タグ:インタビュー ( 12 ) タグの人気記事

f0073639_113156.jpg


ぶろ友様からの情報です。

KNTVで「ヒーリングキャンプセレクト版」っていうのがあるらしく、なんとビョンホンの回が再放送!!
きっとリクエストが多かったんでしょうね~
番組表ではまだ、ビョンホン、という文字は出てないのですが、KNTVを見れる方、また見れますね!!
いいな~

ヒーリングキャンプ 楽しいじゃないか セレクト版

10/18 9:15~
10/25 9:15~


ビョンホンの回は2回にわけての放送だったから、上の2日間で放送するってことですかね??
KNTVではSBSでの契約が終わったとかでヒーリングキャンプをもう放送しないらしいのですが、特に毎週見る必要もなく、ビョンホンが出てるから見たかった!ってことよね(笑)

見れる方はチェケラ!!
ぶろ友様、情報ありがとう~♪
[PR]
by juno0712 | 2013-09-16 01:18 | His interview | Comments(5)

昨日のSBS、雑感

おはようございます。

こちらは朝からしとしと雨が降っています。
お休みの日の雨は割と好きです。
ですが、この程度の振り方だから甘いこと言ってますが
中国地方の方は、凄まじい豪雨だったらしい。
皆さんのところは大丈夫だったかな?

7/28(日)の時点で2,186,602人!まだ一位ですね!
ほんと、意外な、と言っては失礼ですが、頑張ってる~!
ハリウッド映画はなかなかヒットしないですが、これもすべてビョンホン効果だわ。
8/1から強敵が公開されるので、一位をキープするのは難しいと思いますが、頑張ってほしい!
雪国列車って面白いのかな?
目新しいテーマではないような気がするんだけど・・・?

昨日のSBSですが、「あなたの知らないい・びょんほん」の補足版的なものだと思ってました。
実際はそれがベースにはなっているんでしょうが、びっくりな記事もありました。

パニック障害告白

ラジオ番組出演の時に、たしかにテーブルの下にもぐってましたが、それもまさにパニック障害の発作が起きてしまっていた?
ヒーリングキャンプの時に彼が話していたので知ってはいましたが、
想像しているのよりも、もしかしたら重症なのかな?
精神力が相当強い彼だと思っていますが、この病とずっとつきあっていたんだね。
薬を常に持ち歩いているって読みましたが・・・
ハリウッド作品に出演することも、想像以上のプレッシャーや葛藤があっただろうし。

今まで様々な重圧と戦ってきたと思いますが、(多分他の俳優よりも)、この病と仕事をしながらつきあっていくしかないんでしょうかね?
彼のことですから、信頼できる精神科医や、長いつきあいのスタッフもいますから、こちらが心配することはないと思ってますが・・・
楽しい話もたくさん盛り込まれてましたが、この話題が一番印象に残ったかな。

久々ジウンさんに会えてよかった♪♪
ジウンさんの話・・・あ~やっぱりジウンさんには愛がある。おっしゃる通り~!
今ではもう、誰もビョンホンのハリウッド進出を止める人もいないでしょうし、実績に対しても賞賛するだけでしょうけど、ジウンさんのように考えてた人もたくさんいたはず。
でも、ビョンホンって確か、「パクチャヌク監督に相談したら、出るべきだ!って言われました」って以前言ってたけど、ジウンさんの言うことは聞かないで、チャヌクさんの言うことは聞くわけ?(笑)
そういうとこあるよね~ 
ジウン<チャヌク みたいな。
ジウンさんを「あの時あんなこと言って悪かったな、新作のハリウッド映画、お前の本領発揮だな!」って言わせる作品に早く巡り合えますように。
っていうか、ジウンさん、韓国映画のシナリオ書いてビョンホンにオファーしてください!
大ヒットを狙う作品でなくていいから。
ビョンホンの溢れる魅力を最大限生かすのはジウンさんが一番だと思うから。
[PR]
by juno0712 | 2013-07-29 10:06 | His interview | Comments(0)



KBSに出る男なんだね~
韓国をしょって立ってる男!

