<   2013年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

f0073639_20542627.jpg


◆9/27追記:正会員募集中でございますが、今なら報告書に「入場者プレゼントのCD」がまだ余ってるらしい。私のところにも同封されて来ましたが、これ、もらえてよかった~!

◆会員登録フォーム
◆会のブログが更新できてないらしいのでご質問はmilkyさんのブログへ~


こんばんは。
昨日、ノンフィクションストーリーを書き始め、これからが本題よ!という寸止め状態で、結局自主規制のため非公開にさせていただきました。
私個人のことであれば問題ないのですが、会社にかかわるノンフィクションですからね。
誰が見ているかわかりませんから。
社員のFACEBOOKをチェックしてる、ってのも思い出しまして。
なのでほぼ目に触れなかったかと思いますが、ごめんなさい。m(__)m

さて、今日の画像は日韓映画文化交流研究会の自主上映会 第三回「バンジー」の報告書です。
映画「バンジージャンプするが語る愛の世界」っていうなんとも納まりの悪い(失礼)タイトルに笑みがこぼれました。
画像の右端にチケットも見えるでしょう?

チラシもね。
この裏がまたびっしりといろいろ書かれていて、報告書の表紙自体がチラシですので、それをめくるとそのチラシの裏側になっているわけです。
会長様の手書き文字風のご挨拶もばっちり読ませていただきました。

私はこの会の正会員(年間1000円の会費必要)ですが、まだ一度も参加したことはありません。
しかし、いつももやもやするのよね~

第一回目の「オルガン」、これも行きたかった~
第二回目の「純中」、スクリーンで見たかった~(笑)
第三回目の「バンジー」・・・これは本当に見たかったです。ですが、この回あたりの時に「神奈川在住だと今後も行くことがあるのだろうか?会員になってていいのだろうか?と思ってた時期でもありました。
そう思いながらも、いつかは行けるかもしれない!と心の中で思っている自分。


だから、「どうやら報告書が作られるらしい」って思ってからは「まだかまだか」と待っていたのです。
なので、本当に楽しみにしていたものがやっと届いた~!って思いましたよ。
なんせ、今回はキムデスン監督を招聘してのトークセッションがあったのですから。

ビョンホンファンの中でも熱いファンの方、まだまだいらっしゃいますよね。
韓国に行くとか、イベントに行くとか、嵐影フィギュア買うとか(笑)・・・
一時期に比べ、もしかしたらファン減ったの?という雰囲気は感じつつも、皆様、思い思いで無理のないファン活動を送っているのだと推察されます。
ファン歴が長くなったからこそ、自分の落ち着く、ファン活動を見つけてね。
かくいう私も、ビョンホンブログを立ち上げて早8年目。
熱く叫びっぱなしの日々も今では懐かしく、恥ずかしい感じがしますので、「自分もかなり落ち着いたんだな」って思っていました。

でも、私、この報告書を読みながら、ふつふつと感動がこみ上げてきましたわ。
それは、大好きなバンジーという映画へのリスペクトがまずあって、それを監督を招聘しての自主上映までこぎつけた事務局の皆様の御苦労へのリスペクト、実際にこういう会を運営しているという仲間たちへの憧れ、というか、羨ましさとか、そんないろんな思いがわ~っと湧いてきて、貪るように読みながら「ほ~ほ~」ってフクロウのように感嘆しまくっていたのでした。

私が貪るように読んでいる時に夫が「何を読んでるの?」と聞いたもんですから、私がこの会がどういうふうに発足されたか、バンジーが上映されるまでどんな経緯があったか、ってことを一気に話しまして「ね?この会の方たち、熱いでしょう?」って言いましたら、夫が「あんたも熱いね」ってあっさり言うのです。
いや、熱いっていう方向がちょっと違うと思うんだけど、ま、いいか、と思いつつ、夫は私と一緒に過去に二回もバンジーをDVDで鑑賞しているため、いろんなシーンをよく覚えていて、いくつかのシーンを挙げつつ、「あの映画はいいよね」って言ってくれたものだから、この映画をいい、と言う夫はいいね!と思った次第です。

