすぎなのでダメかもしれない。
ダメならしょうがない。
でも、同僚がチケット代行の会社を帰宅途中の私にメールで教えてくれまして、ますますその気になった私。

地元のJTBでは
「土曜日発ですか?!」
「一泊ですか?」
「もうパックのものは全部、売れ残ったのをホテルにお返ししてますからホテルが取れるかどうかなんですよね」

ホテルくらいとれるんじゃないの?って思いましたが、なんせ旅慣れない私なのでネットでいろいろ検索するテクニックがないし、エアとホテル別々に頼んだ経験なし。
ちなみに「土曜日の朝早めに羽田発、日曜日の夕方金浦発ってのはエアだけは取れるんですか?」って聞いたところ、取れるんですね。
ただし、エアチケットだけで10万以上でしたがね(笑)
じぇじぇじぇ!そりゃ無理だわ。

そうするとJTBの方がおすすめしてくれたのが、
7/20(土曜日)成田発大韓航空朝8時~10:30のフライトのうちのどれか
7/21(日曜日)仁川発大韓航空夕方17時~19時のフライトのうちのどれか
空港-ホテルは送り迎えつきのプランがあると。
フライト時間と、ホテルがどこになるのかは指定できないがそれでもよいか?ということで
明洞エリア希望だけは伝えて、7/19(金)に可否を私に電話してくださると。
12:30~1:30が昼時間なのでそれ以外の時間はNGと伝え帰宅。

帰ってからすぐに同僚のすすめてくれたサイトをみて、RED2の舞台挨拶スケジュールを確認しましたところ、「観覧日の3日前までにご入金ください」とあり、「OMG!!だめじゃん!」と思いながらも一応、会員登録して、コメント欄に「7/20の〇時と〇時希望なのだが今からでも可能か?」とコメント。
同時にダメ元でロッテシネマ建大入口とメガボックスコエックスの2か所を予約。
この時点ではエアもホテルも答が出ていなかったのですが、「取れないってことはないでしょ」と思い込んでまして、ただ心配なのは仁川に着く時間によっては希望したチケットがパーになる可能性もあったのですが、1か所は捨てる覚悟で予約。

予約ボタンを押したら2か所なのに1か所分の請求金額が表示され、それを明日までに振り込んでくださいと出まして、どういうことかわからなかったのですがこの状態のままで翌日の朝、振込をして、再度コメント欄に「希望は2か所だが、1か所しか請求されないのでとりあえず1か所だけ振込みました。1か所であればCOEXのみでよい」旨をコメント。
ちなみに一か所2500円です。
私のように当日の昼着の場合は、映画館に行って通常料金9000ウォンで普通に舞台挨拶チケットが余っているのかどうかわからなかったので代行はありがたいです。

7/19(金曜日)のお昼時間、スマホを見たら「+82 10-9967-××××」から電話が着てる!
ええ?これ、もしかしたら韓国から???
ってことは代行業者に違いないと思い、サイトにアクセスしてMYPAGEを見たら返信されてまして
「2か所可能です。本日14時までに2か所分を振り込んで下さい。振込み後に番号をお知らせしますので現地で発券してください」と。

賽は投げられた・・・というか、もうあとはエア+ホテルのみ。
食事しながらこちらからJTBに電話しましたらのんびりした声で「あ~〇様ですね?担当が離席してまして~ちょっとお待ちくださいね~あ~取れてますね~ホテルの件も含めて本日当社にお越しくださいね~」ってことで急いで食事して銀行に走り2つめのチケット分を振込み、コメント欄に「振り込みました。ご確認願います」と書き込みしましたら、15時の休憩時間に下記のようなコメントが。

「ご入金確認しました。二か所のチケットの番号をお伝えします」とありまして、この時点で私の弾丸ツアーのエア+ホテル+映画のチケットの準備が整ったのでした。
その後、会社のマネージャーに「土日に韓国行って来ます」と伝えたら(報告義務あるので)「ええええ~こんなぎりぎりに言わないでよ~」って驚かれましたが「さっき予約取れたんだもん。ごめん」って伝えたらさらにびっくりされました。

定時で会社を出てJTBに行きましてホテルの確認。
乙支路入口のそばのサットンホテル、ということでよかった~建大入口には乗り換えなしじゃん!と大喜び。
(それがあとで、そうじゃなかったことがあって大慌てしたのですが・・・)

JTBで清算するときに、それは想定内とはいえ、一泊二日とは思えない金額。
しかも「おひとり様ですのでプラス〇千円」ですしね。
これは私が働いていて、今は収入があるのでこの程度ならなんとか・・・、ということですが、
夫の稼いだお金を使うとなったら「できるだけ安く」が第一優先になるんじゃないかな?
余談ですが、専業主婦のビョンホンファンの皆様がソウルでもどこでも自由に気ままに、ゴージャスに旅してるを読むにつけ、その都度感嘆しておりました。
これって生活レベルの差なんですかね?(笑)
まさか、ご自分の貯金をはたいているわけでもなさそうですし?(笑)
リッチな方が多くて本当にびっくりです。

帰宅して、前日に「取れたら行くかも」と伝えておいたので、夫に「取れましたから行って来ます」と報告。
母は「ビョンホンに会えるんだね?」って楽しそうに言ってくれました。
その時、ふと・・・

「待てよ?ノムの舞台挨拶の時、ソウル行く前日に、日本人が殺到する可能性あるのでセキュリティの保証ができず、中止になったよね?もしや今度も?」とちらりと思いましたが、もう賽は投げられてしまっているのでとにかくおひとりさまツアー決行するためにあれこれ準備を始めました。

7/20、大韓航空 成田発仁川。8:50発
当日は5時に家を出て、最寄駅から成田までのリムジンバスに乗り込む予定。
一応、夫には母の日曜日の食事を担当してもらうので、そこは気を遣って、息子に送ってもらおうと不在の息子にラインで頼みまして、当日の朝を迎えました。

一泊二日なんで超身軽です。
着替えも最小限。スーツケースはやめて、機内持ち込みのバッグで十分。
(結果的にスーツケースにすればよかった。)

3:30に起きて、土曜日分の食事作り。
冷麦、揚げ物、その他ごぼう関連の惣菜づくり。(母はごぼう大好き)
(一応、家をあける手前、その辺は遠慮もあるから一応主婦やっておかないとね)

早朝からバタバタしてたら4時半頃、母が起きて来て、母と一緒に朝ごはん食べて、5時前に息子も起きて来て息子もごはん食べて、(夫は寝てましたが)、じゃ、行ってきます~ってなったのでした。
ほんと、全然うるさくない家族に乾杯♪(無干渉とも言う?)

ごめんね。
こんな話、どうでもいい?(笑)
映画の話とビョンホン話が大事よね(笑)
[PR]
by juno0712 | 2013-07-23 03:32 | イベント

日々の徒然にも脱力目線であれこれと。そしてびょんほん♪


by juno0712