<   2014年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

世界で熱いアラフォー

こんばんは。

帰宅後、疲れ切って寝てましたらこんな時間に目がさめました。
ワールドカップ・・・日本が出るまではそれほど興味もない私です。

日々の出来事やニュースはスマホでほとんど読むような毎日ですが、6/12のAERAネット版でこんな記事が。


ジョブズから韓流スターまで 今 世界で熱いアラフォー

芸能界でもアラフォーは元気だ。韓流スターも40代にさしかかり、日本にもファンの多い俳優のチャ・スンウォンは6月、イ・ビョンホンは7月の誕生日で44歳になる。

ほぉぉ~
世界で熱いアラフォーね(笑)
そうか、彼も来月44歳になるんですね。
AERA的にはチャスンウォンとビョンホンは同列韓流スターなんだね~
日本でファンの多い韓国俳優で40代っていうのはP様とビョンホンだと思うけど、P様は実質的な芸能活動はしていないですから、その次っていうのはチャスンウォンが人気なんだろうか?
世界に向けての活動をしているって言ったら韓国俳優の中ではまず、ビョンホンが第一人者ですわね。
それは誇らしくありますが、いずれ彼の本当にやりたい役を選べる立場になってほしいですね。
いつかリチャードギアとも共演できる日が来るかも。(リチャードギア様、まだまだ元気でいてね!)
あ、その前にジャッキーチェンと共演して、アクションコメディとかやらないとも限らない。
韓国から日本へ、アジアへ、ハリウッドへ…
ファン歴長いと進化の過程を見届けてるわけだから今更ながらずっとハイレベルで頑張ってるびょんほん、すごいと思うわ。
そうか、44才か。
MJ!お願い!(何を?(笑))


以上、小ネタでした(笑)

今日から、娘のところに家政婦として行って参りま~す♪
[PR]
by juno0712 | 2014-06-14 03:22 | Comments(1)
f0073639_0323771.jpg


こちら~


こんばんは。
久々、PCを開けてみました。
ビョンホンさん、中国のWEIBOにWEBサイトを立ち上げなさったとか。
二日間で16000アクセスですってね。
これって多いんだよね?かな?

サイトの左下に、6/3のコメントに「Hi its Lee Byung hun. I'm finally on weibo.」ってありますが、これってビョンホン自身のコメントってこと?
おめでとうございます。
香港のファン、というのは昔からたくさんいたと思いますが、今や映画やドラマなどの業界も韓国にとっては中国は外せない市場なんでしょうか。

あ、そういえば彼は香港で、「海外最高俳優」で受賞したんだったか!
そのうち、香港や中国からも映画のオファーがあるかもね。
さらにワールドワイドになりそうな・・・気配。
そうなってほしい!とは思いませんが、ビョンホンがやろうとしてることがすべてうまく行けばいいよね!
[PR]
by juno0712 | 2014-06-08 01:09 | Comments(0)
f0073639_0282183.jpg


こんばんは!
前記事に御祝いコメントありがと~\(^.^)/
昨日も夫、息子とともに行ってきました。
顔もかわいくなって、一生懸命、娘のオッパイを吸っていました。
日に日に顔立ちが変わってきて楽しみですわね♪

さてさて、内部者、ですがなんとびょんほんの敵役にチョ スンウがキャスティングされたとな!

いいですねー
チョ スンウね。
クラシック、タチャ、マラソン見ました。
彼はミュージカル俳優でもあって、東京にジキルとハイドの公演があって見に行ったことがあります。
すんばらしい演技と歌唱力でした。
柔らかな雰囲気ですが演技派ですわね。
存在感のある役者さんです。

いろいろ読んでみると、びょんほんがヒール(悪役)で、チョ スンウが正義派なのね。

びょんほんの悪役も楽しみですが、チョ スンウも楽しみ。

その前のヒョプニョは今年の秋だか冬だかに公開ですが、カンヌに出品されたなどと聞いてましたがどうなった?

以降、ヒョプニョの話題は今のところまったく聞こえて来ませんが秋になったら話題沸騰かな?
そうでなきゃ困るよー((T_T))
[PR]
by juno0712 | 2014-06-05 00:27 | 映画・ドラマレビュー | Comments(0)
f0073639_21391933.jpg

f0073639_21393674.jpg


こんばんは♪

六月一日、20時42分、娘が男の子を出産しました♪

おばあちゃんになりました、私。
妊娠がわかった時に感じたあのえもいわれぬ感動をよく覚えてます。
娘が子を産む?
まだ娘の赤ん坊の頃を鮮明に思い出すことができるのに、その娘が子を産むなんて、なんていったらいいのか、私が年をとったんだな、という感情ではなくて、結婚します、と報告された時とはまったく違う感覚といえばいいのか。

そんなふうに感じながらついにきたその日。
予定日は8日だったのですが、日曜日に産気付くなんて親孝行(ババ孝行)!