さて、leemilkyさんに許可をいただいたので、内容を一部紹介させていただきながら記事を書かせていただきます。

まず、バンジーが上映されるまでの経緯が1ページ目に載っているのですが、これがまたすごいのよね。

交渉人lee milky!と言っても過言ではありません。

2011/3/5が最初なのですが、この時に、バンジーを上映することを決めて、キムデスン監督に招聘の意向を伝えてる。

それから版権は誰が持っているのかを探しまくり、2012/3/19、渡韓の際にバンジーの制作会社を訪問して、倒産していることが判明、

それからまた版権をどこが持っているのか捜索開始。そして版権を所持している会社をついに見つけ、権利期限が2013/8月であることを知って上映のスケジューリングをし、キムデスン監督招聘に向けてアクション再開。
いや~直接交渉したり、別の方を介したりしたにせよ、すごい行動力。
監督からメールの返信をもらいながらも、その後連絡不能になってしまったりしながら、やっとのことでこぎつけたわけですね。

韓国、言葉も違いますから想像以上に大変だったのだと推察されます。
監督も新作映画のシナリオ作成のためにホテルに缶詰め状態のためメールチェックをしていなかった、などなど読み手はさらっと読んでしまいますが、関係者の皆様、ハラハラされたことでしょうね。

この報告書、面白い!

そして当日、トークセッションがありまして、これがまた面白い。
キムデスン監督がめっちゃビョンホンを語っています。
前回の純中の時に会場からの質問が「シーン」って感じだったと記憶していますが、今回は会場からの質問も活発だったんですね~

では一部抜粋。

つぎの記事に続きます。


続きはこちら~
[PR]
by juno0712 | 2013-09-25 20:53 | 日韓映画文化交流研究会 | Comments(8)
前の記事の続きです。


f0073639_23361191.jpg



トークセッションは、イ。ウンジュさんへの黙祷から始まりました。

◆大塚さん(通訳、進行)
「キャスティングは監督が直接されたのですか?」

◆キム・デスン
「当時、私は新人だったので、権限はほとんどなかった。製作者側から提案されたキャスティングでこの映画を作った。この時はまだビョンホンも若い時で、まだ興行的に成功できるかという自信はなかった。
ビョンホンさんを主役に据えるっていうのは一種の冒険のようなものでした。
イ・ウンジュさんもまだ一本しか映画に関しては作品がなかったので彼女を主役に据えるっていうのも冒険のようなものでした。」

「実はビョンホンさんはこの2001年のバンジーの前に、JSAの方で成功を収めてますが、実はバンジーのキャスティングはJSAで成功する前の段階だったのです。
だからそういう意味で本当に冒険といえると思います。

そういう意味ではイビョンホンという俳優が私という監督を作ってくれたと言えるかもしれません。
よく監督が俳優を育てると言うが、この場合だと、俳優が監督を育てた、という風に言えると思います。
ほんとにこの映画でイビョンホンさんと出会えたことは、天のおぼしめしのようなものだったと思います。

結構 イビョンホンさんは繊細にディテールにこだわって演技される方なので、そういう意味ではすごくいい経験になったと思います。

撮影中ですけれど、あるときはこういうことがありました。
映画の中でソ・インウ先生イ・ビョンホンさんが、階段から噂話をしている学生たちをじっと見るシーンがありました。
最初はあそこの場面でイビョンホンさんに、私は、なんでもっと泣き顔というかその涙をうるうるさせた表情でやってくれないのか、という風に言ったんですね。

そしたら、イビョンホンさんは自分でいろいろと書いてあるシナリオを持ち出してきて、ここでそれをやってしまったらこの後の胸倉をつかむシーンがありますね。そこの場面はどうするんですかという風に尋ねてきて、そういう風にシナリオをよく読んで、後の場面をどうするかということを考えて演技をやっている。

そういう部分にとても感心しましたし、もしイビョンホンさんの指摘がなかったら、あのシーンでは大きなミスをしていたのかもしれないと思っています。」

◆大塚さん
「撮影しながらイビョンホンさんやイウンジュさんと意見を交換したり、あるいはぶつかることはなかったのですか?」

◆キム・デスン
「本当に最初の撮影の時に、私が撮影をスタートして「カット、OK」を出した。OKを出したのに、「演技をしているイビョンホンさんの方が『それでOKでいいんですか?』と私に言ってきたんですね。
その時、私は新人監督で、イビョンホンさんはすでにたくさん経験があるので、何言ってんだと思って、結構気分が傷ついてしまって、2日間は現場でイビョンホンさんと一緒にいるのが辛くなったんですね。