一部日本語記事 Kスタイル

ハリウッド作品3作目ですが、彼は謙虚に自分の立ち位置を客観視してますよね。
しかも、POSITIVE。
このPOSITIVEさがあるから挑戦できるし、進化できるんだろうな。

まだ新婚旅行先も決めてないらしい(笑)。
私みたいに、ぎりぎりに決めたとしても、なんとかなるでしょう。
割安パックなんて無縁なんだからね(笑)
[PR]
by juno0712 | 2013-07-24 22:08 | MY FAVORITE YOUTUBE | Comments(2)

スターコラム VOL.2

f0073639_2046485.jpg



こんばんは。

スターコラムKスタイルより。

VOL.2はこちらから~

VO。1はこちらから~

まだ、私 読んでませんが、パソコン立ち上げて、Kスタイル見たらUPされてました!
読んでみます!
[PR]
by juno0712 | 2013-07-23 20:38 | His interview | Comments(4)
*レス終了しました~♪ありがとうね~♪

f0073639_2131513.jpg



こんばんは!
なんと会社の同僚(グンソクファン)から素敵なお知らせ!

ヒーリングキャンプ ビョンホン編が
8/13(火)17:50~ KNTVにて放映予定ですって! 



ありがとう~ありがとう~おしらせありがとう~♪♪
って私はKNTVは見れませんが・・・
契約している方はぜひ予約をしてくださいね!!
一応、その同僚(他チームで特に親しくもないんだけど)にお願いしているんだけど、8/13周辺、私、仕事、お休み取ってるのよね。
彼女、忘れないで録画してくれるかな~????
シフトがまったく違うから会える日が限られてるのよね。
明日、会えたら再度お願いしておかないと!!

8/13(火)と8/20(火)、前編、後編二回にわけて放映される予定ですって。
あら・・・8/20周辺も私、お休み取ってるんだわ。
後編も録り忘れないように事前にお願いしておかなかれば!!
再放送もあるはずですよね?
ぜひぜひ、チェケラ!!
[PR]
by juno0712 | 2013-07-11 21:17 | 映画・ドラマレビュー | Comments(0)
f0073639_21123228.jpg


本日2つめの記事(笑)
TOP CLASS 5月号の一部翻訳です。
ジウンさんのところだけ抜粋♪


もし韓国の俳優と監督がハリウッド映画に出会ったなら、韓国映画史に残る素晴らしいと見事な場面があるに違いない。
イ·ビョンホンの前に会ったキム·ジウン監督も欲を表わした。

"イ·ビョンホンのようにすれば、それよりも良いことがないでしょう。
ハリウッドでも主演級俳優じゃないですか。ハリウッドのシステムで私と完全に呼吸を合わせることができるイ·ビョンホンのような俳優と一緒なら理想的でしょう。
これでハリウッドに第一歩を踏み入れたから、私は他のハリウッド俳優たちにも関心と好奇心が多いです。
例えばブラッド·ピットやライアン·ゴスリング、ジェイク·ギレンホール、ジョセフ·ゴードンレビット、ジョシュ·ブローリンのようなスターたちですね。
もしそのような俳優らとイ·ビョンホンが一緒に登場した韓国と米国の俳優たちの演技対決を見ることができればどのようぴりっとしますか? "


※一応ジウンさんのおっしゃる俳優さんたちの画像を貼り付けときますね。



f0073639_21371517.jpg
もちろんおわかりですね?アンジーの旦那様!

f0073639_2139567.jpg
ライアンゴスリング「君に読む物語」「LAギャングストーリー」 この人も超忙しいですね!

f0073639_2140890.jpg
ジェイク・ギレンホール 「ブロークバックマウンテン」の人ね!

f0073639_21413127.jpg
ジョセフ・ゴードンレビット 前作の「GI JOE」のコブラコマンダーの人!「500日のサマー」にも出てた!

f0073639_21424734.jpg
ジョシュ・ブローリン  この人だけ知りませんでした。「MEN IN BLACK」に出てたらしい。
















この翻訳、全部読み応えあるんですが、おそらく未読部分は↑のところだけじゃないかな?

