息子のこだわり

f0073639_5513938.jpg


朝から更新です(笑)

息子の大学入学が決まり、入学式までのんびり・・・と思っていた私ですが、入学式に必要な彼のスーツを買うことを忘れていたことに気付きました。

既成のスーツをその場で買って帰ることができない理由に気付いたというのが本当のところ。

「彼の体型では多分、お直しがたくさん必要になるのでは?」
「とすると、今それが混んでてすぐにできないとなったら入学式に間に合わない?」

ある日ふとそれに気付いて何気なく同僚と話していたらあるブランド?を紹介され息子に早速メール。

「新宿アルタ前に6時すぎに集合!」

そのお店の名前も伝え、私は定時で会社を切り上げ新宿へ。

待てども待てども来ない!!!
すると息子からメールが。

「やばい!迷った!!」
「高島屋タイムズスクエアに出ちゃった」
「アルタ前ってどこ?」
「伊勢丹の近く???それどこ?」

OHHHHH・・・
携帯があるだろうになんつうことでしょう。
しかもアルタ前を知らないなんて・・・

いえ、よく考えたら息子は高校時代よく遊んでましたが、HOME GROUNDは自宅の近隣の都市。
新宿は知らないってこと???
そう思いながらも、私でさえ、知らない場所は携帯で調べて行動しているというのに
なんとアルタで息子に会えたのは7時ちょっと前!!!
見知らぬ新宿をうろうろしてやっとアルタに着いた息子に暴言吐きながら 二人とも険悪な雰囲気で
お店到着。

卒業前後から「紳士服の〇〇」系のDMが毎日の様に届いていたのですが、
同僚が「そこに行くならぜひおすすめよ!」と言われたそのお店。
店内は広くてざ~っと見たところ、なかなか今時の若者のスーツがたくさん!!
早速お店の人が近づいてきてにこやかに応対。

「息子の入学式用のスーツを・・・」

「かしこまりました。」丁寧な対応をしつつも息子を一瞬見つめ、「こちらへ・・・」

母親の私としたら、入学式、成人式、いつなんどきあるかわからないお葬式、リクルート、全部対応できるように「チャコールグレイ」のスーツを買うつもりでいたのですが
本人がチャコールグレイはいやだと言い、「少しストライプが入ってるようなのがいい」と言い、まずはそこで私が妥協して好きなものをとりあえず選ばせることに。

お店の人が持って来てくれたものを、彼はジャケットを脱いできてみたところ・・・

「腕が入らない・・・」

やっぱりね。
息子は高校に入ってから、自分で体を鍛えていたせいで、上半身がでかいのです。
分厚いと言うのか・・・
二の腕も太いです。
でも上着を着ている時の彼は、どこかの誰かさんみたいに(笑)とても着やせして見えるのです。
お店の人が次に持ってきてくれたものをフィッティングルームで着てみたところ、

「なんとか入ったけど一人で脱げない」つまりきつい。これもだめ。
(息子はジャケットの下は半そでのTシャツです)

「ちょっとこちらのコーナーでは合いませんね・・・じゃ、ジャケットのサイズは奥の方の・・・」と連れて行かれ
そこで着たジャケットがサイズはぴったり!!

私が言う全対応型スーツになるべく副わせるように、パッと見はストライプも目立たないものをあれこれ試着。
すると上はOKなのに、パンツはがばがばとか、太すぎるとか、スーツでは対応できないことが発覚。

「これがいい」と気に入ったものも、シャツを着たら実はきついんじゃないの?という感じで背中の上の方に一本シワが入ってるし。

「タイトに着たい」という彼のコンセプトを満足させるには多少体が厚過ぎる。

いわゆる細マッチョであれば、きっとすっきりとスーツも決まったことでしょう。
でも、彼の理想とする体は細マッチョを超え、簡単に言えば「カルバンクライン」のボクサーパンツの箱のモデル男性の体。
しかも、最近は「そのモデルの体をもう少し厚くした感じ」そう言って理想とするアメリカ人のスポーツ選手の体を見せられましたが もう、そのレベルだと既成のスーツでぴったり!というのは無理になってくるのね・・・