でもそのあとは、考えてみるとイビョンホンさんの方が経験は多いわけだし、むしろ私のほうがイビョンホンさんに意見を求めるようなことになって、それ以来は非常に楽になりました。
最初の何日間かを除いては、本当に「バンジー」は楽しい撮影になりました。
イビョンホンさんもそういうことがあってから、私に逆に心を開いてくれるようになって、お互い好きなことを言えるようになって、スタッフ、役者陣との関係もよくなって非常に楽しい撮影になりました。」

「イビョンホンさんはシナリオが汚くなるまで読み込んでメモをして、あらかじめ自分のスタイルを考えてからくるタイプの人なんですけれども、もしこれでイウンジュさんも同じタイプだったら本当に大変だったと思います。イウンジュさんは逆なんですね。
逆に自分をいったん空っぽにして、周りの役者陣の演技であったり、あるいは監督のディレクションであったり、その時その時の状況を見ながらそれを受け入れて演技する。そういうタイプでした。」


いや~生々しくて面白い~
いかにもビョンホン!というエピソードですよね。
ビョンホンって役を徹底的に作り込むタイプですよね。
イウンジュのタイプはガンホさんの役作りと似ている。
ビョンホンという俳優は、いい作品にするためには上のものにも遠慮なく物申すタイプ。
まだ経験の少ない監督さんじゃ、ムカつくでしょう。そりゃ。(笑)
でも、監督が言っているように考えて見ればビョンホンの指摘の通りなんだ・・・って思ってバンジーはあんなふうな素敵な作品にしあがったのね~


以上、一部抜粋です。
こんなふうな濃い内容の報告書だったのでした。
いや~あっぱれ!
とっても面白いトークセッションでした。
読み応え十分!


leemilkyさんをはじめ、事務局の皆様、本当にお疲れ様でした。

さて、この記事を読んで下さった方で、まだ会員になられてない方いらっしゃいます?
私のように、一度も上映会に参加していなくても正会員(年間1000円の会費)であればこんなふうに貴重なナマナマシイお話を読めたりするのです。
その前に、ビョンホンの過去作品をスクリーンで見れる!
これは幸せですよね~
ぜひ、あなたもお仲間に~♪
私はけして会の回し者ではありません・・・ではなく、回し者でございます(笑)

やっぱり、正会員増やしたいとこですわ~


◆会員登録フォーム
◆会のブログが更新できてないらしいのでご質問はmilkyさんのブログへ~

この報告書ほしいわ、読んでみたいわ~って人、いらしたら。。。milkyさんにお尋ねくださいね。
正会員になっていただければ入手できるのかな?
[PR]
by juno0712 | 2013-09-25 20:23 | 日韓映画文化交流研究会 | Comments(0)
f0073639_2239658.jpg


いや~終わってしまいましたね~
日曜日のお楽しみがひとつ消えてしまいました・・・

後半に向かって大和田常務を追い詰めていくストーリー展開が面白くて面白くて、絶対あきらめない半沢と、水戸黄門的な毎回ラストの展開に嵌ってしまいました。
実は、最終回がどうなるかってことは会社の同僚からざっくりと聞いてはいたのですが、それでも見ていてハラハラドキドキ!
いや~結局半沢君が出向だなんてね~033.gif
大和田はヒラの取締役になっただけでちょっと降格しただけ????031.gif
メガバンクのような大きな組織の中は政治がうずまいているのね~
あのラストの「え?」みたいな彼の顏が忘れられないわ。
でも、すべてが丸く納まる展開より、この悶々とした感じが残った今回の展開はいいのかもしれない。

しかし、半沢さん、徹底的にやるのはいいんだけど、見ていて「こんなふうな部下(半沢)、持ったらやりづらいだろうな~」とか「実力あっても出る杭は打たれるタイプだわね」とかいろいろな感想も浮かんでくるドラマでした。
今日の視聴率はどこまで行ったんでしょう?