ジウン監督・・・
ハリウッドで、ビョンホン&上記のお歴々のどなたかと共演で監督してみたいってことですね?!
で、その映画でアカデミー賞?
なんてことは冗談!・・・ではなくリアルなドキドキになる日が近いといいな♪


ジウンさん・・・もう相手がビョンホンじゃなきゃ、本気出せないような気が・・・(爆)

当のビョンホンさんたら、静かだな~って思ってたらアメリカ(ワシントン)だったのね!
本当に忙しや~
コリアンシネマイベントに登壇




 


 
[PR]
by juno0712 | 2013-05-15 21:10 | ビョン×ジウン | Comments(0)
f0073639_2223287.jpg


その一からの続きです。


「ヒーリングキャンプ」イ・ビョンホンに会って楽しいじゃないか

険しかったハリウッド進出から恋人イ・ミンジョンへの愛情まで、イ・ビョンホンが自身の全てを公開した。彼は、頭がぼーっとした状態で人々と出会った。イ・ビョンホン自身の表現を借りれば、10時間近く行われた収録で少々朦朧とした状態でべらべら喋ったという。おかげで視聴者は世界のどこにもない魅力的な男、イ・ビョンホンと出会うことができた。

イ・ビョンホンが韓国で18日に放送された、SBSトークショー「ヒーリングキャンプ~楽しいじゃないか~」(以下「ヒーリングキャンプ」)に出演した。11日の放送で自身に関する噂や父への愛情を告白したなら、今回は紆余曲折の多いハリウッド進出の裏話や恋人イ・ミンジョンへの愛情を表した。トップスター、イ・ビョンホンは予想外にざっくばらんに話した。正直に自身の話しを打ち明けたのだ。

彼は、同日番組の最後に「すっきりして気楽になった。だが、一方では虚脱感もある。裸になった感じだ。10時間近く収録をしたのでぼんやりする。麻酔された状態でべらべら喋っている」と素直な自身の気持ちを表現していることを心配した。

イ・ビョンホン本人は裸になった感じだと心配したが、人々は逆に歓呼した。彼がハリウッド進出作「G.I.ジョー」にキャスティングされたのは実は演技力ではなく、チケットパワーが大きく影響したという告白から英語が下手で同僚たちと上手く付き合うことができなかったという話まで打ち明けた。

また、自身のハリウッド進出が韓国と日本など、アジアでの人気が土台となったためだと認める一方、恋人イ・ミンジョンとの熱愛報道を一度否定したことはすべて相手への配慮だったと淡々と告白した。また、イ・ビョンホンのためイ・ミンジョンも大変だった時期に自身を慰めてくれる彼女にありがたくて涙を流したと打ち明けるイ・ビョンホンの姿は、人間的で魅力的だった。

映画やドラマで見るイ・ビョンホンは、完璧なルックスと演技力、人気の三拍子を備えた俳優だ。歯茎を出して明るく笑う姿や中低音の魅力的な声はいつも格好よかった。

ここにイ・ビョンホンは「ヒーリングキャンプ」を通じて自身の魅力をもう一つ追加した。彼は彼を大いに支持してくれるファンのおかげでワールドスターになれたと告白した。それでファンに会うたびに目を合わせ、握手をすると言った。我々はこのようなイ・ビョンホンの真価を「ヒーリングキャンプ」を通じて分かった。イ・ビョンホンは世界を股にかけるワールドスターだが、いつも正直で謙虚な姿勢で人々とコミュニケーションできる俳優だった。
元記事配信日時 : 2013年03月19日07時21分 記者 : ピョ・ジェミン


イ・ビョンホン "映画 'レッド2', 私に大事な意味盛っている"

[テレビデイリーイダヒェ記者] 俳優イ・ビョンホンがハリウッド映画 'レッド2'に愛情を現わした.

