密偵見ました。ネタバレあり!

f0073639_16382730.jpg

新宿シネマートで見てきました。
広い方のスクリーンで半分弱かなー
三割くらいかなー
とても面白かったです。
分かりにくいのかと思ったら意外と分かりやすくてよかったわ。
びょんほんも想像以上に出番があって\(^o^)/、しかもわりと重要な場面でね。
抑えた演技でとてもよかったです。
なんでもこなしますね。
ジウンさん、ありがとう!団長役をびょんほんにしてくれて!
びょんほんもりっぱにアジョシですから、だんだん、組織のトップ的な役がしっくりきますね。
本編ですが、いかにもガンホさんらしいコミカルなテイストは一切出さずに最後まで難しい立場である日本警察のために働く、朝鮮人からしたら、日本の犬!と呼ばれるような職務を演じていました。
また、最初からこの映画、緊張感で充ちあふれていてドキドキさせられたんだけど、ジウンさんの長編映画のなかでは一番さくさくと展開していったのではないでしょうか?
特筆すべきはがんほさんの日本語!すごくうまいです。
ナチュラルです!
ハシモト役の人は外国人の話す日本語、という感じでしたが、あそこまでナチュラルに話すがんほさん、相当練習したんでしょえねー。

f0073639_16385207.jpg

何人か出てくるので相関図を撮ろうとおもってるのに、映画が終わったら、初老の男性たちが登場人物を指差しながらあーでもない、コーデもないって盛り上がっていて、しかも延々と話してるから撮れなかった(T0T)。
義烈団側にも密偵がいて、日本警察がわにも密偵がいて、いったいがんほさん、どうするつもり??って見てたら、ちゃんと収まるべきところに収まりました。
日本側の拷問シーンがえぐい…と書いてるレビューを読んだけど、想定内。むしろジウンさんが日本側をもっともっと冷徹に残酷にも描けたんだと思う。戦時下ならあれくらいはあったんだろうなと思えました。
ハシモト役の人、かなーり個性的でめだってましたね。
コンユ、義烈団なのよ。レジスタンスというか、朝鮮独立のためにがんばる側の人。
こういうレジスタンス的な映画はついついラストコーションを思い出しますが、それに比べたらいい終わりかたでしたね。
たくさんの犠牲があったにせよ、ね。
また、列車の中で義烈団をみつけるためにハシモトたちがコンユたちを探そうとするんどけど、思わずGBWを思い出しましたし。
ジウンさんらしく、列車内のインテリアもきちんと凝っていて、たぶんよく見たらあのラストのパーティ会場とかも凝っていたのかも。
朝鮮人にとって、日本軍に服従するか死を選ぶか、二つにひとつしかない。と鶴見辰吾扮する日本側のお偉いさんががんほさんに軽く言うのよね。
その言葉、がんほさんにとっては重い言葉だったんでしょうね。

面白かった!!
ぜひ見てみて♪

f0073639_18280607.jpg

映画のあとはタカノフルーツパーラーで久々フルーツサンド、美味しゅうございました♪♪








[PR]
by juno0712 | 2017-11-20 17:00 | びょんほん以外映画

日々の徒然にも脱力目線であれこれと。そしてびょんほん♪


by juno0712