このドラマ、堺雅人はもちろん、脇を固める香川照之や上戸彩など、ぴったんこでしたよね。
私、途中で「きっと及川ミッチーって敵側のスパイなんじゃ?」って猜疑心いっぱいで見てたんだけどね(笑)。
香川照之がにくったらしいんだけど、さすが!の演技。
半沢が熱いだけに、あの脱力した演技!見てて悔しいっていうより、笑っちゃいましたよ。

TBSでは、このドラマは恋愛模様もないってことで、視聴率を期待していなかったとか。
それでも最初から視聴率がよくて、どんどんうなぎのぼりに視聴率があがっていくものだから、ドラマを10回ではなく延長しようと思って堺雅人に打診したものの、あっさり断られたらしい。
そうですよね。堺さん、大忙しですから突発的な打診を受け入れるほどヒマがないのよね。

これ、きっと続編あるでしょうね。
原作者の池井戸潤さん、「半沢が頭取になるまで書きます!」と決意してくださったとか。
ドラマでの続編を希望するけれど、映画とかにもなるかもしれないわね。
映画になったら見ないかな・・・(笑)

ドラマは長丁場の中でどんどんキャラに感情移入できるから好きだわ~
最近は韓国ドラマも見てません。
CSの過去の日本のドラマを漁ってるくらいで。

もともと社会派ドラマは大好きだし、主人公が徹底的に悪役を論破したり、逆転したりするのはわくわくするのでそういう意味では半沢直樹というドラマは人を惹きつけるシンプルなセオリーに基づいて作られたんでしょうね。
中国でも韓国でもこのドラマ、大評判らしいけれど(ネットで)、韓国でもリメイクされるかな??

あ~面白かった!
来週からは え?キムタク?安堂ロイド?
半沢直樹の後、大変だわ。
[PR]
by juno0712 | 2013-09-22 23:06 | 映画・ドラマレビュー | Comments(3)

美しい満月でしたね

*レス終了致しました!!ありがとう~♪
それにしても・・・我が家の小窓画像の彼・・・月が合うわね!!


f0073639_21332794.png


こんばんは。
ここのところ、更新が滞ってましてすみません。
また三連休がやってまいりました。
ほっとしますわ。

昨日は本当に美しいまんまるなお月様でした。
夜、車の中で、信号待ちの間に見上げたら、なんでしょうね。この美しいお月様。
このお月様ったら、思わず無言で見つめてしまいました。

次回「満月の中秋の名月」が見られるのは2021年、8年後ですって!
東京オリンピックの翌年か~
子供は〇才になっていて、
夫は〇才になっていて、
私は・・・〇才!!!あ~考えたくないわ(笑)
母は・・・元気でいるのだろうか?

宇宙のサイクルは、人間の一生なんてほんの一瞬みたいな長大なストーリーの中で展開されますが、実際に月に降り立つよりもこうやって地球の片隅からまんまるなお月様を眺めてる方が想像力掻き立てられていいよね。

f0073639_21523012.jpg


上の画像は某サイトからお借りしておりますが、お二人とも、のんびりとしたチュソクを過ごしていらっしゃるようですね~
撮影もお休みだとか。
ビョンホンは家長ですから、おうちでの儀式、お墓参りなど何かと忙しいでしょうし、新米ミョヌリ(嫁)のミンジョンさんもたくさんの親戚の来訪のために台所仕事、大変だったんじゃない?
撮影があれば、その場にいられないわけですから、新婚の今年は二人とも一緒にチュソクを迎えられてよかったね!