イ・ビョンホンは 18日夜放送された SBS 'ヒーリングキャンプ-嬉しくないか(以下' ヒーリングキャンプ')'でハリウッド進出に関するビハインドストーリーと恋人イ・ミンジョンとのラブストーリーを最初に公開した.

この日イ・ビョンホンは "映画 'レッド2'で感動的な話がある. 'レッド2' 製作陣が '飛行機の中に私の軍服着た写真とお父さんと一緒に撮った写真をがジョだくれ'と言った. お父さん手を取り合って撮った写真を引き戻して伝えた. その飛行機撮影する日そこに写真があった. あの時気持ちが良かった"と言った.

引き続きイ・ビョンホンは "その小品を見て胸を打たれて監督様にお父さん話をした. 'お父さんの写真があるから感じ入る'と言った. すると監督様がエンディングクレディッにお父さん名前も入れてくださった. 私は 'レッド2'という映画は私に大事な意味を盛っている"と伝えた.

[テレビデイリーイダヒェ記者 news@tvdaily.co.kr/写真=SBS




まだまだあるんだけど、一応興味のある部分だけ。
私、昨日、情報ブログ様で「ミンジョナの前で号泣した」っていうのをヒーリングキャンプみるまえに読んでて、「いや~そういうのは実際の彼の口からは聞きたくないな~」って思ってたんですよ。
ミンジョナに嫉妬?いえいえ、全然。
どうも、彼の超プライベートは、特に彼が彼女の前で泣いた・・・なんつうそういうエピソードはずっといつか、たとえば結婚後にさらりと記事で読むくらいで充分だな、って思っていたのです。
あんまり考えたことなかったけれど、多分、私は、素の彼も大好きだけど、芸能人になってものすごく大変なことを(嫌なことを)いろいろ経験してきたけど、常に表面は「俳優っていう仕事を選んだ以上は致し方なし」と毅然と笑顔で居続けたビョンホンの、俳優としてのプライドというか、矜持というか、そういうのが私にとっては彼に対してリスペクトしていた部分なのかもしれない。
同時にそんなまったく釈明しない彼を心配しつづけた部分もあったんだけど。

ヒーリングキャンプを先週見て、饒舌に語る彼を見て、「心が楽になったかな?それならよかったね。ミンジョナのおかげだね」って思ってたんだけど、どうも、丸裸になろうとすべてを語る彼は、私は求めていないような気がしてね。
「俳優は神秘的でないと」っていう彼の刷り込みのせいなのかな?
「みんなの前で丸裸になる必要なんてないよ。私はわかってるから(理解してるから)」って思ったりもした。
あ、泣く彼は見たくないって言っても、おととしのLBH ON STAGEは別。(理解不能かもしれないけど私の中ではミンジョナの前で泣くのとは別)

このインタは編集しながらざっと読みましたが、赤裸々に告白した彼・・・
読んでみて、あれこれ私が考えた微妙な想いも消え、「ミンジョナを離さないでよ!ビョンホン♪」って彼に声援を送りたいし、ミンジョナには感謝したいし、結局甘いね(笑)。
甘いも何も、当たり前じゃんね~!(笑)(笑)
LOVEな俳優に厳しいこと求めてどうすんの!(爆)
彼はミンジョナにすすめられて「たまには自分のことを正直に語ってみるってのもした方がいいよ。機会があるんなら」ってことで出演を決意したのよね。