今の息子の体はビョンホンの上半身を少し細めにしたぐらい?なのかな・・・(顔は大違いですがね・・・)
ビョンホンの3サイズを知らないのですが、胸も二の腕も、彼を一回り小さくした感じでしょうか。
勉強は全然しなかったけれど、日々のボディメイクのための鍛錬だけは怠らなかった息子です。

結局 スーツでは合わないことがわかり、上のジャケットに合わせてパンツを決めて(ズボンって言わないのね(笑))
いえ、決まるまでに本当に何ポンも試着したのですが お店の方、いやな顔ひとつせずに気持ちよく対応してくださいました。

9時になろうとしている頃、やっとのことでなんとか上下が決まり、
ジャケットの丈を2センチ詰めて、パンツのウエスト3センチ詰めて、パンツの丈も詰めて、あとはシャツとネクタイ。

シャツはやはり息子の上半身に合わせて、同じサイズのシャツを何回か試着させてもらい、ピンストライプのシャツで決定。

首まわりがそれほど太くないから胸に合わせると多少、首ゆるめ。
でもネクタイすれば大丈夫かな???
袖はジャケットもシャツも全然問題ないので、もしかして、腕が長いのかな???
足は長いと思ったことはないけど(笑)

そしてネクタイ・・・
これが本当に見ているのも楽しいバリエーション!!!
シャツに合わせて何ポンも合わせて見ましたし、上のビョンホン画像のようなレジメンタルストライプもフォーマルな感じでよいかなと思ったけれど全く似あわず!
性格はいかついけれど、顔はパステル系・・・(笑)
そんなこんなで彼が選んだのは薄いパープルのラインが入ったネクタイ。
彼の緩んだ顔にはなかなかぴったりでした。

あとは靴とベルト・・・もう、これは次回にしよう、地元でもいいよね?ってことでお会計。
当日買ったジャケット、パンツ、シャツは確かに素敵です。

でも、試着した息子の姿を今思い出しても・・・なんか着せられてる感じ(笑)
顔に締まりがない、というか、まだ大人じゃないんだよね。
ビョンホンのスーツ姿は最高に素敵で惚れ惚れしちゃうんですが、それは彼が十分にゴージャスなスーツを難なく着こなす土台が備わっているわけで。
大人の風格、経験、洗練さと知性、全部備わってるから負けてないわけで、
うちの息子はまだ器が備わってない感じね。
大学入学前じゃ当たり前だけど、いつかはスーツ姿が合うようになるんだろうか?

どちらかと言えば大人っぽいとよく言われる息子ですが、本当にスーツが似合うようになるのはまだまだこれからですね。
タイトに着たい、という彼のコンセプトを尊重して、丈が長いとかパンツの巾が広いとかできるだけ彼の意向に沿ったものがなんとか買えてよかったです。
お直しには一週間ほどかかるってことで全部それを宅急便で送ってもらうことにしてお店を出ました。

お店の方!!本当にお疲れ様でした。
いやな顔ひとつしないで何着も何着も持ってきてもらってすみませんでした。

帰りの電車で

「ねぇ・・・あれだったら法事もOKだと思うんだけど、体型変えないでよ」と言ったら

「いや、俺、もう少し絞る予定だから」

やっと買ったのに、またまたサイズ変更????
いや、もう考えないようにしよう・・・
大は小を兼ねるから(笑)

へとへとに疲れて地元到着。
彼の強い希望で地元の焼肉屋でガツガツむさぼる様子を見ながら、今日の様な買い物ってそう何度もないかもね・・・と思ったものでした。

次はきっと一人で行くような気がするわ。

大学生活の中で息子がどんな大人になって行くのか楽しみでもあり、怖くもあり。
なんとか4年できっちり卒業してほしいものです。
[PR]
by juno0712 | 2010-03-16 06:41 | じゅの家ネタ♪

日々の徒然にも脱力目線であれこれと。そしてびょんほん♪


by juno0712