どうも、最近、広報大使的なお仕事などが多くて、新作映画関連もまだまだこれからですし、俳優としてのリアルな彼に出会ってないせいか、なんとなく渇望感が満ち満ちて来てるのよね(笑)。
俳優としてのリアルな彼・・・っていうか、どっちかと言えば、ここのところ しれっとした顏の彼しか見てないからだな。
生き生きとした彼に早く会いたいわ。
お仕事じゃなくてもよくってよ。
ご夫婦二人でめっちゃ楽しそうにしてる図、とかね(爆)
そんな図、期待しても出てこないんだろうけどね。

明日からの三連休。
すっかり秋になった今日このごろ、衣替えの用意しとかなきゃ。
少なくとも秋物は出しておかないとね!!
[PR]
by juno0712 | 2013-09-20 21:50 | Comments(0)
f0073639_113156.jpg


ぶろ友様からの情報です。

KNTVで「ヒーリングキャンプセレクト版」っていうのがあるらしく、なんとビョンホンの回が再放送!!
きっとリクエストが多かったんでしょうね~
番組表ではまだ、ビョンホン、という文字は出てないのですが、KNTVを見れる方、また見れますね!!
いいな~

ヒーリングキャンプ 楽しいじゃないか セレクト版

10/18 9:15~
10/25 9:15~


ビョンホンの回は2回にわけての放送だったから、上の2日間で放送するってことですかね??
KNTVではSBSでの契約が終わったとかでヒーリングキャンプをもう放送しないらしいのですが、特に毎週見る必要もなく、ビョンホンが出てるから見たかった!ってことよね(笑)

見れる方はチェケラ!!
ぶろ友様、情報ありがとう~♪
[PR]
by juno0712 | 2013-09-16 01:18 | His interview | Comments(5)
f0073639_0422063.jpg


久々なので、2つ目の記事です。

もう、ちょっと前に読んだ記事なんですが、なんとあの怪優(笑)チェ・ミンシクがいよいよ世界に進出!
この記事、興味深いわ。

映画のタイトルは「Lucy」
監督は、あら!!リュック・ベッソン!
共演は、まぁ!スカーレット・ヨハンソン!
ええ?モーガン・フリーマンまで!!

詳細はこちら~

すごいわ~
制作はフランスらしいので、これはハリウッド映画ではないのかな?

オールド・ボーイで世界的に認められた彼ですから、けっこうオファーは今まであったのかもしれませんね。
でも、去年の10月の記事で、「ハリウッドには関心ない」って言う記事を読んでたので、ええ?出るの?ってびっくりしましたわ。

詳細はこちら~

でも、チェ・ミンシクさんの顏、今でこそ、太目でぽってりしてますが、彼の顏って韓国人!って感じがあまりしないんですよね。
ビョンホンは完全にアジアンな顏してるんだけど。
なので、ミンシクさんがアメリカやヨーロッパの俳優さんと共演しても、すんなり馴染みそうな気がする。
どんな役どころなんだろう。

韓国の演技派の俳優さんも続々アジア以外の海外の映画に出演してますね~
すごいわ。
ミンシクさんも完璧主義者ですから、英語も猛特訓中かもね。
これは大注目だわ。

いよいよ、彼も「新世界」へ!!
[PR]
by juno0712 | 2013-09-16 00:41 | Comments(0)
こんばんは!
台風が近付いて、今朝の朝の雨もすごかった~!
明日がまたまた雨風がひどくなる様子。
皆様の地方はどうでしょう?
大きな被害になりませんように。
17日の電車にもひびきませんように・・・(>_<)

久々の更新です。
なんだか会社で初めての仕事をこなしてて、必死なんですが、この歳で未熟ものすぎて困る~な点がおおくて余裕のない日々でした。

久々のビョンホンさん、後輩のペ・スビンさんの結婚式で新羅ホテルに登場!
f0073639_2349056.jpg


おおおお~!!!
カッコよさ、健在~♪(当たり前!)
いつもの余裕のある大人の彼ですわ。

・・・なんだけど・・・
洋服の生地のせい?
シワが目立ってパリッとしてない???
いつもはスーツでそんなこと感じることなかったんですけどね?

f0073639_23571818.jpg


うわ~・・・ほんと、ペ・スビンさんたら、いい人そう~
すでに好々爺の風情まであるではありませんか!(笑)
大学院生との結婚ですってね。
いかにも妻帯者の雰囲気が似合うタイプね。
妻も愛し、子供ができたらよき父になりそうな、ね。
ビョンホンとは好対照ですわね。(ビョンホンはそれでいいのです!)
所帯持ちになってもまったくその雰囲気を纏わないビョンホンと、所帯持ちっていう言葉がしっくりペスビンさん。所帯くさいのが悪いっていうことではありません。

BHエンタの俳優、スタッフとも続々結婚が決まり、本当におめでた続き。
そのうち、会社内でもあちこちトルチャンチ(子供の1歳のお誕生祝い)の予定でいっぱいになるかもしれませんね!
[PR]
by juno0712 | 2013-09-16 00:13 | Comments(4)

来年上半期に?!

f0073639_20281171.jpg

こんばんは~!!↑↑↑の画像、好きだわ~
見たんだよね~
あ、涙のステージは見れなかったんだわ。

LBHメルマガ来てましたね?