今考えれば、あの一連のバッシングもビョンホンだけに、だったら彼は黙って我慢してたのかもしれない。
でも、ミンジョナと、彼女の家族にまで及んでしまって彼はものすごく申し訳なく思っていたことで、自分のイメージを正しくわかってもらいたい、間違ったうわさを払しょくしたい、そうすべきだ、というのは彼女のためなのかもね。

ある意味、ものすごくビョンホンに影響を与えてくれてる女性だわ。

「かわいくないところなんてありますか?」なんて答えてたいつぞやのビョンホンから成長したよね(笑)。
それもミンジョナのおかげだわ。
ずっと好きだったんだけど、一旦別れて、でもずっと好きで、勇気を振り絞ってアメリカからミンジョナに電話した時のビョンホン、うぶな少年みたいな。。。(笑)
すっごく久しぶりに電話して「ごめん。オッパ。。。私、付き合ってる人がいるの」ってことにならなくてよかった~!!

RED2のお父様のエピソードも、すごくいいお話。
未見のエピソードはどれもいいお話でしたね。
RED2で、お父様の名前を探さなきゃ!
ん~と・・・なんという名前だったかな・・・

それにしても、9~10時間もしゃべり続けたの????(笑)
いや~お疲れ様!

さて・・・しっかり読んでみます。
[PR]
by juno0712 | 2013-03-19 22:35 | His interview | Comments(4)
f0073639_224986.jpg


こんばんは。
あちこち翻訳読んでたら読みにくくて、日本語のきれいなのを貼りつけることにしました。(私がまとめて読みたいので)
もう皆様はすでに読んでますね?
私、これから読ませてもらいます。
同じようなタイトルでも、ちょっとだけ訳が違うのでいちおうどっちも貼り付けとこ。大事な部分が書いてあったりするから。



イ・ビョンホン「スキャンダル当時、イ・ミンジョンの一言に涙ポロポロ」

イ・ビョンホンがスキャンダルで大変だった当時、イ・ミンジョンの慰労の一言に涙を流したと告白した。

俳優イ・ビョンホンは18日放映されたSBSの『ヒーリングキャンプ、うれしいじゃないか』に出演してテレビで初めて恋人イ・ミンジョンとのラブストーリーを公開した。

この日放送でイ・ビョンホンは「イ・ミンジョンさんが僕にとって大切な人だなあと感じた瞬間があった」と話し始めた。引き続きイ・ビョンホンは「僕を取り巻く一連の事件により、彼女と彼女のご両親まで傷ついた」とし、「“僕が何をどのようにしなければならないのだろうか”と悩んでいた当時、イ・ミンジョンさんが僕の手を握りながら“がんばれ”と言ってくれた」と打ち明けた。

とても申し訳なさすぎて言葉に出せずに思い悩んでいたイ・ビョンホンは「僕は本来、本当に泣かないのに“あなたを信じてついて行くから元気だして”と言われた時には、どうしようもないほどとめどなく涙があふれた」とし、「その時、本当にすごく泣きました。僕の記憶によると彼女も僕の涙を初めて見たと思います」と告白した。


イ・ビョンホン、イ・ミンジョンの優しさに号泣

 18日に放送されたSBSのトーク番組『ヒーリングキャンプ~楽しいじゃないか~』に俳優イ・ビョンホンが出演し、交際中の女性イ・ミンジョンの前で号泣したエピソードを紹介した。

 イ・ビョンホンは「最近『この人が大事なんだなあ』と思った。僕が辛いことはどうにか耐えて乗り越えていけると思ったけれど、その人(イ・ミンジョン)に被害が及んだり、ご両親にまで辛い状況に陥った時は本当に僕が何をどうしてよいのか分からなかった」と、辛かった当時の状況を説明した。

 そして「すべてのことをともに感じて、二人ともひどいに目に遭って、一緒に辛い状況にいながらすまないと思う気持ちも言えずに苦労しているのに、僕の手を握りながら頑張れって、僕を信じてついて行くから元気を出してって、オッパ(年上の男性または恋人の意)らしくないよって、言ってくれた。その時本当にありがたく思った。とめどなく涙が流れ落ちた」と、イ・ミンジョンの優しさがうかがえるエピソードを紹介した。