昼過ぎに入院して、いよいよ分娩室に入ったのが夜の七時。
それまでまさに産みの苦しみを娘は経験したわけですが、赤ん坊に会えたのは21時半頃。
なので、その日は私も主人もちょっとだけ会えて、抱っこして、写真を撮ってもらって帰宅したので、リアルベビーに会ったのは数分だけ。

なんというか、頼りなげな、ではなくて、手も大きくて、足は幅広、足をバタバタ動かして元気一杯なたくましさを感じる赤ちゃんでした。

連日、娘からラインで刻々と変わる赤ちゃんの画像を送ってもらってますが、最初の印象の通りほ乳力抜群で元気な赤ちゃんみたいです。

名前は二人の間では決まっているとは思いますが知らされるのは土曜日かな?
どんな名前にしたやら、楽しみだわ。

あの苦しんだ陣痛の数時間、婿さんと私が陣痛室に入っていたのですが、婿さんがずうっっと娘に、痛みを逃がす呼吸法を言ってあげてました。

それは夫婦で参加した事前の母親教室で得とくしたものなのか、実際の産院に入院したあとで助産師さんに教わったことなのかわかりませんが、確かに彼のいう通りにすると、娘のうめき声は落ち着いて来たのでした。

(顎、ひくんだよ)
(深く深呼吸して)
(そうそう、ゆっくり息を吐いて)

娘の手は婿さんの手をしっかりにぎっており、激痛ながらも、夫のいう通りに従う娘と、ちゃんと娘を見つめながら励ましつつ、優しい声で、且つとても冷静に呼吸法を伝える婿さん。
なにか神々しいシーンでしたね。
婿さんに包容力とか保護者的なものを感じて深く感じ入った私でした。

私は何をしてたかと言うと、娘の腰から尾てい骨辺りを強くさすること。
撫でるぐらいじゃだめなんですよね。
時折、手が痺れてちょっと力抜くと、
「ママ、腰、やめないで!」
「あ!ごめん!わかった!こうね?!」

そんな雰囲気の中で(扱い悪くね?)などと苦笑しながら、渾身の力で七時まで頑張りました。
いやー痛いよね。
わかるよ。
ずうーっと前のことだけど。

促進剤使ったり、破水させたりしない方針の産院なので、あくまで自然に自然に任せるやり方なので、あとどれだけこの苦しみが続くのか、とその場にいた三人は思ってました。

助産師さんに言わせれば、至極順調な経過だったらしく、夜七時に「はいー、頑張りましたね~、さあ、行きましょうね!」と告げに来てくれたときに本当にほっとしました。
婿さんは立ち会いのために娘と一緒に分娩室へ。

私は放置していた夫のもとに。
夫は、備え付けの図書をあれこれ読んで時間潰しをしたり、コンビニに行ったりしてたようでした(笑)

今は4Dで、胎児の画像を見ることができて、かなりリアルな顔が生まれる前から見れるのですが、狭い産道を回旋しながら生まれでた赤ん坊は赤くてむくんだ顔をしていましたが髪も黒々としていて、いかにも元気そうな男子でした。

今日は三日目。
オッパイはまだ張るほどではないらしいのですが、与えられたミルクは一気に飲み干してるとか。やはり(笑)
これは足りなくて泣くタイプの子だわね。

今週は娘は入院
金曜日に退院してから来週一週間は婿さんが休暇をとり、娘の世話を。
翌週は私が休暇をすでに申請しているので私が世話を。
翌々週は婿さんのお母さんが娘の世話を。
婿さん、私、お義母さん、三人とも仕事を持つ身ですが連携プレイでなんとか乗りきりたいと思います。

ここに来て仕事の量が半端なく増えて、まったく仕事してる場合じゃないじゃん!辞めときゃよかった!と毎日ぶつくさぶつくさ言ってます(笑)

もの凄く忙しくなるから、よろしくお願い~!
一週間休んでいいからさぁ~などと言われ、あー、一週間休めるのね?って一瞬ご配慮ありがとう~なんて言った私がバカだった。
一週間なんて夏休みの休暇として普通に取れてんじゃない!
こりゃ、7月、8月も長めに休み取らなくては!
そして、孫っちと過ごせますように。
っていうより、あの赤子はたくましそうだから、娘の世話をしてやりたいものです。
娘の産院友達で、退院後育児にかまけて調子悪いな、と思ったら腎臓悪くしてしまったお友だちがいて、赤ん坊は婿さんの実家で世話をし、入院してしまった新米ママさんは、実家のお母さんが世話に来てたということもあったので、しばらくは育児だけに専念できる環境を与えてやれたら、と思ってます。

でも、うちの婿さん、ほんとに女子力、いや、主婦力高いのよね。
料理も上手だしね。
そんな風な男子に育てあげたお義母さん、あっぱれ!
そんな婿さんがついててくれて娘も安心だわ。


新米ママの娘には、伝えたいことは…

自分の体調管理をしっかりすること。
無理はしないこと。
そして、赤ちゃんと様々な「初めて」を楽しんでほしい。


そんな風に思います。
二人で可愛がって可愛がって育ててね!
たまに、私たちジジババも仲間に入れてね~♪

それにしても、娘の産院、Wi-Fi 飛んでるし、食事がまあ、美味しそうなこと!
食いしん坊の娘ですから、食事の時間が楽しみだわね♪
[PR]
by juno0712 | 2014-06-03 21:36 | じゅの家ネタ♪ | Comments(9)

日々の徒然にも脱力目線であれこれと。そしてびょんほん♪


by juno0712