2014上半期ですって!
いつだろう?
いったいどんなステージ?
もう、いろいろやってくれなくていいですから、
あんまり準備に時間のかかるようなの、やってくれなくていいですよ。

結婚後の彼・・・って言っても変わらないだろうな~(笑)
また全国でやるの?

ビョンホンさん・・・
できましたら・・・

2/15~3/15の平日はやめて~
6/15以降の平日もできれば勘弁~
関東はぜひ、土日に~

なんてね。
こんな希望、届くわけないんですけどね(笑)

来年、アメリカで撮影があるとか聞いてるんだけど、
その前かしらね?

そんなに大々的なステージよりも、客席とめちゃ近い!って感じのディナーショーみたいのでもいいんだけど。
この際ですから、JOFCの会員限定、っていうのやってくれないかな。
浮気もせずにず~っと会員やってますのよ。
相当貢いでますし!(爆笑)

無理だね、ははは~

あ、なにげに彼に要求の多い記事だわ。
やヴぁい・・・
[PR]
by juno0712 | 2013-09-09 20:46 | イベント | Comments(2)

嘆きのピエタ鑑賞

*レス終了致しました。遅くなってすみませんm(__)m「さて、これからがリアルライフよね」までさかのぼってます~♪


f0073639_15371985.jpg



東京オリンピック招致決定した今日、こちら地方は涼しいですが時折雨が降っています。
これから2020年まで、オリンピックに参加する人たち、見に来る人達のためのインフラが整備されるんですよね。
日本は予算も〇兆円レベルで組まれているらしい。
まだそれほど実感が湧かないのですが、日本中がオリンピックに向かって高揚してくれるといいと思います。

今日は、「ピエタ」を鑑賞してきました。
小さな映画館ですが、ほぼ満員。
年配の人が多かった。

どんなお話?って、主役の男性の役回りくらいしか知らなかったのですが、すごく面白かった!
ギドク作品のファンでなくても、わかります。
鑑賞後「ん?で?何が言いたいのかっていうと・・・」じゃありません。
よくわかります。
見た後、感動・・・じゃないのよね。
グロいし、イタいし、もう一回見る?と言われてももうけっこう、なんですが、深く重いテーマでした。
見てて引き込まれてラストまで行きました。
ええ?!っていうどんでん返しやら、オチやら、なんとも悲しくて苦しい映画でした。
でも、こういう描き方・・・韓国ならではだと思う。
韓国の底辺の社会とか異常とも言える母性愛とか。
すごく生々しかったです。

まだ見てない、これからDVD見るかも、って人のために何もストーリー語ってないので何がなんだかわからないですよね?(笑)
鑑賞後の感覚が「息もできない」に似ています。(更にわけわからんね)
[PR]
by juno0712 | 2013-09-08 16:04 | 映画・ドラマレビュー | Comments(2)
f0073639_618375.jpg


手ぬぐい!!
赤にまつわるものだとは思ってたけど手ぬぐいとは!(笑)
若造の皆様、食いついてくれるかしら????(笑)

てぬぐい付前売り券発売

9/13から発売されるんですね!
私としたら、手ぬぐい、よりもプレミア試写会がいつなんだ?ってのがとても重要なんですが、なんと今回はプレミアも参加できるかどうかわからないし、もやもやするわ。(友人と旅行を予約済みなので)

11/30公開。
RED2!大ヒットしますように~!!
[PR]
by juno0712 | 2013-09-08 06:30 | 映画・ドラマレビュー | Comments(0)

日々の徒然にも脱力目線であれこれと。そしてびょんほん♪


by juno0712