 また「かわいいのはかわいいけれど、その事実どれだけ重要なのでしょうか。重要なのは二人のウマが合うこと」と相性の良さを自慢。「共有できることが本当に多い仲だ。話題が尽きない。年の差があるけれど、かなりオトナのようだ。ユーモアのセンスがすごい。たいてい男が笑いを取るのに、ぼくらは互角」とのろけて見せた。

アン・イスル記者

STARNEWS/朝鮮日報日本語版

イ・ビョンホン「イ・ミンジョンと2006年に出会い…別れたが再会」

イ・ビョンホンが恋人イ・ミンジョンと一度別れて再会した理由を告白した。

イ・ビョンホンは18日に放送されたSBSの『ヒーリングキャンプ嬉しいじゃないか』(以下ヒーリングキャンプ)に出演し、恋人イ・ミンジョンとのエピソードを率直に語った。

イ・ビョンホンは「6年前の2006年、知人を介して出会った」とし「良い交際だったが、ふと、彼女はまだ始まったばかりの段階で、これからやることも多いが、僕が塞いでしまっていのではないかと思った」と語った。

「2人とも、将来を保証できないのに、今、好きなだけで交際することは何も考えないのと同じこと」と思ったというイ・ビョンホンは「当時、僕は『ノムノムノム』『雨と共に行く』『G.I.ジョー』など3編の映画撮影のため海外にいた」とし「長い間会えないのに、うやむやに先送りすることではないと考えていた。相手(イ・ミンジョン)もそうだし、いろんなことを考えると現実的ではないと判断して別れた」と率直に告白した。

そうして数年後『G.I.ジョー』撮影のためアメリカに滞在していた時、思い出して勇気を出して電話をし、再び交際が始まった。この日イ・ビョンホンは恋人イ・ミンジョンへの綿々とした愛情を公開して注目された。[写真=SBS画面キャプチャー]

© Innolife & Digital YTN & Joynews24 & inews24


イ・ビョンホン「イ・ミンジョンとは一度別れたことがある」

俳優イ・ビョンホンがイ・ミンジョンと一回別れたことがあると告白した。

イ・ビョンホンは、韓国で18日に放送されたSBSバラエティ番組「ヒーリングキャンプ~楽しいじゃないか~」(以下「ヒーリングキャンプ」)に出演してイ・ミンジョンとのラブストーリーを公開し、初めての出会いと別れについて語った。

彼は「6年前の2006年、知人の紹介で出会って付き合った。でも、彼女は女優として認められ始めていたので、僕という存在が邪魔になるのではないかと思った」と語った。

続いて「二人とも将来のことは分からないのに、好きという気持ちだけで付き合っているのではないかと思った。当時僕は『グッド・バッド・ウィアード』『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』『G.I.ジョー』など3作品の撮影のため、海外に住まなければならなかった」と説明した。

イ・ビョンホンは「長い間会えなくなるのに、別れを先のばしにしてはいけないと思った。彼女のことや色々なことを考えて別れを告げた」と語った。

イ・ビョンホンは2006年に出会って別れたが、偶然再会して再び愛が芽生えたきっかけについて明かし、視線を集めた。
元記事配信日時 : 2013年03月19日08時49分 記者 : チェ・ドゥソン

イ・ビョンホン「イ・ミンジョンとは主に家デート、女優なので…」

イ・ビョンホンが恋人のイ・ミンジョンとのデートは主に家でしていると明かした。

韓国で18日に放送されたSBS「ヒーリングキャンプ~楽しいじゃないか~」にゲストとして出演したイ・ビョンホンは虚心坦懐にトークした。

この日、イ・ビョンホンは「イ・ミンジョンと交際を公開してから、ほとんど家でデートした。女優であり、女性にとって負担となる部分が多いため、外でデートできる状況ではなかった」と明かした。

続いてイ・ミンジョンがお弁当で内助をしたことがあると付け加えた。彼は「紙面広告を撮影していたとき、サンドイッチ弁当を持ってきた」と明かし、羨望の眼差しが注がれた。

また、イ・ビョンホンはイ・ミンジョンと2006年に一度別れを経験したと明かし、視線を引き付けた。
元記事配信日時 : 2013年03月19日08時48分 記者 : ファン・ソヨン

イ・ビョンホン、ゲイ説を釈明「アメリカで前髪を下ろしたら…」

俳優イ・ビョンホンがゲイ説に対して釈明した。

イ・ビョンホンは韓国で18日に放送されたSBS「ヒーリングキャンプ~楽しいじゃないか~」(以下「ヒーリングキャンプ」)に出演し、映画「G.I.ジョー バック2リベンジ」(監督:ジョン・チュウ)がアメリカ現地で公開された当時、ゲイ説に悩まされたと打ち明けた。

イ・ビョンホンは「映画を観た人々がレビューに『イ・ビョンホンはゲイなのか』というコメントを残した」とし「アメリカの男性俳優たちはみんな短いヘアスタイルをしている。そのため、映画で前髪を下ろした僕のヘアスタイルを見てゲイだと思ったみたいだ」とゲイ説が浮上した理由を説明した。

続いて彼は「ゲイと言われて面白かった。韓国では男くさいとたくさん言われたからだ」と付け加えた。

また、イ・ビョンホンはこの日の放送で女優イ・ミンジョンとの恋愛ストーリを公開し、注目を浴びた。
元記事配信日時 : 2013年03月19日10時06分 記者 : キム・スジョン



その二に続きます♪
[PR]
by juno0712 | 2013-03-19 21:49 | His interview | Comments(0)
眠い・・・と思いながらもやっぱり最後まで見てしまった・・・

どんな話をしてたやら、さっぱりわかりませんでしたが、ミンジョナとのことはほんとのラストに持ってきたのね~
とりあえず、夜が明けたら翻訳をどこかで読めるかな?
ビョンホン、お疲れ様~♪
ヒーリングキャンプのMC、3名様もお疲れ様でした♪

MORE~♪♪
[PR]
by juno0712 | 2013-03-19 00:51 | His interview | Comments(0)
こんばんは。

昨日、饒舌に語るビョンホンを見ながら、ほぼ、意味がわからなかったんだけど、なるほどね~
ミンジョナがこの番組にでることを進めてくれたのね。
ミンジョナに感謝しなくちゃ。(私たちが)

俳優は神秘的な部分が必要だと思う・・・ってかつて彼は確かに言ってましたが、結果的にそれがどういうことになったかと言えば、浮気者だったり、ケチだったり、様々なオヒレがついて彼のイメージが作られてしまったのよね。
「ま、言いたいヤツには言わせとけ」と彼は思っていたんだろうけど、「い・びょんほん」のイメージは多分、韓国では私たちが想像する以上に、あまりよくなかったんだよね。

「リアルな自分をわかってもらうのってたまには必要じゃない?」とか
「過ぎ去った誤解を解くのにも、こんな機会じゃないとできないよ?」とか
「神秘性もいいけど、オッパの性格はほんとはこうなんだ!ってことを本人が語る機会はそうそうないよね?」とか
「この仕事してたら灰汁のようにしみついたよくない垢をぬぐう機会を持たなきゃね」とか
「自分を率直に語って、空っぽになるってことが自由になるってことだと思うヨ」とか

ミンジョナがそう言ったかどうかは別として、いわゆるトークショーというかバラエティというか、出ることを決めて、まさに彼、マシンガントークでしたね。
鬱やパニック障害ってのは初耳でしたけど、ともかく、ものすごく忙しいけれどお仕事ができてる状況なのであまり心配はしていないんだけど、想像以上に大変だったんだろうな。
ほんと、思いのたけをすべて吐き出した、って感じだった。

「今日こそは言わせてもらいますよ!」って感じでとどまることを知らない雰囲気だった。

>短いつきあいを繰り返すのはどうなんです?byハンヘジン

「それは女性遍歴」

いや~この切り返し、うまいな~。
余計なツッコミしない方がいいよ。ハンヘジン!

44歳って書いてたけど数え歳よね?
42年間生きて来て、「それなりに」恋愛経験があって当たり前だよね。
ファンは「そんなの当たり前じゃん」って思うけど、ビョンホンファンでもない韓国の人たちは恋愛の噂が多い人は「遊んでるイメージ」なんだろうね。

それよりも何よりも、ビョンホンはすっごく何かと噂されたり、誹謗中傷されたりしやすい対象なんだと思う。
あ、誤解しないでくださいね。
彼がまっすぐで率直で正直で、あのまんま、なのは私はわかってるつもりですが、
彼は妬まれる対象っていうか、黙々と父の借金返したりしてたのも一般人にはわからず、「ハンサム」で「頭もよくて」「モテて」「おぼっちゃま育ちで」「演技もうまくて下積みがなくて」「語らせたら雄弁だし」まだいくつものあれこれあると思うけど、ぱっと見、すべてを持ってるように思われてたような気がする。

DEEPなファンでなければ、彼がいかに苦労して演技に集中してるか、とか実はいきなり家長として負わされたたくさんのことを文句も言わずに片づけてきたことなんかはわからないと思うしね。(彼も敢えて公言してなかったし)
彼も十分親想いですよね。ほんとにすごく親想い。

大体、世間は「苦節〇十年」というパターンを受け入れがちだしね。
しかも韓国っていうのは一般人はみんな貧乏だった・・・みたいな時期にも裕福な暮らししていた男には妬み、嫉みがあるんじゃないかと思ったりもする。
今でこそ、カンドンウォンやら、SJのシウォン君やら生粋のおぼっちゃまは芸能界には大勢いらっしゃいます。
ビョンホン世代とは隔世の感あり(笑)。

そんなこんな、ビョンホンは、あの韓国という「俺の話を聞け~」っていう言ったもん勝ちの国の中で数少ない「釈明しない人」だったのよね。
それってどちらかと言えば日本的よね。
韓国ではその流儀がよかったのか悪かったのか。
彼って育ちのせいなのか、しつけのせいなのかわからないけど、韓国特有の「恨と情(ハンとジョン」ないような気がする。
韓国人ならだれでも持ってるというようなソレが。
そういう雰囲気を醸し出してるってところも、彼を別世界の人、っていう印象にしてしまったのか?

結果的に、彼はミンジョナのすすめでこの番組に出て、言いたいことが言えた。吐き出すように。
少しは軽くなったかな?
やっぱり居心地が悪いって感じてるかな?

ともかく、すっきりしてくれてたらいいですね。
何?来週もあるの?

私は特に「身近なスター」になってほしいなんて全然思ってないし、むしろ「おいそれとは近づけないオーラありすぎっ!」っていうまんまでいてほしいと思ってるんですけど、彼が望むような「等身大の彼」を正しく理解してもらうことは必要だと思う。
「出てよかったよ。ミンジョナ♪、気分が軽くなったよ」ってことならいいよね~

この番組・・・来月KNTVで字幕つきで見れるんですか???
いいなぁ~契約してる方・・・
どなたか・・・見せて・・・きれいな字幕の入ったこの番組・・・

f0073639_2119396.jpg

                   
あ~なんてエロティックな顏!!

[PR]
by juno0712 | 2013-03-12 21:43 | His interview | Comments(2)

日々の徒然にも脱力目線であれこれと。そしてびょんほん♪


by juno0712